FXニュース

バイナリー オプション 日本

バイナリー オプション 日本
バイナリーオプションの投資取引を行う際は、取引口座に入金しておく必要がありますが、その方法も日本のバイナリーオプション業者と海外のバイナリーオプション業者では大きな違いがあります。

バイナリー バイナリー オプション 日本 オプション 日本

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。 取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× バイナリー オプション 日本 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。 為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。

店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。

当社の取扱う店頭CFD取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、原資産の価格の変動や為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や金融市場、為替相場の変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、流動性が低下している状況では、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。また、株価指数、ETF(上場投資信託)、ETN(指標連動証券)を原資産とするCFD取引は、金利調整額(買建玉を保有している場合は支払い、売建玉を保有している場合は受取り)が発生しますが、金利調整額は、金利水準が各国の経済事情や政治情勢等様々な要因を反映するため変動するので、売建玉を保有している場合でも、マイナス金利となる際は、当社への支払いとなります。加えて、配当金・分配金の各権利確定日の取引終了時点で建玉を保有していた場合、これらの権利調整額が建玉に発生します。一般に権利調整額は買建玉を保有している場合は受取り、売建玉を保有している場合は支払います。一方、原資産となる株価指数自体が配当金を考慮している指数の場合等は、使用するリクィディティプロバイダーによっては、権利調整額は売建玉を保有している場合は受取り、買建玉を保有している場合は支払います。この他、商品先物を原資産とするCFD取引は、当社が定める日の未決済ポジションに対して当社が定めた価格調整額が発生します。原資産にコーポレートアクションが発生した場合は、当社は決済期日を定めた上で新規取引を停止する場合があります。建玉を決済期日までに決済されなかったときには、当該建玉は当社の任意で反対売買により決済されます。 取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、原則、想定元本(基準値×1.1×取引数量×1Lotあたりの取引単位×円転換レート)× 株価指数CFDの場合10%・債券CFDの場合2%・その他有価証券CFDの場合20%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、それぞれ最大10倍・50倍・5倍となります。

バイナリー オプション 日本

バイナリーオプションの健全な成長を促す商品性、投資者保護上の措置などに対する信頼性を高める自主規制の在り方を検討するため、金融先物取引協会が中心となって2012年9月に設置された「ワーキンググループ」の座長を務めたFXトレード・フィナンシャルは、業界としての同商品の普及を目的に「毎月10日」を「バイナリーオプションの日」と申請、社団法人日本記念日協会によりその申請が認定されたため、このほど同社で認定証の授与が行われた。


認定証授与の前に行われた、同社と日本記念日協会の懇談では、協会の代表理事 加瀬氏より、最近の記念日活用方法の事例などが幾つか紹介された。それによると、「バレンタインデー」にみるように国内ではお菓子メーカーが記念日の使い方がうまく、最近では江崎グリコが、「平成 11年 11月 11日」から「11月 11日」を「 ポッキー & プリッツの日 」 として日本記念日協会の認定を受け、2013年11月11日(月)には、ポッキーとプリッツの形をしたロケットを、上空 1111m を目指して北海道から打ち上げるイベントやキャンペーンを行うという。

◎取引期間
最短5分、10分といった短期のオプションは禁止され、最短2時間(1営業日に設定できる判定時刻の最大数は12回)からの取引に。但し、取引自体は2時間の中でも可能で、新規購入や転売は判定時刻直前まで自由に行える。

◎権利行使価格は固定、購入金額は変動制
権利行使価格は、判定時刻の2時間以上前に決定、通貨ペアの価格変動やオプションの残り時間喉を反映してオプション価格は判定時刻まで変動し続ける。

◎2WAYでの価格提示
オプション購入時に、ポジションを解消するための価格(転売価格)も提示しておく必要

◎レンジ外の総取り禁止
投資家が投資できない価格帯を設けることを禁止

二者択一の取引 HIGH(上昇)かLOW(下落)を予想!
目標レート(最大15本のレートから選択)の判定時刻のレートがHIGH(上昇)になるか、LOW(下落)になるかを予想

100円~9,900円で取引可能!ペイアウトは1万円
オプション購入に必要な金額は目標レートや価格変動、残り時間によって異なり、最大損失は購入金額に限定

購入締切時間まで、いつでも売買可能!
判定時刻の2分前までいつでも新規購入、転売を行うことができる。

バイナリーオプション取引の24option.com 個人投資家向け『短期決済取引プラットフォーム』日本販売開始

1) クローズポジション
途中で取引を終了させる事ができます。例えば、取引終了前に自身の予想を覆し負けが確定したと判断した場合は、なるべく損金を抑える為、途中で取引を終了させます。また、最終的にどうなるかわからないと判断した場合も、途中で取引を終了させることができます。逆に、小額収入を得る場合にも利用することができます。つまり、途中で終了させることで、負けた時でも、勝った時でも利益、損失を小さくすることが出来ます。これを上手く使うことで大きくリスク管理が出来ます。

2) ウイークエンドオプション(新取引システム)
マーケットの週末日(休日)に取引出来る、他社に無い24option会員限定の新取引システムです。

・マーケットがクローズしていても外貨に投資が可能
・月曜日の取引時間でロス/勝ちが出る
・110%~250%のハイリターン率

3) ワンタッチ機能
原資産がオプションの存続期間中いつでも、目標株価に達した場合ワンタッチで装置すると利益を提供するオプションです。


■24option.com取引プラットフォームサービス内容
1) 最大85%の高還元率
2) クローズポジション
3) ウイークエンドオプション
4) ワンタッチ機能
5) 通貨ペア数12+2商品(オイル、金)+8インデックス+5外国株/3国内株
6) 取引システム ウェブトレーダー 3種類取引方法
(HIGH/LOW、ワンタッチ、境界)
7) 対応言語数
日本語、英語、仏語、スペイン語、イタリア語、アラブ語、ルーマニア語、トルコ語
8) 日本語メールサポート/日本語電話サポート/日本語チャットサポート


■ バイナリーオプションという新たな選択肢
1)仕組みは意外と簡単
外貨オプションを取り扱うFX会社が増えてきました。オプションと聞くと、プロ向けの難解な商品をイメージしがちですが、昨今登場しているバイナリーオプションは取引で意思決定しなければならない要素をシンプルにするなど、個人投資家にも使いやすい工夫を凝らしています。
バイナリーオプションの仕組みは、会社によっても大きく異なりますが、基本的な部分はほぼ同じです。あらかじめ設定された将来の時点での為替レートが今よりも「高いか低いか」を予想します。FX為替では「いつ利益確定するか、損切りするか」を考えなければいけませんが、このオプションを購入してしまえば、後は市場に運命をゆだねるだけです。

バイナリーオプション、日本と海外に違いはあるの?投資家のマル得裏情報も暴露します

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

バイナリーオプション、日本と海外の違いは?

結論からあげてしまうと、バイナリーオプションは日本と海外で大きな差があります。

そもそも日本と海外では、サービスを提供している業者が異なります。日本のバイナリーオプションといえば、日本のバイナリーオプション業者を利用した取引のことを指します。

一方、 海外のバイナリーオプションは、海外を拠点とするバイナリーオプション業者に日本からアカウントを作成して取り組む ようなイメージです。

バイナリーオプション・日本と海外で違う要素は?

では、バイナリーオプションの日本業者と海外業者ではどのような部分が違うのでしょうか。ここでは国内のバイナリーオプション業者と国外のバイナリーオプション業者で、異なる要素をまとめてご紹介します。

  1. ルールの違い
  2. 入出金関係の違い
  3. 許可や安全性などに関する違い

ルールの違い

まずはじめに、ルールの違いについて確認します。

取引時間(判定時間)

日本のバイナリーオプション業者の取引時間は、2時間もしくは3時間と長め に設定されています。

取引時間は業者ごとに決まっており、 口座開設をしてから自由に選べるという形にはなっていません。 そのため、日本のバイナリーオプション業者を利用する際には、取引時間までしっかりと目を通した上で口座開設手続きに進むと良いでしょう。

それに対して、 海外のバイナリーオプション業者の取引時間は、最短30秒から1日までと様々 です。

業者によっては2週間という設定も可能ですが、 多いのは30秒や1分、5分、10分など細かい取引時間を設けている業者 です。

日本のバイナリーオプション業者は1回の取引時間が長く、1日の取引回数にも制限があります

取引回数の上限は業者によって異なりますが、 1日10回前後 であると考えておくと良いでしょう。

一方、 海外のバイナリーオプションは取引回数に関する制限がありません

先述したとおり取引時間も最短30秒から1日までの間で自由に選べるようになっており、 日本の業者よりも自由度の高い取引が可能 です。

ペイアウト率

この「1.8倍」のように、的中した場合に払い戻される倍率が常に一定となっているのが固定制で、 海外のバイナリーオプション業者はこの固定制が主流 となっています。

一方、 日本のバイナリーオプション業者が採用しているのは変動制 で、エントリーした金額に関わらず的中した場合は1,000円もしくは10,000円の払い戻しとなります。

日本の業者の場合、 日本円を中心としたメジャーな通貨の組み合わせが多く、選べる通貨ペアは4~7ペア程度 と少なめです。

それに対し、 海外の場合は日本円が絡まない通貨ペアも選べる ため、業者によっては20ペアなど多くの通貨ペアの中から好きな組み合わせを選べるようになっていることもあります。

入出金関係の違い

バイナリーオプションの投資取引を行う際は、取引口座に入金しておく必要がありますが、その方法も日本のバイナリーオプション業者と海外のバイナリーオプション業者では大きな違いがあります。

入出金方法

日本の業者に入金をする場合には、金融機関を通じた振込が一般的 です。通常の振込入金の場合は手数料がかかることになりますが、即時入金サービスを利用すれば振込手数料は無料となります。

それに対し、 海外のバイナリーオプション業者の場合は、クレジットカードまたは銀行振込から選べる ケースが多くなっています。

業者によっては仮想通貨にも対応 バイナリー オプション 日本 しており、国内の業者と比べると選択肢は豊富です。手軽に入金をしたいのであれば、手数料がかからないうえに反映も早いクレジットカードの活用を考えておくと良いでしょう。

最低投資額

日本のバイナリーオプション業者には、口座開設後に入金する金額に関する制限がありません。 最初にいくら入金するかは、トレーダーが自由に選ぶことができます。

実際の取引の際に必要となる バイナリー オプション 日本 最低取引額は50円から990円 程度です。なぜこれだけの幅があるかというと、その理由はペイアウト率によって必要な取引金額が異なるためです。

それに対し、 海外のバイナリーオプション業者は最初の入金額が決められています

さらに、 海外業者はその後の取引も500円からや1,000円からなど業者によって差がある ため、口座開設前には最低入金額や取引額をしっかりと確認しておく必要があります。

税金の種別

海外のバイナリーオプション業者を通じて得た利益は「雑所得」 という形になります。

一方、 日本国内の業者を利用して得た利益は「申告分離課税」 で、稼いだ金額に関係なく所得税の税率は20.315%です。

つまり、 税金面では海外よりも日本国内のバイナリーオプション業者を利用したほうが断然お得 だということです。

許可や安全性の違い

また、日本のバイナリーオプション業者と海外のバイナリーオプション業者では「安全性」にも違いがあり、こちらも詳しく知っておくべきポイントの一つです。

金融庁登録

このような無登録の海外バイナリーオプション業者と取引を行うこと自体に違法性はありません。ただ、 無登録の海外業者には日本の金融商品取引法が適用されない ため、取引時に何らかのトラブルが発生したとしても、日本の金融庁では追及がきわめて困難です。

したがって、 海外バイナリーオプション業者との取引を行う際には「何があっても完全自己責任」だという心構えで臨む ことが重要となります。

各業者の情報量

日本と海外のバイナリーオプション業者を比較した場合、 日本の業者のほうがユーザーにとって企業の様々な情報が得やすい というメリットがあります。

先述したとおり、日本国内の業者は日本の金融庁から認可を受けており、 金融サービスを提供する企業としての信頼性 があります。その情報もホームページや様々なところで企業情報が公開されており、情報量も豊富です。

一方、 海外業者は言葉やネット検索の壁があるせいで、サービス企業の幅広い情報をなかなか得られません

海外業者でも「ハイローオーストラリア」のように日本人トレーダーが多数利用している業者であれば情報もそれなりに出回っていますが、そうでない場合は 信頼性を見極めるのがきわめて困難 です。

バイナリーオプション業者は日本と海外、どっちがいいの?

ここまで日本のバイナリーオプション業者と海外のバイナリーオプション業者の違いを様々な観点からご説明してきましたが、実際のところ日本と海外ではどちらの業者と取引を行うのが良いのでしょうか。

先に結論からお伝えすると、 収益性を重視するなら海外のバイナリーオプション業者を選ぶのがおすすめ です。

しかしその一方で、1回の取引回数やペイアウト倍率といった制限が多くなったことで「短期間で爆発的に資産を増やすチャンスがある」というバイナリーオプション本来のメリットまで失われてしまいました。そのため、 投資収益や投資効率を考えると日本の業者は海外業者には叶わない というのが現状です。

日本の法規制が及ばない海外のバイナリーオプション業者はいまだ投機性が高く、一歩間違えれば一瞬にして大損するおそれもあるため注意が必要ですが、 海外の業者でもリスク管理をしっかり行い確実なトレード手法で臨めば危険な取引になることはまずありません

現役トレーダーが海外バイナリーオプションを好む理由

バイナリーオプションは日本と海外それぞれに独自のルールや決め事がありますが、現役のトレーダーはどちらかと言うと海外バイナリーオプションを好む傾向にあります

答えはシンプルで、 海外のバイナリーオプションは自由度が高く一攫千金のチャンスも十分にあり、それでいて投資としてコツコツとした収益を取り続けることができる というメリットがあるからです。

先述したとおり、海外のバイナリーオプション業者は日本国内の業者のように金融庁などの指導監督を受けているわけではありません。日本の法律で規制できないということは、 万が一トラブルが発生した際にはすべて自分で責任を負わなくてはならない のです。

その答えもまたいたってシンプルで、 海外バイナリーオプションで結果を出したいなら、実際に海外バイナリーオプションで結果を出している人からその手法を教えてもらう こと。

それと同じで、 バイナリーオプションもより高みを目指すなら、そこへ到達する方法を知っているコーチが必要 というわけです。


今回は、日本と海外のバイナリーオプションの違いを様々な観点からご説明しました。

日本のバイナリーオプションと海外のバイナリーオプションの違いは、取引時間や回数、ペイアウト倍率などすべて含めて 「日本の法律が適用されているかどうか」 というところにあると言えます。

それゆえに 海外のバイナリーオプションは自由度の高い取引が魅力であり、一攫千金を狙うチャンスも十分にあります

そういったトラブルを未然に回避するためにも、 海外のバイナリーオプション業者を利用する際には安全性をきちんと確認することが大切 です。現在は日本語に対応している業者も増えてきています。

FXプライムbyGMO、高金利通貨や豪ドル関連の通貨ペアを対象とした【最大100万円】のキャッシュバックキャンペーンを開始!

GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、金融商品取引業を営む株式会社FXプライムbyGMO(代表取締役社長 安田和敏、以下FXプライムbyGMO)は、2022年6月1日(水)午前6時より、7通貨ペア(豪ドル/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円、豪ドル/ドル、ポンド/豪ドル、ユーロ/豪ドル、ユーロ/ポンド)を対象に、新規取引数量に応じて最大100万円をキャッシュバックするキャンペーンを開始いたしました。 バイナリー オプション 日本
<下へ続く>

【本キャンペーン開始の背景】
昨今、原油や金属、穀物など国際商品価格の上昇などによって、世界的にインフレ懸念が一段と高まっていることを受けて、政策金利が高水準の通貨ペアに加えて、資源国通貨の代表である豪ドルを絡めた通貨ペアを対象としたキャッシュバックキャンペーンを開始いたしました。対象通貨ペアを主に取引される投資家の方々にとってメリットをご享受いただけるキャンペーンとなります。

【「本キャンペーン」について】
■7通貨ペアキャッシュバックキャンペーン開催期間

2022年6月1日(水)午前6時~2022年7月1日(金)午前5時59分まで

■キャンペーン対象者 バイナリー オプション 日本
キャンペーンに応募されたお客様
※「口座開設キャッシュバックプログラム」対象のお客様は、本キャンペーンの対象外となります。口座開設キャッシュバックプログラムもあわせてご確認ください。

■キャッシュバック日
2022年7月15日(金)にお客様の代表口座 (選べる外貨口座) へ入金する予定です。
※キャンペーンの内容につきましては、当社の都合により予告なく変更または終了になることもございますのでご了承ください。

■取引条件とキャッシュバック額
本キャンペーンにお申し込みいただき、『選べる外貨』での対象通貨ペア(豪ドル/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円、豪ドル/ドル、ポンド/豪ドル、ユーロ/豪ドル、ユーロ/ポンド)のお取引において、期間中に以下の条件を達成され、かつ、キャンペーン終了時点の『選べる外貨』取引口座残高が30万円以上の方を対象に、7通貨ペアを合計した新規取引合計額に応じてキャッシュバックいたします。

※キャッシュバック例:対象期間中に、豪ドル/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円、豪ドル/ドル、ポンド/豪ドル、ユーロ/豪ドル、ユーロ/ポンドを合計した新規取引数量が1,200万通貨となり、キャンペーン終了時点の『選べる外貨』「取引口座残高」が30万円以上のお客様のキャッシュバック額は10,000円となります。

【『選べる外貨』、『選べる外為オプション』および『ちょいトレFX』の取引に関するご注意】
■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 バイナリー オプション 日本 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる