攻略方法を紹介

FX取引では日本初

FX取引では日本初
2-1 FX取引では日本初 マネクリレポート人気ランキング(4、5月)
※ 2022年5月25日(水)現在のレポートPVの総計順
(参考)配信記事数合計:398本

総合投資自動売買プラットフォーム『QUOREA』を展開するefitと『FXナビ』等を提供するグリーンモンスターが業務提携契約を締結

■各社代表コメント
グリーンモンスター株式会社 代表取締役 小川 亮 コメント
この度、ご縁がありefit様と提携させていただきました。日本はいまだに投資のハードルが高い国となっていますが、投資の必要性に対する国民の意識は年々増しており、若い世代ほどその危機感を持っていると感じています。今までは、主に体験型投資学習アプリで投資デビューの支援を重点的に進めて参りましたが、NextStepとして投資デビュー後の支援、継続的な投資教育機会の提供を行う上で、efit様との提携は、同じ問題意識を持つパートナーということで大きく前に進められるのではないかと考えております。引き続き、日本の投資教育の一助となれるよう事業を進めてまいります。

株式会社efit 代表取締役 宮原 勝利 コメント
この度は、「FXなび」「株たす」「トウシカ」等の、大人気アプリを開発する、グリーンモンスター様との提携が出来たことを大変嬉しく思います。国策である預金から投資への移行は、日本の政策や大手金融機関でさえなかなか成し遂げられない、日本の大きな大きな課題です。そんな中、2000万円老後問題などの課題解決を「ユーザーフォーカス」で実行されているグリーンモンスター様と、弊社のもつアルゴリズムやビックデータをかけ合わせることで、日本の投資を大きく変える大きな一歩となると考えております。引き続きファイナンスも進めながら、多くの金融関係社を巻き込み、日本の投資を大きく変えるべく、事業を行って参ります。

■グリーンモンスターについて
「FXなび」「株たす」「トウシカ」「暗号資産なび」など「体験型投資学習アプリ」シリーズを運営。ユーザー体験に寄り添ったプロダクト開発を強みに、投資学習と金融教育のオープン化と低価格を目指しています。
今後は「お金や資産形成のための投資」という考えからステップアップし、「消費者から支援者へ」と人々と社会とのかかわり方を変え、投資がより普及することで、挑戦とイノベーションの土壌を培い、日本の世界における新たなプレゼンス発揮を促進してまいります。
グリーンモンスター株式会社ホームページ https://greenmonster.co.jp

■株式会社efitについて
預金900兆円の課題解決を切り開く、新たな投資のカタチ
高度な投資ロボットを誰でも簡単に作成し、自由に選んで利用できる総合投資自動売買プラットフォーム「QUOREA」を運営しています。QUOREAは暗号資産よりスタートし、2020年5月にFX、2021年9月にCFDと対象商品を拡充し、現在では約20,000人のユーザー、延べ1兆円を超える取引に利用されるまでとなっています。

QUOREAは、2022年5月現在、約20,000名を越えるユーザー様からご登録いただいています。
自動売買ロボットのアルゴリズムに応じて高度な投資判断を行い、取引の実行を自動で行います。
利用料は初期費用0円で取引高に応じての従量課金となります。
※『QUOREA』は国際特許出願済みです。 PCT/JP2018/003709

約20年ぶりの円安


2022年3月以降、円安が急激に進行し、米ドル/円をはじめとした為替相場全体が大きく動きました。日米金利差の広がりにより、3月1日に1ドル=114円台だったドル円相場は129円台に到達しました。
その後、4月27~28日に開催された日銀の金融政策決定会合では大規模金融緩和の維持が決定され、利上げを行う米国との金融政策の方向性の違いが色濃く浮き彫りになり、4月末から5月頭には、一時1ドル=131円を超える水準まで円安が進み、2002年4月以来およそ20年ぶりの円安・ドル高水準となりました。
5月のFOMC(連邦公開市場委員会)後、米金利上昇が一段落し円安も調整局面に入って反発の兆しも見えてきましたが、ここまでの期間、為替が大きく動いた際のお客様の取引動向や求められている情報をまとめました。

1. マネックス証券におけるFX(外国為替証拠金取引)の取引状況
1-1 約定金額(全通貨ペア)

1-2 約定金額(米ドル/円)

1-3 米ドル/円の為替相場とマネックス証券でのFXの相関(月次)

2. 為替レポートの閲覧状況
マネックス証券のオウンドメディア「マネクリ」に掲載されたレポートの、4月、5月のPVランキングを公表いたします。

2-1 マネクリレポート人気ランキング(4、5月)
※ 2022年5月25日(水)現在のレポートPVの総計順
(参考)配信記事数合計:398本

2-2 マネクリレポート人気ランキング(吉田恒4、5月)
※2022年5月25日(水)現在のレポートPVの総計順


<吉田恒プロフィール>
マネックス証券 チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX取引では日本初 FX学長

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任するとともに、著名な国際金融アナリストとしても活躍。2000年ITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年円安バブル崩壊、2016年トランプ・ラリーなどマーケットの大相場予測をことごとく的中させ、話題となる。
機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なう。2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務める。2019年11月より現職。 FX取引では日本初
書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

【マネックス証券株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 FX取引では日本初
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、
一般社団法人 日本投資顧問業協会

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

【注目】 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月30日発表分)

IGポート <日足> 「株探」多機能チャートより

■ジャパンベストレスキューシステム [東証P]
ワタミ [東証P]と業務委託契約を締結。ワタミが展開する宅食事業「ワタミの宅食」を通じて、会員制生活トラブル解決サービスの提供を開始。

■伊藤園 [東証P]
10月1日出荷分から一部を除くペットボトル製品とボトル缶製品の価格を4~22%値上げする。

■まんだらけ [東証S]
4月売上高は前年同月比6.7%増と2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。

■ジェイフロンティア [東証G]
一般社団法人技美会と業務提携し、美容医療専門オンラインクリニックの共同運営を開始。

■DDホールディングス [東証P]
債務超過解消に伴い、東証が上場廃止に係る猶予期間入り銘柄の指定を解除。

■サンワカンパニー [東証G]
日本初の3Dプリンター住宅メーカーであるセレンディクス社と業務提携。

■東和フードサービス [東証S]
今期営業は黒字浮上、前期配当を1.5円増額。

■ジェイテックコーポレーション [東証P] FX取引では日本初
長期成長戦略を策定。2030年に売上高150億円(22年6月期計画は17億円)、経常利益率25%を目指す。

■コメダホールディングス [東証P]
香港でエリアフランチャイズ契約を締結。

■IGポート [東証S]
グループ会社のウィットスタジオがCloverWorks、アニプレックス、集英社と共同でアニメ作品の企画・プロデュースを手掛ける新会社JOENを設立。

■はてな [東証G]
ソフトバンク [東証P]のクラウドサービス「ホワイトクラウド ASPIRE」のオプションメニューとしてサーバー監視サービス「Mackerel」が採用。

■FIG [東証P]
株主優待制度を変更。新制度では毎年12月末時点で1500株以上を保有する株主を対象に、株主優待ポイント(保有株数に応じて5000~2万ポイント)を付与する。従来は保有株数1000株以上の株主に大分県産の商品4000円相当を贈呈していた。

■北越工業 [東証P]
中期経営計画を策定。25年3月期に経常利益46億円(22年3月期は40.5億円)を目指す。

■ミナトホールディングス FX取引では日本初 [東証S]
子会社パイオニア・ソフトが傘下のベトナム現地法人の全出資持ち分をMattrz社へ譲渡するとともに、Mattrzと戦略的協業に向けて業務提携する。

■CRGホールディングス [東証G]
国内旅行の再開やインバウンド需要の回復を見据えた「リゾートワーク事業」を開始。リゾート・観光地へ住み込みで働く人材を提供する新しい派遣サービス。

■ピアズ [東証G]
通信業界向け人材派遣を展開するウィルの全株式を取得し子会社化する。また、社内イベントの企画運営を手掛けるマックスプロデュースも買収する。

■イントラスト [東証P]
webサイト高速化システムなどを手掛けるプライム・ストラテジーと資本業務提携。

■リファインバースグループ [東証G]
産業廃棄物関連事業を展開するコネクションの全株式を取得し子会社化する。

■白銅 [東証P]
中期経営計画を策定。25年3月期に経常利益54億円(22年3月期は43.7億円)を目指す。

■プロネクサス [東証P]
公認会計士に特化したプロシェアリング事業を展開するブリッジコンサルティンググループと資本業務提携。

■千趣会 [東証P]
JFLAホールディングス [東証S]と酒類・飲料・食品の企画・販売事業を展開する合弁会社を設立。

■筑波銀行 [東証P]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.15%にあたる13万株(金額で2500万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月31日から6月23日まで。

■穴吹興産 [東証S]
今期経常を一転17%増益に上方修正・3期ぶり最高益更新へ。

■エスライン [東証S]
中期経営計画を策定。25年3月期に経常利益21.6億円(22年3月期は14.3億円)を目指す。

■スターフライヤー [東証S]
4月旅客数は前年同月比63.1%増。

■札幌臨床検査センター [東証S]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.67%にあたる2万2700株(金額で2921万4900円)を上限に、5月31日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

■サガミホールディングス [東証P]
中期経営計画を策定。25年3月期に営業利益6.5億円(22年3月期は6.FX取引では日本初 2億円の赤字)を目指す。

専用アプリで
スピーディーに取引

・当社約款で定める禁止行為に該当する場合
・本注意事項に違反する場合、その他当社からのご案内に従っていただけない場合等
・口座開設に書類の不備などで時間を要する場合があります。余裕を持って口座開設をお申し込みください。
・本特典の開催期間は、予告なく変更される場合があります。
・原則として、終了する場合は14日前に本LPにて告知を行います。ただし、必要な場合は予告なく終了することがありますので、ご了承ください。
・Apple Inc.及びApple Japan合同会社は、本特典の主催者ではなく、本特典と一切関係がありません。
・情報の取り扱いについては当社 プライバシーポリシー に従います。

口座開設+お取引で最大50,000円キャッシュバックについて

■開催期間

口座申込対象期間:2021年4月19日(月) 0時00分〜2021年07月31日(土)23時59分 終了日未定

■対象者

■特典内容

■特典の付与時期

■その他のご注意事項

・本キャンペーンはLINE証券株式会社(以下、当社)が主催しております。
・本キャンペーンは米ドル/円の通貨ペアは対象外となります。
・ 新規注文のみ特典対象としてカウントいたします。決済注文は対象外です。
・以下の場合、特典付与対象外とします。
・口座申込みが口座申込対象期間外の場合
・新規取引が取引対象期間外の場合(取引対象期間中に注文を行い、取引対象期間外に約定された場合を含む)
・特典付与までに、取引口座を閉鎖された場合
・同一の方からの複数のアカウントによる応募、不正なアカウントからの応募、当社が不正とみなす行為(なりすまし、イタズラ等)が発覚した場合 FX取引では日本初
・本キャンペーン期間前に口座を開設したことがある場合
・本注意事項に違反する場合、その他当社からのご案内に従っていただけない場合等
・口座開設に書類の不備などで時間を要する場合があります。余裕を持って口座開設をお申し込みください。
・本キャンペーンの開催期間は、予告なく変更される場合があります。
・本キャンペーンは、予告なく中止となる場合があります。
・Apple Inc.及びApple Japan合同会社は、本キャンペーンの主催者ではなく、本キャンペーンと一切関係がありません。
・情報の取り扱いについては当社 プライバシーポリシー に従います。

スプレッド縮小キャンペーンについて

■キャンペーン期間
2022年3月1日(火)AM9:00 〜 7月1日(金)AM3:00

■対象者
LINE FXでお取引されるお客様すべて

■特典内容
キャンペーン期間中のお取引について、以下の通り、対象通貨ペアのスプレッドを縮小いたします。
AM9:00 - 翌日AM3:00・原則固定 ※例外あり

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる