オプション取引

ヘッジファンドとは

ヘッジファンドとは
世界のおよそ5分の1の人は、経済的に除外されていると言われています。言語の壁、ファイナンシャルリテラシーのなさ、金融機関へのアクセス、貧困…。日本でもファイナンシャルリテラシーが問題になっていますが、それ以前というレベルの人たちが世界にはたくさんいるのです。しかし、技術革新が進み、「Web3.0」の時代が見えてきたとき、世界人口の5分の1の人たち(約16億人)が、経済システムの中に入れるようになるかもしれない、と大きな可能性を感じたんです。

【市況】 NY株式:NYダウ222ドル安、インフレ懸念根強く

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

Horiko Capital Management LLC

  • ・明日の株式相場に向けて=したたかに立ち回る個人投資家 (05/31)
  • ・【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月31日発表分) (05/31)
  • ・★本日の【サプライズ決算】速報 (05月31日)
  • ・人気回復なるか6月IPO、ナスダック反発なら強含み展開に期待も <株探トップ.. (05/31)
  • ・割安さは正義! 見直し機運に乗る「好実態&低PER株」セレクション <株探.. (05/30)
  • ・「サイバーセキュリティ」が9位、デジタルトラスト時代に熱視線<注目テーマ> (05/31)ヘッジファンドとは
  • ・今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第3弾〕35社選出 <成長株特集> (05/29)
  • ・【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月27日現在)
  • ・膨らむ再編思惑、「上場グループ会社解消」で浮上する銘柄群 <株探トップ特集> (05/28)
  • ・本日の決算発表予定 … 伊藤園、内田洋、ダイサン (6月1日)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 前場に注目すべき3つのポイント~センチメント改善によって相対的に出遅れている中小型株を見直す動きも~
  • 今朝の注目ニュース! ★マーチャント、極東開発、ジョイ本田などに注目!
  • ヘッジファンドとは
  • 話題株先取り【寄り付き】:ジョイ本田、極東開発、ユニネクなど
  • ランサーズ---大幅に反発、メタバース空間で学べるハイスキルデジタル人材育成サービスを正式開講
  • 青山商が6日続伸、5月既存店売上高が22.7%増で8カ月連続前年上回る
  • 訪日客受け入れ再開迫る、需要復活で「翻訳ビジネス」に開花宣言 <株探トップ特集>
  • 雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(1) <相場観特集>

人気ニュース【ベスト5】

  • 今朝の注目ニュース! ★マーチャント、極東開発、ジョイ本田などに注目!
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月6日発表分)
  • 雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(1) <相場観特集>
  • 訪日客受け入れ再開迫る、需要復活で「翻訳ビジネス」に開花宣言 <株探トップ特集>
  • 買い局面を迎えた【25日線上抜け】低PER銘柄 32社 <テクニカル特集> 6月6日版

お薦めコラム・特集

  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月7日記)
  • 大谷正之氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(2) <相場観特集>
  • 訪日客受け入れ再開迫る、需要復活で「翻訳ビジネス」に開花宣言 <株探トップ特集>
  • 雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(1) <相場観特集>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China ヘッジファンドとは Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

ゲームでNFTや仮想通貨を稼げる時代に? ヘッジファンドとは 投資と社会貢献を両立する仕組みとは

HACK! THE NEW SOCIETY with &e. より良い未来の作り方

「お金の科学者」として活躍する国際人。1980年、東京・品川で生まれる。両親はパキスタン人。日興シティグループ証券、イギリス系のヘッジファンド、ドイツ証券などでディーラーとして活躍。著書に『毎月5000円で自動的にお金が増える方法』(かんき出版)、『教養としての投資入門』(朝日新書)など。現在はタイ・プーケット在住。Blade Web3 Foundationの創設者であり、ブロックチェーン技術等を活かした複数の企業の経営者でもある。

教養としての投資入門 (朝日新書)

それは、ファイナンシャルリテラシー以前の課題に気づいたから。

世界のおよそ5分の1の人は、経済的に除外されていると言われています。言語の壁、ファイナンシャルリテラシーのなさ、金融機関へのアクセス、貧困…。

日本でもファイナンシャルリテラシーが問題になっていますが、それ以前というレベルの人たちが世界にはたくさんいるのです。

しかし、技術革新が進み、「Web3.0」の時代が見えてきたとき、世界人口の5分の1の人たち(約16億人)が、経済システムの中に入れるようになるかもしれない、と大きな可能性を感じたんです。

伝統的なお金は国が「信用を担保」していますが、ビットコインはコンピューターが「信用を担保」するようにできています。

「信用を担保」する作業が人間からコンピューターに移行することで金融コストが激減するメリットがあると言われていました。

しかし、ふたを開けてみればビットコインも取引コストが高く、その上環境負荷が多大なことが浮き彫りになりました。問題解決の糸口が見つからず、諦めかけていた時に「ヘデラ・ハッシュグラフ」という第3世代ブロックチェーン技術に出会いました。

1秒に数十万回もの取引が可能な上に環境負荷がほぼなく、取引コストが1円未満に抑えられる技術です。1日24時間365日稼働し、書類や店舗、スタッフも不要な金融機関のようなものでしょう。

取引コストが1円未満になったことで日給100円未満の貧困層をも世界経済圏に取り込むことが可能になりました。

今ではインターネットやスマホがなくてもお金の送金が可能になるシステムもアフリカなどで稼働しています。

この「ヘデラ・ハッシュグラフ」という技術を根幹から理解するために2018年に初期メンバーとして加わり、アジア統括責任者に着任しました。

SDGsに貢献する活動、寄付をするとそれに応じたNFTを発行

その後、2021年5月に独立、サミさんはシンガポールに「BLADE財団」という非営利団体を立ち上げました。

例えば日本ではゴミの分別やリサイクルが一般的ですが、このような「世界に貢献」する活動をしたら、その行動を自分のスマホが自動的に判別し、仮想通貨が振り込まれるような仕組みをつくろうとしています。

家にある電化製品の「エコモード」を使ったら、それを電化製品が自動的に判別し、二酸化炭素削減分を仮想通貨としてスマホに送金するシステムも開発中です。

日本のような先進国でも使える技術ですが、私が今住んでいるタイのプーケットのような貧困層がたくさんいるような場所なら、よりその機能を活用できると考えています。

例えば、今私たちがプーケットで進めていることの一つが、経済的な理由などで学校に行くことのできない子どもたちを支援するために、物品を配る活動です。

1セット100ドルの物品パッケージの中身は、5キロの白米、32個の卵、1パックのマスク、鉛筆、消しゴムや定規、英語の教科書など。SDGs1-4の「貧困」「飢餓」「保健」「教育」などの目標に当てはまります。

日本企業でもSDGsに力を入れているところは多いと思いますが、その一環で仮に3万ドルの寄付をいただいたとすると、このパッケージを300個、子どもたちに届けることができます。

さて、SDG1という「貧困をなくそう」という行動をした人のスマホに振り込まれた「SDG1のNFT」にはどんな価値があると思いますか?

もちろん世界に貢献したという意義もありますが、このNFTを購入して換金してくれる人や企業が世界にはたくさんあります。

実際に国連はこのような活動に2030年までに200~300兆円の予算を投じると明言をしています。

この仕組みがあれば、世界人口17億人の人たちを雇用し、「世界をよくする」という「職」に就いてもらい、銀行口座がなくてもスマホに「給料」を送金することが可能になるのです。

ゲームで遊ぶだけで収益が得られる時代に

2022年4月には、このNFTを換金し、恩恵を受け取れるスマホアプリ「Blade Wallet(ブレードウォレット)」をローンチしました。

Blade WalletはWeb3.0の価値を表す仮想通貨やNFTを購入、受領、換金などができるモバイルやウェブに対応しているアプリです。

少し前に、フィリピンでは、子どもから大人まで、NFTゲームをすることでポイントを稼ぎ、フィリピンの最低賃金を上回る収入を得ることも可能になったと話題になりました。

モバイル端末を持っている人がゲームで遊ぶことで、仮想通貨を稼げるようになれば、それによって必要な食べ物や教育を得られるようになる。これも、世界をよりよくするSDGsにもつながります。

おかげさまでローンチ1カ月足らずで4万人もの人にダウンロードされ、すでにたくさんの人たちの「行動の現金化」に貢献しています。

Blade Walletの活用方法は簡単です。例えば、スマホでSlime Worldというゲームをダウンロードすると、そのゲーム内にはBLADEというボタンがあります。このボタンを押すことでゲーム内で稼いだポイントを仮想通貨に変換し、換金することが可能になるのです(Play Storeなどの国設定で遊べないこともあります)。

Funvest(ファンベスト)の評判・口コミは?メリット・デメリットや会員登録の手順も

COZUCHI(コヅチ)

想定利回り2.0%~20.0%、1口1万円から都心や首都圏のマンション等に投資可能、途中解約も可

CREAL

不動産ソーシャルレンディング・オーナーズブック

上場企業運営の不動産投資型クラウドファンディング、1万円から投資可能。ESG投資案件も多数

オーナーズブック

不動産ソーシャルレンディング・オーナーズブック

上場企業グループの不動産特化ソーシャルレンディング、1万円・数ヶ月から投資可能

人気のロボアドバイザーサービス・会社は?

ウェルスナビ

ウェルスナビ(WealthNavi)

10万円から投資可、手数料の長期割あり。口座開設で1000円プレゼントプログラムも実施中

SBI証券

SBI証券

株手数料が1日100万円まで無料!早朝・深夜も取引可、Tポイントで投信が買える、ロボアドも

Sequoia Capital、投資先に52ページからなる「生き残りのためのアドバイス」を公開

Image credit: Sequoia Capital

世界的ベンチャーキャピタルが次々とスタートアップに生き残りアドバイスを投げかけている。先日、Y Combinator が投資先スタートアップに配信したメールに続き、Sequoia Capital も投資先を対象に52ページに及ぶ文書を発表した。Sequoia Capital は2020年3月上旬、新型コロナウイルスの感染拡大が始まった時にも、2008年の大恐慌の話を引用し、危機への対応を求めるメッセージを発信した経緯がある。今回 Sequoia Capital が公開した内容の多くは、複数の VC が言及したものと同様の内容を含んでいる。

2020年3月、新型コロナウイルスの感染拡大でアメリカ経済は低迷期に落ちるも、急速に ヘッジファンドとは V字 回復した。Sequoia Capital は今回はその時のようには早く回復しにくいと見ている。すでに多くの通貨財政政策が施行された状態であり、インフレ長期化や地域的葛藤は政策による解決力を制限しているという。市場の低迷は、消費者の行動、労働市場、サプライチェーンなどに影響を及ぼすと予想され、回復期間ははるかに長くかかるという説明だ。この展望は、10年の好況期が終わったとするベンチャーキャピタル Lightspeed などいくつかの VC の主張にも見られるものだ。

無条件の成長も今後期待できない。Sequoia Capital は ヘッジファンドとは NASDAQ が過去20年間で3番目に大きな下落幅を記録し、多くの高成長株が2年間で成し遂げた成長傾向を失ったことを指摘している。ソフトウェア、インターネット、フィンテック企業の61%が新型コロナウイルスの感染拡大以前のレベル以下で取引されている。ゼロ金利も無くなった。過去2年間、パンデミックからの経済危機を避けるべく金融政策が緩和され資金調達が容易だったが、今は金利が上がっており、資本コストは増加した。また、近年、短期成長するベンチャー投資に参入し、大きな役割を果たした Tiger Global のようなヘッジファンドは、株式市場の下落傾向に向け資本を減らしており、投資家は急速な成長性よりもキャッシュを創出できる収益性のある会社を探している。

Sequoia Capital は、このような市場で企業が生き残るために適応力を育てるようアドバイスしている。現実に直面し、変化に対する準備をしなければならないということだ。支出や雇用をすべて減らす必要はないが、すばやく減らせるようにしなければならない。具体的には、不要なプロジェクト、R&D、マーケティング、その他のコストを減らし、急成長戦略の代わりに計画的拡張とコスト削減に集中しなければならないと言う。

強力なリーダーシップは、困難な時期にさらに重要になる。Sequoia Capital は、CEO にコミュニケーション(Communication)、確信(Convicion)、自信(Confidence)、落ち着き(Calmness)の「4C」リーダーシップの必要性を強調した。自信と落ち着きを身につけ、確信に満ちたコミュニケーションを社内で展開しなければならないということだ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる