海外FXガイド

キャッシュマネージメントシステム

キャッシュマネージメントシステム
提携している大手システム開発会社と連携して、高機能商用CMS導入を支援します。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは?

キャッシュマネージメントシステム アマゾンKindleストアでベストセラー1位の弊社代表著作「小さな会社のWeb集客実戦書(定価1,000円)」の ダイジェスト版(1/3程度の内容を掲載)を無料でプレゼントします! アマゾンKindleストアでベストセラー1位の弊社代表著作「小さな会社のWeb集客実戦書(定価1,000円)」の ダイジェスト版(1/3程度の内容を掲載)を無料でプレゼントします!

  • アマゾンKindleストア『広告・宣伝 』カテゴリー売れ筋トップ100第1位
  • PDF形式なのでKindleがなくても読める
  • 弊社が成果を挙げてきた珠玉のノウハウが詰まった1冊
  • kindle unlimitedなら正式版が無料で読める

“本書の方法を実践した方、結果出ています。”
無料ダイジェスト版を是非お読みください。
詳しくは以下をクリックしてみてください。

“本書の方法を実践した方、結果出ています。”
無料ダイジェスト版を是非お読みください。詳しくは以下をクリックしてみてください。

関連記事 Related article

HP制作(ホームページ制作/WEBサイト制作…

Share

ツイッター フェイスブック LINE

人気記事ランキング Ranking

WEB集客に欠かせない”SEO対策” WEB集客を…

SEO対策の見積依頼前に、WEB担当者必見の予備知…

グルメサイトを使った集客の課題と脱…

集客効果だけじゃない!飲食店がグルメサイトか…

ホッピーの魅力を余すことなく紹介…

ホッピーの魅力!【ブランドストーリー(歴史)か…

集客対策は運営しているオンラインスト…

【コラム】 踏み外すと怖いオンラインストアの集…

SEOの内部対策をする上で基本となる"h…

SEO対策に必須!hタグ最適化の基礎知識と効果的…

刊行本 Book

Amazonストアベストセラー1位!弊社代表著作
『Web集客 実戦書』
ダイジェスト版
無料プレゼント

Webサイト/Webアプリ開発 CMS連携 会員サイト構築

CMSx会員管理システムSPIRAL®
経験豊富なスタッフが構築から運用まで支援

ローコード開発プラットフォーム「SPIRAL®︎」は
金融・製造・小売・学校・飲食・官公庁などあらゆる業界で
導入実績延べ 11,000 社突破!

こんなことで困っていませんか?

  • 会員化して顧客を増やしていきたいが何から始めて良いのかわからない
  • 自分たちで情報発信を行っていきたいが、運用していけるか不安
  • CMSの中で個人情報を管理していくのは不安
  • 個人情報保護の法律に対応したユーザー認証やセキュリティをしっかりしたい
  • GDPRやCookie問題に対応したサイトを作りたい
  • 一つのツールで会員情報管理と各コンテンツの配信などをまとめてやりたい

充実の機能と拡張性の高いAPIで
効果的な施策を実現

コンテンツと会員情報を切り分け
より安全な環境で管理

経験豊富なスタッフが
サイト構築・運営のお悩みを解決

会員データ管理

マイページ

アンケート作成

問い合わせ・情報変更

メール配信

会員向けメールをかんたん作成・配信。
お知らせ・告知やメルマガ等の一斉配信から、HTMLメール、セグメント配信、One to Oneメール、ステップメールなど高度な配信も可能です。専用エンジンで大量・高速配信、高い到達率を誇ります。

CMS連携

セミナー・イベント管理

決済システム/他システム連携

ケーススタディ

お客様 メーカー(大手車ブランド) 課題 コンテンツサイトの運営を行い既存顧客を会員化し囲い込みを行いたいが、オープンソースでの個人情報管理は不安。 解決策 CMSと連携することで、コンテンツと個人情報を別サーバーで管理することが可能。個人情報は官公庁/金融機関でも採用されるSPIRAL®で安全に保管。更に顧客を特定できる情報を活用し、既存顧客のみの会員サイトの構築が行いました。

会員限定コンテンツ

お客様 IT(ソフトウェアテスト・第三者検証サービス) 課題 業界のスタンダートとなる情報を配信、市場の拡大を行いたい。 解決策 会員ステータスに応じて限定のコンテンツを用意し、ターゲットの囲い込みを行い必要な情報の閲覧/配信ができるよう管理。

WordPressとは…CMS初心者もこれさえ読めば簡単理解!

サイト運用お役立ち情報

UI(User Interface/ユーザーインタフェース)とは「ユーザーがPCとやり取りをする際の入力や表示方法などの仕組み」を意味し、UX(User Experience/ユーザーエクスペリエンス)は「サービスなどによって得られるユーザー体験」のことを指します。このUI/UXを考慮したデザイン設計をしっかり行わなければ、たとえSEO対策が上手くいき集客できても、アクセスしたユーザーがWebサイトから出て行って(離脱)しまいます。
WordPressのデザインテーマは無料、有料を含めてたくさんあるため、全体の色やレイアウトをオシャレにするのは比較的簡単です。
ただ、ビジネスのサイトとして「集客力あるデザイン」を作ろうとすると、一定のスキルが必要になってきます。
サービス説明や料金ページ、サービスの流れや事例紹介、お客さまの声やスタッフ紹介等、企業のWebサイトのページには色々なコンテンツがあると思いますが、それらのコンテンツをトップページで分かりやすく紹介し、各ページへとスムーズに誘導する流れを作るのが重要です。
そのようにユーザー導線を設計することによって、自社サービスの魅力が伝えられ、Webサイトに訪れてくれたユーザーから問合せなどのコンバージョンを獲得するというのが「集客ホームページ」の基本戦略になります。

セキュリティ対策が難しい

システムのバージョンアップに注意が必要

電話サポートがない

CMSベンダーも一目置くWordPressのすごいところ

ワードプレスの実力に驚くまねじい

ローカライズ

エディタを入れ替え・拡張できるプラグイン

エディタとは、CMSで実際にテキストや画像などを入力する編集画面で、運用作業の大半を占めるCMSのかなめとなる機能です。
WordPressには標準的なエディタが備わっており、2018年末頃にリリースされたWordPress5.0以降は「Gutenberg」という標準エディタが備わっています。
それまで標準エディタとして使われていた「Classic キャッシュマネージメントシステム Editor」はWord感覚でコンテンツを作成することが出来るのに対して、「Gutenberg」はブロック単位でテキストや画像などのパーツを追加しながらコンテンツを作成することが出来ます。
「Gutenberg」の一番のメリットはブロック毎にカラムを変更できるので、ページ内のレイアウトが簡単に変更できる点です。
ただ、これまでの「Classic Editor」に慣れていたユーザーからは、操作が難しいと敬遠されているのも事実で、「Classic Editor」プラグインを入れてエディタを入れ替えているユーザーも多いようです。
このようにエディタはプラグインで入れ替えることが出来き、また、エディタを拡張できるプラグインもあります。例をあげると、表の挿入やフォントの色の変更などを行える表示項目を追加するようなプラグインです。
このようにWordPressのエディタはカスタマイズすることが出来ます。今回はその中から、入れ替えと拡張それぞれで優れているプラグイン3つをご紹介します。

エディタの入れ替えで優れているプラグイン

エディタの拡張で優れているプラグイン

・HTML Editor Syntax Highlighter

メディアライブラリ

WordPressには投稿に使うための画像・動画・音声などのファイルを保存しておく標準の場所「メディアライブラリ」が用意されています。
メディアライブラリは、以前にアップロードしたメディアを編集・閲覧・削除することができ、メディアを探す際には、検索やフィルタリングの機能も使えて便利です。
メディアライブラリには、ファイルのサムネイルがシンプルに並んだ「グリッドビュー」と、従来から使われているファイルの一覧が並んだ「リストビュー」の2つのビューが用意されています。
この2つのビューは切り替えられることができ、プラグインでさらに使いやすくすることもできます。
「EWWW Image Optimizer」というプラグインは、画像軽量化で人気のプラグインです。
CMSでWebサイトを表示するとページの表示速度が遅くなる傾向にある為、表示スピードが重いと感じたら、このプラグインを使って画像のファイルサイズを小さくすることでサイトの表示速度を上げることができます。
「EWWW Image Optimizer」は新しい画像をアップロードするときに自動でサイズを圧縮するだけでなく、すでにアップしている画像も一括で圧縮できるのが非常に便利なプラグインです。

結局のところプラグインが圧倒的

SITEMANAGEは商用利用を前提としたCMSパッケージになっていますので、アップデートなどのサポートも対応させていただきます。
SITEMANAGEのサポートプログラムを見る

日本語を扱うCMSシェア 2022年1月版

W3Techs.com では、日々の CMS (Content Management System) のシェアとして Usage statistics of content management systems キャッシュマネージメントシステム が公開されています。世界で見ると WordPress 65.3% 、Shopify 6.7% 、Wix 2.9% 、Squarespace 2.7% 、Joomla 2.6% 、Drupal 2.0% のようなシェアになります。

多くのサイトで CMS のシェアについては、この世界でのシェアで語られることが多い状況です。

Distribution of content management systems among websites that use Japanese (日本語を使用するWebサイトにおけるコンテンツマネジメントシステムの分布)

日本国内での CMS キャッシュマネージメントシステム シェアを知るには、 Distribution of content management systems among websites that use Japanese のページに掲載されている情報「日本語を使用するWebサイトのCMSシェア」の方が、より身近なシェアになるのではないでしょうか。日本国内で、こちらの情報が一般的に扱われるようになるまでの間、2022年1月から毎月状況をブログに書いてみることにしました。

どちらにしても WordPress は、断トツの1位で日本国内のシェア 83.8% 世界の 65.3% よりも高い結果となっています。

2位になっている Adobe Dreamweaver に加え JustSystems Homepage BuilderWebSphere Studio は、CMS というより静的ウェブサイトを作るためのHTMLエディターに分類されるところと思われますが、まだまだ CMS が使われていないサイトも多くあるということでしょうか。

3位以降は、EC系の CMS が続きます。海外では 2位 Shopify 6.7% のところ、日本国内では EC-Cube + Shopify + Color Me Shop + MakeShop Japan + Futureshop で 7.7% と ECサイト構築用の CMS としては一択という状況ではないようです。

10位の Jimdo については、協業パートナーの KDDIウェブコミュニケーションズ さんの頑張りで「みんなのビジネスオンライン」から「はじめてWEB」などで利用されています。日本国内では世界で3位の Wix とのシェアが逆転しています。最近の Wix は Editor X という新しいエディタ機能が搭載され私も少し気になっています。

DrupalMovable Type とメジャーな CMS の次に、弊社の a-blog cms が掲載されています。国産CMS ということでもう少し頑張ってシェアを増やしたいところです。

日本国内シェアと世界シェア比較

最後に、2022年1月1日時点の国内シェアと世界のシェアのランキングの表を掲載しておきます。弊社では W3Techs にサイト上に公開されている数値より細かい数字を共有いただいています。( Japanese Share については数字が細かいところまで掲載しました。)

ウェブサイト更新システム(CMS)導入

強固な仕組みでデジタルマーケティングを加速させる

あやとりWordPressの導入

WordPressの基本機能をそのまま使うのではなく、企業サイトの用途にあわせた機能強化や拡張 (プラグインの導入およびカスタマイズ) を施し、提供をしています。

高機能商用CMS導入

提携している大手システム開発会社と連携して、高機能商用CMS導入を支援します。

CMS導入の効果を高めるポイント

CMSのメリットとは一元化であり、その一元化設計が重要

拡張性を意識して段階的に発展させる


拡張性を意識して段階的に発展させる

よくいただくご質問

WordPress (ワードプレス) とは、もともとブログ構築を目的に開発されたソフトウエアです。

  1. 「オープンソース」という開発形態を採っていて、世界中の技術者がボランティアベースで随時開発に関わっている (その結果、 絶えず機能が改善 されている)。
  2. サイトの構成要素、たとえば各種機能やコンテンツなどは、データベースで維持管理されているので、 効率的なサイト運営 ができる。

「WordPressは無料!」という宣伝文句で誤解が多い点はあくまでもベースとなるオープンソース部分が無料というだけで、企業サイトでフル活用するためには専門家の構築技術が必要です。また、WordPressもともとはブログシステムとして開発されたツールであるため、企業サイトに導入するためには、構築経験を積んだ専門家が機能、設計、デザインの各視点において最適化する必要があります。
また、WordPressには便利な機能が追加できるプラグインが多数用意されていますが、仕様環境に適合させてプラグインどうしの相互干渉がないよう導入運用経験が必要です。
そして、システムをのせるテンプレートデザイン/HTMLについては、W3C、JIS基準に鑑みGoogleからの評価を受けやすい品質を満たす必要があります。これらのことを鑑みると、無料だからと言ってレンタルサーバーだけ借りてインストールすればすぐに使い始められるというものではありません。あやとりでは専門家として有償で導入を支援しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる