オンライン学習サービス

バイナリーオプション規制

バイナリーオプション規制
トモタカ

バイナリーオプション 欧州で規制強化の動き

昨年8月にはベルギー当局が規制を強化し、FX・CFDの店頭取引とともに、バイナリーオプションの店頭取引を実質的に禁止しました。 ベルギーのクリス・ピータース経済相は、「バイナリーオプションやその他の投機的デリバティブは、ベルギーの小売市場では存在できないということが誰の目にも明らかとなるだろう」と述べ、規制の必要性を強調しています。
(参照:FINANCE MAGNATES 2016/8/14付)

フランスでは、今年から店頭FXやバイナリーオプションの広告をインターネット上に掲載することが禁止されます。 フランスの金融市場を監督するAMF(金融市場庁)は、「フランス国民は過去6年間で、40億ユーロ(約5,000億円)を詐欺的なFX・バイナリーオプション業者に投じた」と述べ、この規制強化を支持しています。
(参照:FINANCE MAGNATES 2016/8/1付、 2016/11/9付)

加えて、オランダ、ドイツ、デンマークにおいても、バイナリーオプションの規制を強化する動きが進んでいます。 欧州の規制当局は、すでにバイナリーオプションを投資対象としてではなく、オンラインカジノと同等の「賭博」と見なすようになっています。
(参照:THE TIMES OF ISRAEL 2016/10/2付)

イスラエルは、バイナリーオプションの規制に対してユニークな対応を取っています。 イスラエル当局はバイナリーオプション業者が「イスラエル国内で活動すること」を禁じる一方で、同国の業者が「イスラエル国外で活動すること」は禁止していません。 しかし、欧州の規制当局はこの状況に異議を唱え、イスラエルに対して規制強化を迫っています。
(参照:SMN WEEKLY 2017/2/6付)

本来、バイナリーオプション自体は悪い物ではありません。 CMEグループ等の取引所に上場し、オープンな市場において投資家間で売買されるバイナリーオプションは、投資やヘッジの選択肢を広げる可能性を持つものです。 その一方で、ここで取り上げている「相対取引のバイナリーオプション」は、その特性上、業者にとって有利な条件が設定されたり、透明性が確保されないといった問題が常につきまといます。

日本では、金融庁によるバイナリーオプション規制が2013年11月に施行され、口座開設や取引時間などに一定の制約が課されるようになりました。 しかし、インターネット上には射幸心を煽る広告や「まとめブログ」などが溢れており、投資初心者を食い物にするような構造が依然として存在します。 バイナリーオプション規制
(参照:国民生活センター)

海外バイナリーオプション詐欺業者の規制へ!Apple&Googleが300以上のアプリを削除!

海外バイナリーオプション詐欺業者の規制へ!Apple&Googleが300以上のアプリを削除!

バイナリーオプション初心者入門

なぜApp Store、Google Playから削除されたのか?

  • バイナリーオプションの多くは正当な業者だが、オーストラリアやイギリスなどで不正業者が増えている。
  • 毎年何千人もの人々が詐欺行為にさらされている可能性があった。
  • 特に、年金受給者の高齢者を狙ったバイナリーオプションの詐欺行為が横行していた。
  • 英国の金融監督当局の規制外にある業者のため、詐欺行為が発覚しても、人々には資金を回収する援助手段がなかった。

詐欺アプリの調査結果

  • モバイルアプリの説明の多くには、取引の収益性と利益の金額について誤解を招くような記述が含まれていた。
    (例. 1時間以内に最大90%の利益を得ることができる。60秒間で迅速に利益を上げ、1回の取引で620%。安全な取引を保証するため、トップトレーダーから約85%の収益性の高いシグナルを生成する。)
  • 330のアプリの80%には、取引するリスクの概要が説明されておらず、リスク警告が全くなかった。
  • ブローカーを導入したサービス提供業者に仲介するアプリの中には、紹介時に補償方法などが投資家に明確に知らされていないものもあった。
  • いくつかのレビュー/教育サイトは、単に高圧コールに使用できる個人情報を収集していた。たとえば、アプリに関連した一部のデベロッパーWEBサイトは、カジノ、宝くじ、外国為替、バイナリーオプションのサービスプロバイダーにトラフィックを配信する能力を促進していた。
  • 実際にお金を稼ぐ方法や、投資した金額を回収する方法がないものも判明した。

今後バイナリーオプションの行方はどうなる?

3.2.2 許容されない行為
(viii)バイナリオプション取引を促進するアプリは、App Storeで許可されていません。代わりにWebアプリを検討してください。差額契約(「CFD」)またはその他のデリバティブ(例:FOREX)での取引を促進するアプリは、サービスが利用可能なすべての管轄区域で適切にライセンスされる必要があります。

引用元: App Store Reviewガイドライン

もちろん海外系バイナリーオプションも同様、App Store/Google Playともにアプリはリリースされておらず、取引機能のないデモトレードアプリを時折見かけます。
現在アプリで取引ができていたとしても、海外バイナリーオプションの場合は今後出金ができなくなる可能性だってあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる