オプション取引の基本

株式投資が向いているのはどんな人

株式投資が向いているのはどんな人

ここで気になるのが、「実際に少額で投資したらどれくらいの利益が得られるのか?」でしょう。あまりにも利益が少ないなら、始める意味がないですよね。

少額投資は意味がないというのは本当? 少額投資の方法を解説!


近年投資をする人が増加しています。フレデリィ投信株式会社の「ビジネスパーソン1万人アンケート」によると、2020年には個人的に投資をしている人が40%を超えました。

投資初心者の方は、ぜひ少額投資から始めましょう。低額でできるので、万が一のリスクに備えつつも投資のスキルを身につけるのに最適です。

少額投資は投資初心者におすすめ

低額で投資できることで、投資初心者には 2つのメリット があります。

(1)投資経験を積める

(2)リスクを抑えられる

アプリでできる少額投資

  1. 株式・FXなどを 低額 でスタート可能
  2. 若い世代・投資初心者 に特に人気
  3. T-POINT でもOK
  4. 手数料は毎月定額220円

例えばある程度の資金が必要な株式も1株から500円程度で始められます。アプリ自体もユーザーフレンドリーで使いやすく、人気です。

少額投資が意味がないと言われている理由

(株式投資が向いているのはどんな人 1)利益が少ない

もちろん低額での投資なので、一回あたりの利益も少額です。「それならやる意味がない」と思う方もいるようです。

しかし個人的にスタートする投資なら、一回で大きな利益を狙うより、 長期的・安定的な資産運用 に注目すべきです。その点でこの投資はリスクも少なくておすすめです。

(2)仕事を頑張るべき

しかしいまの時代は、大手企業でも倒産する可能性があります。そのため、個人の資産形成スキルを磨くことが重要です。

また「万が一が起こっても大丈夫」と言う 金銭的余裕 は心の安定にもつながり、結果として仕事にも良い影響を及ぼします。

実際に少額投資でどれくらい利益が得られるのか?


ここで気になるのが、「実際に少額で投資したらどれくらいの利益が得られるのか?」でしょう。あまりにも利益が少ないなら、始める意味がないですよね。

ここでは、少額投資で実際に稼いでいる方の実例を紹介しながら、投資初心者でも取り組みやすい ほったらかし投資信託 を説明します。

少額投資でハイリターン

実際に少額投資で稼いでいる方のひとりが、かいまるさんです。先ほど紹介した ネオモバ を活用して、着実に資産運用をされています。

2019年9月に1株投資を5万円でスタートされました。なんと翌日には 107円分のプラス利益 が発生しました。

途中新型コロナウイルスの影響を受け、資産は大きくマイナスに転じたものの、2020年12月(運用15ヶ月目)からは大きく回復し、プラス1.6万円にまで上昇しました。

投資でかかる手数料も毎月220円で、かつそれをT-POINTで支払うこともできるので、効率よく資産形成できることがわかります。

ほったらかし投資信託

「毎日自分で数値をチェックしたりするのは苦手」という人におすすめなのが、 ほったらかし投資信託 です。

投資信託は、投資のプロ(ファンド)にお金を預けて運用をしてもらう投資方法です。ファンドや投資先の配分などを選ぶだけで、実際に運用する必要がないので投資初心者におすすめです。もちろん低額でスタートできます。

少額投資をするメリット・デメリット


低額での投資にはメリット・デメリットがあります。

  • メリット(1)リスクが少ない
  • メリット(2)投資スキルを高められる
  • メリット(3)税金優遇がある
  • デメリット(1)瞬発的な資産形成ができない
  • デメリット(2)手数料で損をする可能性がある

少額投資ではかけるお金が少ないので、万が一のリスクが軽減できます。またさまざまな投資先に分散させることで、 投資スキル も高められます。

もしつみたてNISAを活用するなら、税金が優遇されるのでお得です。

先ほども説明したように大きな利益を得るには時間が必要です。すぐに資産形成をしたい人にはおすすめできませんが、長期的・安定的に資産を伸ばしたい人にはうってつけです。

また増える金額が少ない分、手数料がかかって損をする可能性があります。少額投資では手数料などをきちんと確認しましょう。

少額投資がおすすめな人・おすすめできない人


「少額投資は意味がない」と言われがちですが、実際おすすめできる人とできない人がいます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる