最強の初心者ガイド

ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法

ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法
teacher

Polygon (MATIC)

Polygon (MATIC)は採掘が不可能な仮想通貨で、?で最初に開始しました. N/AアルゴリズムとN/Aコインプルーフタイプを使用しています。Polygonには、6,872,890,164コインの供給量と、$4,082,772,526の合計時価総額があり、21でランク付けされています。現在、Polygon価格は$0.5967で、24時間の取引量は$423,490,438です。Polygon価格は、?に$2.92で最高額に達しました。 Polygon価格は過去24時間で-10.15%下がっています そして 過去1時間の取引によると、-1.08%下降する傾向にあります. 週間のPolygon価格も-7.91%下がっています. 月間のPolygon価格の変動を見てみると、-44.60%下がっており、 一方、1年前の価格と比べると、-67.30%下がっています. polygonのテクニカル分析とpolygonの価格予測については、以下をご覧ください。 さらに、詳細なpolygonチャートは貴重な包括的なデータを提供します。 交換リンクをクリックすると、Polygon (MATIC)やその他の通貨を簡単に売買することができます.

Polygon (MATIC)はどこで買えるの?


BINANCEからPolygonを簡単に購入するか、以下のいずれかを試すことができます。 こちらが異なる取引所でのPolygon (MATIC)価格ですそしてPolygon (MATIC)チャート。
赤でマークされているのが

Polygon 裁定取引

MATIC からBTC : coinbase (0.00001996)でPolygonを買い、btcturk (0.00002201)で売る | 裁定取引 : 9.31%
MATICからUSD : bitso ($0.029929)でPolygonを買い、coinw ($1.38634)で売る | ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法 裁定取引 : 97.84%

Polygon (MATIC) https://polygon.technology
MATIC ライブ価格 : $0.5967 / 0.00002002 BTC
時価総額 : $4,082,772,526
利用可能な供給 : 6,872,ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法 890,164
24時間のボリューム : $423,490,438
24時間 最高値 : $0.66736
24時間 最安値 : $0.59159
アルゴリズム : N/A ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法
ランク : #21
過去最高値 (ATH) : $2.92
過去最高値 (ATH) 日時 : ?

コイン aex ascendex bibox bigone binance bitbns bitfinex bitforex bithumb bitkub bitmart bitrue bitso bitstamp bittrex bkex btcturk bw.ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法 com catex cex.io changelly coinbase coincheck coindcx coindeal coinex coinsbit cointiger coinw crex24 crypto.com currency dcoin digifinex exmo fatbtc finexbox fmfw.io ftx gate.io gemini hitbtc hoo hotbit huobi indodax kraken kucoin latoken lbank liquid mercatox mexc nicehash okcoin okx p2pb2b pancakeswap paribu poloniex probit southxchange stex sushiswap tokok tradeogre uniswap-v2 uniswap-v3 upbit vindax wazirx ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法 whitebit xt yobit zb.com zbg zt%
MATIC/BTC00.00002001000.00002009000.00002000.000020060.00002007000.0000200200.000022010000.000020060.0000199600.0000200600.0000200900000.000020050000000.000020060.00001998000.00002003000.0000200400.000020010.000020060.0000200600000.00002008000000.000020030.0000200800.00002001000000.0000201500.000020430.0000200700.000020310009.31
MATIC/USD0.59610.596230.59590.59550.5970000.607710.591910.596090.593920.0299290.594110.592930.5960.60017000.5945600.5951600.59600.59540.595160.594431.ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法 3863400.594670.5932300.596200.6670.6090.595560.594860.59580.593270.595320.594810.5950.596410.598060.59290.59630.595940.5953000.595300.59450.59610.5930.594940.598830.593450.59691000.59518000.594940.5951600.5960.630810.595530.ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法 595110.671330.593460.593460.59797.84
24時間のボリューム$176,902$793,420$4,946,439$1,185,415$66,054,212$0$0$14,665,424$2,252,503$53,882$2,164,713$4,138,847$2,948$110,388$94,549$2,563,967$669,617$0$0$149,940$4,735,042$23,666,643$0$66,053,914$0$350,983$8,813,296$2,854,724$7,278,365$0$3,558,222$3,369$0$13,322,363$0$754$2,328$28,372,839$25,972,615$2,712,530$639,939$28,410,105$19,050,801$33,234$19,417,480$71,924$2,879,921$8,865,252$1,416,750$5,556,184$0$0$553,269$1,860$59,362$7,530,873$15,461,733$66,299$234,474$265,378$220,022$0$3,077$3,032$0$0$95,786$848,513$1,356$4,ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法 573$133,626$23,079,066$7,931,695$30$544,215$161,110$435,252-

Polygon (MATIC) ニュース

究極のDeFi流動性ソリューションのバンコール3が始動、ローンチ・パートナーはPolygon、Synthetix、Brave、Flexa、Yearn、Nexus Mutualと30以上のDAO:時事ドットコム
2022/05/11 - 9:00
May 11, 2022 13:00 UTCバンコールの新しい片面変動損失保護流動性ソリューションは、DAOとそのトークン保有者にとってDeFiステーキングをまったくシンプルなものにすることでオンチェーン流動性の波を解き放つことになります。クリエイティブ・アセットスイス・ツーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- DeFiおよび流動性プールの発明者のバンコール(BNT)は、その新たな 続きを読む

究極のDeFi流動性ソリューションのバンコール3が始動、ローンチ・パートナーはPolygon、Synthetix、Brave、Flexa、Yearn、Nexus Mutualと30以上のDAO
2022/05/10 - 20:00
バンコールの新しい片面変動損失保護流動性ソリューションは、DAOとそのトークン保有者にとってDeFiステーキングをまったくシンプルなものにすることでオンチェーン流動性の波を解き放つことになります。クリエイティブ・アセットスイス・ツーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法 -- DeFiおよび流動性プールの発明者のバンコール(BNT)は、その新たなプロトコル・バ� 続きを読む

The Sandbox:メタバース土地LANDを「Ethereum→Polygon」に移行
2022/04/23 - 3:44
人気のメタバースプラットフォームである「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」は2022年4月22日に、仮想空間上の土地である「LAND」をイーサリアム( 続きを読む

Moonstake Wallet「ポリゴン(Polygon/MATIC)」サポートへ
2022/04/16 - 3:00
ステーキング可能な仮想通貨ウォレットを展開している「Moonstake(ムーンステーク)」は2022年4月15日に、イーサリアムのスケーリングプラットフ 続きを読む

Moonstake、Polygonブロックチェーンへのサポートを開始:時事ドットコム
2022/04/15 - 7:47
[Blockstake株式会社]本日Moonstakeは、Polygon Networkのサポートを実装することを発表しました。このアップデートにより、Moonstake ウォレットのユーザーは、ウェブ版とモバイル版の両方で、MATICコインだけでなく、MATICトークンの送受信や所有ができるようになります。さらに、Moonstakeは、現在すでにイーサリアム上のORBSのステーキングをサポートしていることから、MATIC標� 続きを読む

Moonstake、Polygonブロックチェーンへのサポートを開始 (2022年4月15日)
2022/04/15 - 7:45
[画像:https://prtimes.jp/i/63868/62/resize/d63868-62-b046c42da8f8ead97dc3-0.jpg]本日Moonstakeは、PolygonNe. 続きを読む

Moonstake、Polygonブロックチェーンへのサポートを開始
2022/04/15 - 3:12
Blockstake株式会社のプレスリリース(2022年4月15日 16時12分)Moonstake、Polygonブロックチェーンへのサポートを開始 続きを読む

Moonstake、Polygonブロックチェーンへのサポートを開始 (2022年4月15日)
2022/04/14 - 23:30
本日Moonstakeは、PolygonNetworkのサポートを実装することを発表しました。このアップデートにより、Moonstakeウォレットのユーザーは、ウェブ版とモバイル版の両方で、MATIC. 続きを読む

【4/13話題】ロビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法 ビンフッドにCOMP、MATIC、SOL、SHIB上場、ブラックロックらがUSDCのサークルに出資など(音声ニュース)
2022/04/13 ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法 - 6:29
ブロックチェーン・仮想通貨(暗号資産)・フィンテックについてのニュース解説を「あたらしい経済」編集部が、平日毎日ポッドキャストでお届けします。Apple Podcast、Spotify、Voicyなどで配信中。ぜひとも各サービスでチェンネルをフォロー(購読登録)して、日々の情報収集にお役立てください。 ポッドキャストで紹介したニュース ・ロビンフッドでCompound(COMP) 、P 続きを読む

イーサリアムのスケーラビリティ向上へ、Polygonがゼロ知識証明活用のPlonky2をローンチ
2022/01/18 - 0:57
暗号資産・ブロックチェーンに関連するたくさんのニュースの中から見逃せない話題をピックアップ。1週間分の最新情報に解説と合わせて、なぜ重要なのか筆者の考察をお届けします。 続きを読む

OKExが新しいユニファイドアカウントシステムでマージン計算に革命を起こす方法

OKExの新しいユニファイドアカウントシステムでの3つのアカウントモード

統一されたアカウント、説明

マージン計算の内訳

OKExの統合アカウント機能がより効率的な取引と資本利用にどのように役立つかをよりよく理解するために、特定の例を分解してみましょう。従来のOKEx取引システムを見て、ユーザーがパーペチュアルスワップアカウントに3 BTCの残高を持ち、BTCコインマージンパーペチュアルスワップでロングポジションを保持し、初期マージンが1 BTC、未実現利益が2BTCであるとします。 ;同時に、ユーザーはスポットアカウントに1BTCの資産残高を持っています。ユーザーの次のステップの内訳と、OKExの従来の取引システムと新しい統合アカウントシステムを使用した結果の資本稼働率の比較を次に示します。

BTC通貨口座での実効マージンは5BTCです。 BTC通貨資産残高+利益/損失-マージン= 4 BTC + 2 BTC-1 BTC ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法 = 5 BTC

統合アカウントの競争上の利点

取引所間での比較

スポット取引

デリバティブ取引

ノート
取引要件 ユーザーは20ETHを持っており、2倍のレバレッジでBTCの永久スワップを長くしたいと考えています.
価格 ポジションのオープンの時点で、BTCの価格は20,000 USDTであり、ETHの価格は500USDTです。.

複数の商品を介した取引戦略の実装

ノート
取引要件 0.5025BTCと10,000USDTを保持しているユーザーは、2倍のレバレッジでBTC / USDTマージンの四半期契約を延長し、2倍のレバレッジでBTCコインマージンの永久スワップをショートすることで裁定取引戦略を実装したいと考えています。.

BTCパーペチュアルスワップの未実現利益は1.ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法 3479BTCです。または11,457米ドル。額面金額*契約数*契約乗数*(1 /マーク価格-1 /始値)= $ 100 * 200 *(1 / $ 8,500-1 / $ 19,900)= 1.3479 BTC

仮想通貨THORChainとは?基本情報・将来性・価格推移まとめ

thorchain-rune-title

引用:https://chaosnet.bepswap.com/

THORChainは異なるブロックチェーンの間で仮想通貨を交換できるプラットフォームを実装するために開発された仮想通貨です。

【特徴】THORChainにはライバルが多い?

同様のクロスチェーンプラットフォームを提供する仮想通貨は他にも多くあります。 ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法 また異なる仮想通貨同士を交換するためのアトミックスワップなどの技術も既に存在しています。

THORChain(RUNE)の価格推移と最新情報

rune-usdt-chart-1 ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法
THORChain/RUNEの基本情報
THORChain /RUNEの価格 ¥2155.10
一日の出来高 ¥21,386,735,563
マーケットドミナンス 0.21%
市場ランキング 42位
時価総額 ¥513,832,334,351.71
直近1年間の高値/安値 ¥2286.95/¥38.45
最大供給 データなし

THORChainの独自トークン「RUNE(ルーン)」の50%以上は、大手取引所BinanceでRUNE/USDTのペアにて取引されています。

【最新情報】2021年のTHORChain注目材料

THORChainは分散型取引所(DEX)を運営

2021年4月13日、THORChainは仮想通貨同士を交換するサービスであるマルチチェーンカオスネットであるAsgardを公開しました。

THORChainとスイスの仮想通貨取引所が統合

2021年4月13日、スイスの仮想通貨取引所ShapeshiftはメインネットをTHORChainと統合したことを発表しました。

分散型金融の発展は、今後も仮想通貨業界で注目される巨大なテーマの1つです。
中央管理者がいない、自由な取引所は多くの 仮想通貨の流動性への好影響が期待されています。

Asgard対応の仮想通貨を追加予定

2021年4月29日、THORChainはアップデートに関する週間レポートを発表し、今後Asgardで交換可能になる予定の仮想通貨についての進捗を発表しています

仮想通貨THORChain(RUNE)の将来性

THORChainはPoS(Ploof-of-Stake)を採用

分散型取引所(DEX)で、THORChainが覇権を握るには、RUNEトークンの保有者が増える必要があります。

DEXでは流動性を確保し、価格を安定させるのは簡単ではありません。アービトラージなど、経済的な合理性を使って価格を安定させようとしているのです。

仮想通貨THORChain(RUNE) まとめ

今回は「仮想通貨THORChainとは?基本情報・将来性・価格推移まとめ」のテーマでした。

  • スイスの取引所Shapeshiftと提携
  • THORChainを使い異なる仮想通貨を直接交換できる「Asgard」の公開
  • Asgardで取引できる仮想通貨の追加
  • 分散型金融サービスの開発予定

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

最短当日 で投資を始められる ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法
説明なし で使えるアプリ
ビットコイン取引量国内 No.1

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

pundix-future-title

アルトコイン

MAStand

filecoin-fil-future-title

アルトコイン

MAStand

amp-title

アルトコイン

プロが教える仮想通貨の投資方法「アービトラージ」

man

という方には、非常におすすめの内容となっていますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

アービトラージとは?

アービトラージとは?

アービトラージの2種類の取引方法

  1. 取引所で購入後別の取引所に送金して売却する方法
  2. 購入したい取引所と売却したい取引所それぞれで同時決済して利益をあげる方法

1番は、取引所の価格差を狙って購入と送金から売却を行うというもっともオーソドックスな方法です。

2番に関しては、「空売り」というFXのような先物取引で使える投資手法を組み合わせて行う、同時決済型のタイプのものです。

オーソドックスなアービトラージの具体的な取引例

アビトラージの仕組み

アビトラージの仕組み

送金した1BTCを取引所Bにて「101万円」で売却すると、取引所Aでは「差額の1万円が利益」として手に入ります。

アービトラージではこのように、取引所ごとの価格差を狙って利益を出すことができるのです。

同時決済型アービトラージの具体的な取引例

同時決済型アービトラージの仕組み

同時決済型アービトラージの仕組み

これによって、「差額の1万円を利益」とすることができます。

  • アービトラージとは裁定取引のことで取引所ごとの価格差を狙った投資手法である
  • アービトラージをする方法は2種類あり、オーソドックスな方法がリスクも少なくベターである

アービトラージの特徴

アービトラージの特徴

為替などの投資と比べると利益を狙いやすい

しかし、取引所の少なさや、仮想通貨ほど値段の上下が取引所ごとにないことからも、利益を出しづらい仕組みとなっています。

これに対して仮想通貨では、現在国内外問わず多数ある取引所を選びアービトラージを行うことができるだけでなく、法定通貨よりも大量の銘柄が存在するため、アービトラージを使った利益を狙いやすくなっているのです。

アービトラージを狙う人は少ない

man

といった理由で敬遠されがちです。よって、競争相手も少ないため非常に利益を出しやすい環境となっています。

投資の知識は必要ないから初心者でもやりやすい

しかし、アービトラージでは取引所ごとの価格差を狙う単純な方法を使うため、難しいチャートの理論などは必要ありません。

相場に影響されにくくリスクが低い

もちろん誰にも値段がどう動くかはわからないため、その予測が外れれば損失を受けるというリスクがあります。

しかし、アービトラージは通常の投資と違って、目の前に「価格」という確かな情報があります。その目の前の確かな情報を使って、確実に利益をあげることができるのです。

たとえば2018年9月の現時点では仮想通貨市場は大暴落の最中にあります。しかし、アービトラージを使う場合は取引所ごとの価格差を狙うので、相場の良し悪しに左右されることもないのです。

デメリット

資金が必要

手順を間違えたり送金が遅れると損失につながる

手数料がかかる

アービトラージを行う際には、3種類の手数料が発生します。

  • アービトラージは低リスクで利益を出すことができ、投資の知識もそこまで必要としない
  • 損失を出さないためにも送金時間や手数料などの細かい点に注意をする必要がある

アービトラージをするまでの全体の流れ

アービトラージをするまでの全体の流れ

1.口座開設

口座開設までの流れ

  • 取引所ホームページにて、メールアドレスとパスワードを登録
  • 登録したメールアドレスに、確認用のメールが届くので添付されているリンクをクリック
  • リンク先にて氏名や住所などの個人情報を入力、本人確認書類を写真などで撮影しアップロードする
  • 本人確認用のハガキが自宅に届くので、受け取って口座開設完了!

また、アービトラージでは取引所ごとの価格差を狙うという性質上、できるだけ多くの取引所に登録しておく方が、有利に投資を行うことができます。

teacher

2.価格を確認する

価格確認サイト

CoinGecko(コインゲッコー)

CoinGecko(コインゲッコー)

teacher

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)

上記画像は、ビットコインの現在の取引所や取引価格を示す一覧です。コインゲッコーと比べても取引所の数がさらに多くなっています。

コインマーケットキャップではコインゲッコーと同じように国内と海外の取引所ごとの価格を確認することができるだけでなく、現在の市場トレンドを数値を使って表示してくれるなど優れた機能を持っています。

価格確認用アプリケーション

Cryptopippi (クリプトピッピ)

時価総額のサイトと比べると、アプリはより手軽に確認を行うことができる便利なツールであると言えるでしょう。

  • Binance(バイナンス)
  • bitbank(ビットバンク)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Bitfinex(ビットフィネックス)
  • Bittrex(ビットレックス)
MYCOIN(マイコイン)

また、仮想通貨関連のニュースも配信しているので、仮想通貨のニュースをスマホでよく見ているといった方にもおすすめのアプリとなっています。

3.購入する仮想通貨を選ぶ

値段の開き

差が大きければ、その分大きな利益を狙うことができるからです。

ネットワークの混み具合

ネットワークの混み具合

あまりにナーバスになる必要はありませんが、アービトラージでは送金時間が非常に重要な要素となるので、できる限り各仮想通貨のネットワークの混み具合を確認して、現時点で送金を行うとおよそ何分くらいかかるのかを確認しておきましょう。

手数料を確認する

取引する金額が大きければ、売買手数料はそこまできにする必要はありませんが、少額資金でアービトラージを行う場合には、手数料によっては損失が出てしまうので取引を行う前に確認するようにしましょう。

4.購入した仮想通貨を送金する

送金時には、その仮想通貨のネットワークを通る前に取引所による確認作業が入るため、

5.送金された仮想通貨を受け取り売却する

BOTプログラムもおすすめ

man

と感じた場合は、アービトラージの取引を自動で行ってくれる、BOTプログラムの利用もおすすめします。

teacher

銀行口座も持っておこう

  • 送金が遅れないようにネットワークの混み具合はそれぞれの通貨のサイトで確認する
  • 価格の確認は時価総額ランキングサイトやアプリを使う
  • BOTプログラムの活用やネット銀行の開設も効果的な投資につながる

アービトラージ向けおすすめ取引所

アービトラージ向けおすすめ取引所

アービトラージでもっとも重要なのは、登録している取引所の多さです。

登録している取引所の数が多ければ多いほど、アービトラージではチャンスが増えるため有利になります。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコインの国内取引高No.1の「ビットフライヤー」です。

アービトラージで空売りを交えた同時決済の手法を使いたい方には、非常におすすめとなっていますので、ぜひ活用してみてください。

Zaif(ザイフ)

国内でも随一の仮想通過取り扱い数を誇る「ザイフ」です。

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

東証一部上場企業であるGMOインターネットグループガ運営する高度なセキュリティに守られた取引所となっています。

Bitrrex(ビットレックス)

ビットレックスの魅力はなんといっても、その取り扱い通貨の量の多さにあり、なんと「280種類以上」の仮想通貨を取り扱っています。

Huobi(ヒュービ)

ヒュービは韓国を拠点とした仮想通貨取引所で、世界130カ国以上でサービスを提供しているグローバルな事業展開を行っています。

bitfinex(ビットフィネックス)

Binance(バイナンス)

バイナンスは、アジア最大規模の仮想通貨取引所です。

バイナンスも取り扱い銘柄が非常に多いことから、アービトラージには向いている仮想通貨取引所となっています。

  • 取引所を選ぶ際は取り扱い通貨の多さを基準にする
  • 空売りを使ったアービトラージをする場合はFX取引に対応している取引所を選ぶ

アービトラージ向けおすすめの仮想通貨

アービトラージ向けおすすめの仮想通貨

Bitcoin(ビットコイン)

ビットコインのメリットはなんといっても、その取り扱いしている取引所の数の多さです。

というか、ほぼすべての取引所でビットコインの取り扱いをしています。

Ethereum (イーサリアム)

イーサリアムは、ビットコインに次いで現在時価総額2位の仮想通貨です。

また、ビットコインと同じくさまざまな取引所で基軸通貨としても使われていることから、ほとんどの取引所でイーサリアムを取り扱っています。

Ripple(リップル)

リップルの魅力はなんといっても送金速度の速さです。

なんと1つの送金にかかる時間はわずか4秒となっています。また、1秒間に1500件もの取引を処理することができるため、ネットワークが混み合って送金が遅れる心配もありません

NEM(ネム)

NEMの魅力はなんといっても送金速度にあります。価格変動に左右されない高速送金でアービトラージを円滑に行うことができます。

また、取り扱っている取引所も国内と国外に多数あるため、アービトラージにも非常におすすめの1枚です。

EOS(イオス)

これによって、送金詰まりが起きる心配もなく円滑なアービトラージを行うことができます。

国内での取り扱いはないですが、海外ではほとんどの仮想通貨取引所で取り扱っているため、海外の取引所をメインにアービトラージを考えている方におすすめとなっています。

Litecoin(ライトコイン)

その魅力は送金速度が非常に速いことから、将来的にはビットコインに変わってライトコインが仮想通貨の主流となるのではないかと言われています。

ライトコインは金融庁が出す仮想通貨のホワイトリストにも入っているため、国内の取引所でも取り扱いが多いことから、国内取引所を中心にアービトラージをする方におすすめということができます。

Stellar(ステラ)

リップルが、銀行間の国際送金を解決することを目的として作られたB2B向けの仮想通貨であることに対して、ステラは民間で使うことを目的として作られた仮想通貨です。

Zcash(ジーキャッシュ)

Zcashは匿名系の暗号通貨で、あのJPモルガンがその技術を使うほど優れた性能を持っています。

  • アービトラージで仮想通貨を選ぶポイントは、「送金の速さ」と「取り扱い取引所の多さ」で選ぶ
  • 海外取引所でしか取り扱っていない仮想通貨もあるため、口座の開設をしておけばより柔軟な取引を行うことができる

アービトラージはおもしろい!

最後になりますがアービトラージをする際には、可能な限り取引所に登録してから取引を開始することをおすすめいたします。

【感想・ネタバレ】これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話のレビュー

これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話

2018.17th
この本を手にとったきっかけは仮想通貨の事について詳しく知りたいと思ったからです。ブロックチェーンの仕組みについては、相変わらずよく分からないままですが、この本は単なる仮想通貨の解説本ではなかったことは最後まで読んで分かりました。 ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法
西野亮廣「革命のファンファーレ」でも書かれていた「. 続きを読む お金よりもこれからの時代は信用」の意味がこの本を読んでよく分かりました。仮想通貨とか、トークンは信用を指標化したものの一つに過ぎないのだと。
自分も含めて大多数の日本人が経済を全て円を中心に考えているけど、今後どのくらい、この価値観が変化していくのか、世界的な価値の転換と日本の価値観の乖離が進んでいくのか…。
ページ数は少ないけれどとても読み応えのある良書でした!!

2020.14th
2年ぶりに再読。
思いたって読み返してみました。一時期大流行りした仮想通貨も少し落ち着いてきた感じでしょうか。 ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法
この本で堀江さんが激推ししてたvaluはすでにサービスを停止しましたね。
今後もフィアットが日本人の思考の中心であり続けるのか、仮想通貨とそれによる経済圏がどう進化していくか…気になるところです。

Posted by ブクログ 2018年07月20日

Posted by ブクログ 2021年11月22日

Posted by ブクログ 2021年03月20日

Posted by ブクログ 2020年08月30日

Posted by ブクログ 2020年02月13日

Posted by ブクログ 2019年05月20日

賛否両論あると思いますが、私は良い本だと感じます。
お金とは何か?その本質を追求した時に仮想通貨の立ち位置がどこになるのか?
紙幣=価値?そこを考えさせられました。

Posted by ブクログ 2019年02月02日

Posted by ブクログ 2019年01月14日

Posted by ブクログ 2018年11月03日

堀江さん(@takapon_jp)のお金のお話。
「社会実験を楽しもう。
テクノロジーを信じよう。」

お金に関しては今はまだ時代がテクノロジーにまだ追いついてい. 続きを読む ない現状。
インターネットが世界をフラット化してきたように、仮想通貨が国家を基軸とした中央集権型の通貨システムをぶっ壊すことができるのか。今後の未来を考えるとワクワクしてきます。

Posted by ブクログ 2018年10月25日

・2014年 マウントゴックス事件
ビットコイン取引所経営破綻

・2016年 第2のマウントゴックス事件
The DAO事件 イーサリアムのトークン盗難

2009年
仮想通貨=ビットコイン+アルトコイン
BTC=ビットコイン
BLH=ビットコインキャッシュ
LTC=ライトコイ. 続きを読む ン 取引早い/世界初 4位
→プルーフオブコンセンサスPoC

イーサリアム=スマートコントラクト 2位 ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法
リップル 3位 スムーズ
→2種の法定通貨の両替の手間を減らす
ブリッジ通貨

・2018年 コインチェック NEM盗難
保有口座を分散

★マネーロンダリング=資金清掃 ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法
犯罪によって得たお金をあたかも正当な方法で得た資金と見せかけて、市場で使っても身元がバレないようにすること
追跡できるのは送金の流れとアドレスのみ
追跡できない匿名コインに交換すると不可能

〈通貨の三要素〉
価値の尺度
価値の交換
価値の保存

国際金本位制
(通貨の価値を一定量の金と結びつける)
→固定相場制の金為替本位制
→1971年 ドルショック(ニクソンショック)
変動相場制の金為替本位制
不換紙幣の登場とレバレッジの無限性

・フィアット
国が発行した法定通貨(円やドル)
=不換紙幣(金や銀との交換ができない政府の信用で流通するお金)

・FXとは、 「Foreign Exchange」の略で、正式名称は外国為替証拠金取引

・実体経済
→金銭に対して具体的な対価が伴う経済
資産/金融経済
→資産の移動によってもたらされる利益や利から派生して成り立つ

〈ビットコインの仕組み〉
=分散型台帳技術
10分ごとのデータがブロック→検証

→マイナーに報酬支払って通貨発行される
①公開鍵暗号方式
共通鍵暗号方式=公開鍵+秘密鍵
②P2P
サーバ同士が繋がるのではなく、コンピュータ同士が分散して繋がる(ノード)

・プルーフオブワーク PoW
仕事(マイニング)をした人が報酬を受け取れる
膨大なデータ量の計算によって改ざんが不可能な仕組み

●ソフトフォーク
旧仕様も使えるまま新仕様にする
ルールの厳格化 ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法 ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法
●ハードフォーク
旧仕様を無視して新仕様にする

・カウンターパーティーリスク
相手が煩わすリスク/円やドル
↔︎自分のリスク ビットコインや現物資産

・ディセントラライズド
分権化
↔︎TTP(trustrated third party)第三者機関

●IPO
新規株式上場
株式を発行し、証券会社が介入して投資家に販売
●ICO=トークンセール/パブリックセール
新たにトークンや仮想通貨を発行する際に、すでに市場に流通している仮想通貨で資金を集めること
トークンを発行し、仮想通貨で投資家に販売
→議決権がない
→この方法で資金調達しても買収できない

〈ベンチャーの成長段階〉
シード
→スタートアップ(アーリー)
→エクスパンション(ステージA)
→グロース(ステージB)
→レイター(ステージC)
シード:準備段階
スタートアップ:立ち上げから5年程度の軌道に乗るまで

・NEM=中国版イーサリアム
スマートコントラクト/多機能
POI→参加者の重要度によって報酬を受け取れる/流動性を高めた人を評価対象として報酬を支払う

・ROE
株主資本利益率
資本金を使ってどのくらい利益を得て、株主に還元できたかを図る経営指標

・プライベートセール
一定上の資金力を持つ投資家にのみトークンを売却
パブリックセール

・スプレッド
買値と売値のの差/売買差益
小さいほど利益が大きい

・アーンアウト条項
買収実行後特定の期間において
買収対象とされた事業が特定の目標を達成した場合、買手企業が売手企業に対して買収対価を追加で支払うこととする規定
買収側のリスク分散

・マルウェア
マリシャスソフトウェア
悪意のあるソフトウェアを組み込んだコンピュータウイルス

●ホットウォレット
インターネットに繋いだ状態で管理されるウォレット
→ソフトウェアウォレット
●コールドウォレット
インターネットから隔離された状態で管理されるウォレット
→ハードウェアウォレット、ペーパーウォレット

仮想通貨=
×クリプトカレンシー 暗号通貨
◯クリプトアセット 暗号資産
貨幣を通じて価値を評価できる資産

〈中国〉
キャッシュレス化
ネットサービスや仮想通貨の規制
→独自のデジタル通貨
個人情報(信用度スコア)の一元化管理

●パブリックチェーン
誰もがアクセスできるブロックチェーン
●プライベートチェーン
企業間や企業内で利用する
管理者を設ける必要あり

●中央集権取引所
高速だがハッキングリスクや登録の煩雑さ
●分散型取引所 DEX
手数料高く遅いが登録不要

・アトミックスワップ
取引所などの第三者の監視と仲介が必要なくなり、種類が違う仮想通貨の取引でもユーザー間だけで可能にする仕組み
暗号の仕掛けにより相手の持ち逃げを不可能

・アービトラージ
業者ごとにコインの価格が違うところに注目して、商品の一時的な価格差が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、差額の価格差を設けること
裁定取引


〈クラウドファンディング〉
・寄付型 ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法
・投資型
収益の一部が出資者側に分配
・リターン報酬付きの購入型

Posted by ブクログ 2018年09月09日

難しかったが
これからのお金が仮想通貨に変わりつつあることがわかった。
メルカリだけでもわ経済圏ができている。 ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の実装方法
これからは、遊びと信用が大切

Posted by ブクログ 2018年07月24日

Posted by ブクログ 2018年07月16日

p182 例えばA社が「ブレスコイン」というトークンを発行する。A社のビジネスに興味のある人がブレスコインを買う。するとブレスコインに需要が生まれ、価格が上昇。A社とA社に興味がある人々の間、興味がある人の間だけブレスコインによるやり取り(物やサービ. 続きを読む スの売り買い)が生まれる。このやりとりがトークンエコノミーとなる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる