投資

株価との関係までわかりやすく解説

株価との関係までわかりやすく解説
資産運用

バリュー株ってなに? グロース株ってなに?―そうか~~金利が上がるとそれぞれの動きも変わるんだ!

そしてもう一つは米国長期金利の動き 。
ワクチン が 開発 される 前は、経済活動の低迷と、そしてそういった 環境下 、金融当局の金融緩和政策から米 10 年債の金利は 株価との関係までわかりやすく解説 1 %を割り込む 超低金利 水準 が続きました。
それがワクチンの開発を機に、将来の経済活動の正常化を見越して徐々に長期金利が上昇 し、 今年に入ってから は 1 %を超え、さらに 3 月には 1.5 %を超えました。この米長期金利の上昇 で株式指標の見方が変わることで、株式市場の物色対象も 変わったと いえそうです。

そんなかな、 株式市場では、 バリュー株がどうだ、グロース株がどうだ、 バリュー・グロース(の関係)がどうなった だ、一般の投資家には分かりづらい株式用語でマーケットを解説するコメント も 多くみられるように も なりました。

さて、前置きが長くなりましたが、今回の 「トレーダーふっちー流の投資指標の見方」 は、
バリュー株ってなに?、グロース株ってなに?、それって、実際の株式市場ではどんな動きになってるの? 株価との関係までわかりやすく解説 そんなことを 投資指標の見方をつかってこれまでの株式市場 の動きを 見ていきたいと思います。

まず、教科書的に説明します。
株式投資において 、 主にPER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)などの株式指標を用いて、バリュー株投資、グロース株投資と、個々の株式を、株式指標から大別してバリュー株とグロース株に分けて 投資対象とする ことがあります。
PER や PBR については、 以前のブログ
「トレーダーふっちー流の投資指標の見方」 の 「 日経平均株価の PER が 22.7 倍。えっ? 22 倍って高いんじゃないの? 」や、 「PBRは、なぜ1倍が基準になるの?」 を参考にされて ください。

バリュー株は 割安株 とも呼ばれ ます。
売上げ の伸び率や利益の成長率が低く、利益や純資産などで評価した企業価値と比べると 株価が割安に放置されている銘柄のことを い います。相対的に PER が低く、 PBR も 1 倍前後で、なかには 企業の解散価値より も 株価が安 く 1 倍 を下回っている銘柄 も 多くあります。

グロース株は成長株 とも呼ばれ ます。
売上の伸び率や利益の成長率が高く、今後も高い成長が見込まれる銘柄 のことをいいます。相対的に PER が高く 、 PBR も 数倍と高く、新興企業にいたっては十数倍、数十倍と いう銘柄もあります。

バリュー株のメリットは、株式市場全体が下がるときでも、グロース株と比較して株価の下落率が比較的に小さいことです。PERもPBRも低く、もともと割安に放置されているため、下値抵抗も強 いと考えられるからです。
また、 割安な水準にあることで、売上げの伸び率や利益の成長率が低いとしても、中長期的にはゆっくりとした株価の上昇が期待できることもメリット といえます。

一方で、グロース株のメリットは、株式市場全体が上がるときに、それ以上に株価上昇 期待できることです。
株式はもともとが利益成長に期待して株価が 上下する性格をもっていますから、その期待が大きければ大きいほど、短期間に株価が2倍、3倍に もなる ことがあります。

バリュー株のデメリットは、売上げの伸び率や利益の成長率がグロース株に比べて低いわけですから、すぐに株価が2倍にも3倍になることはありません
中長期の投資が前提ですから、資金が 長い間、 寝てしまうこと だって あります。 注意しなければならないのは、株価が下がってPERもさらに低くなったため、割安だと投資してみたら、実は利益が伸びないどころか減益になってしまったことで株価がさらに下がってしまうという、いわゆるバリュートラップにはまってしまうこと も あり ます。

グロース株のデメリットは、株価が割高に買われている場合も多いことから、ちょっとした売上の減少や財務状況の悪化を理由に株価が急激に下落することが あることです。
その企業の 売上げの伸び率や利益の成長率 が市場の期待に届かなければ、 株価との関係までわかりやすく解説 本来の企業価値に収れんする まで 株価が下落する こと も 株価との関係までわかりやすく解説 考えられます。 株価が短期間で上がったり下がったりすることで 、株価の動きに一喜一憂することもデメリット といえます。

tel

03-5219-6552

2020年9月9日 2021年12月23日 資産運用

投資信託の約定日とはいつのこと?申込日や受渡日との違いは?

資産運用画像

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

投資信託の約定日とはいつのこと?

約定日は売買注文の確定日のこと

約定されるときの基準価額は約定日の価格

約定日と申込日や受渡日の違いとは

投資信託の申込日とは

投資信託の受渡日とは

約定日と申込日と受渡日で注意すべきポイント

年末にNISA枠を上限まで使用するとき

分配金をもらうための取引のとき

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

無料相談はこちら

投資信託の売買が成立するまでの流れ

投資対象が国内の場合

投資対象が国外の場合

投資信託の手続きベストタイミングを学ぶには

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

無料相談はこちら

芦田ジェームズ 敏之

芦田ジェームズ 敏之

【代表プロフィール】
資産規模100億円を超えるクライアントの案件を数多く抱えてきた異彩を放つ経歴から、「富裕層を熟知した税理士」として多数メディアに取り上げられている。 培った知識、経験、技量を活かし、富裕層のみならず幅広いお客様に税金対策・資産運用をご提案している。 現在は代表税理士を務める傍ら、英国国立ウェールズ大学経営大学院に在学中(MBA取得予定)。
英国国立オックスフォード大学ELP修了。東京大学EMP修了予定。
また、Mastercard®最上位クラスで、富裕層を多く抱えるクレジットカードLUXURY CARDのオフィシャルアンバサダーに就任。

◇◆ネイチャーグループの強み◇◆
・〈富裕層〉×〈富裕層をめざす方〉向けの税金対策/資産運用専門ファーム
・日本最大規模の富裕層向けコンサルティング
・国際的な専門家ネットワークTIAG®を活用し国際案件も対応可能
・税理士法人ならではの中立な立場での資産運用

画像

画像

画像

ランキング

資産運用画像

提案画像

定期預金画像

資産運用画像

確定申告画像

定期預金画像

資産運用画像

資産運用画像

株価の写真

bg

資産運用

bg

相続対策

お問い合わせ CONTACT

tel

03-5219-6552

基準価額はどんなときに上がる?投資信託の基準価額を徹底解説

このように自分の保有しているもしくは購入しようとしているファンドは、何に投資していて、どんな時に基準価額が変動するのかをしっかり把握することが重要です。ファンドの目論見書(投資信託説明書)に、投資先や運用方針などの詳しい情報が記載されていますので、改めて確認してみてください。千葉銀行で取り扱っている投資信託については、ホームページの「ファンド一覧から探す」からファンドを選択し、「お申込情報」から目論見書を確認することができます。

2-2.分配金支払い

分配金が支払われるファンドでは、支払われる分配金の分だけ純資産総額が減少するため、基準価額の下落要因となります。分配金は、預金の利息のように元金に加えて別途入金されるものではなく、ファンドが運用している資産(信託財産といいます)の中から支払われるため、その分、純資産総額が減少するのです。このため、分配金の支払いは、投資資金の一部払い戻しに近い性質があります。

2-3.運用費用の支払い

投資信託では、ファンドを運用している投資のプロに支払う運用費用(信託報酬など)があり、こちらも基準価額の変動要因(下落要因)となります。分配金と同じく、運用費用も信託財産の中から支払われるためです。

2-4.変動要因の確認方法

自分のファンドの基準価額がどの要因でどれくらい変動したのかは、ファンドの運用会社が発刊している月次レポートで概要を確認することができます。

<月次レポートの記載例>

株価との関係までわかりやすく解説
項目 2018年7月
①基準価額騰落額 200円
②分配金 -50円
③為替要因 円/ドル 200円
④債券要因 キャピタルゲイン 30円
インカムゲイン 30円
⑤信託報酬等 -10円

3.基準価額以外の評価指標

3-1.純資産総額

そのファンドにどれだけお金が集まっているか、つまりどれだけ人気があるファンドかを知ることができます。この純資産総額が少なくなりすぎてしまうと、運用ができなくなってしまい、ファンドが繰り上げ償還されてしまうこともあります。そうなった場合、運用損益がどうであれ強制的に換金されてしまうので注意が必要です。

3-2.騰落率

騰落率とは、ある期間において基準価額がどれだけ変動したかを表す指標です。こちらも月次レポートで確認することができます。記載例は以下の通りです。

<騰落率の記載例>

期間 1か月 3か月 6か月 1年 3年 設定来
ファンド 2.0% 5.3% -1.5% 1.5% 1.8% 127.1%

3-3.トータルリターン

ファンドの時価評価額(保有口数×基準価額) + 受け取った分配金の合計金額 – 購入時の支払い金額(手数料込み)

投資信託による運用成果は、基準価額の騰落率ではなく、分配金なども考慮したこのトータルリターンで判断する必要があります。

  • 基準価額とは純資産総額を口数で割ったもので、価格(Price)ではなく価額(Value)である。
  • 株価とは異なり1日に1回だけ算出され、新聞やホームページ等で確認することができる。
  • 運用損益だけではなく、分配金や運用費用の支払いでも基準価額は変動するため、月次レポート等で変動要因を把握することが重要。
  • 投資信託は基準価額だけではなく、純資産総額や騰落率、トータルリターンなどほかの指標も含めてチェックする必要がある。

参加無料!お金のセミナー

休日も営業しているちばぎんコンサルティングプラザでは、以下のようなお金に関する様々な疑問・ご相談について、専門のスタッフが分かりやすく丁寧にご説明いたします。

たった7日で株とチャートの達人になるセミナー

楽天ブックスにてお申込み

1967年生まれ。海城高校、東京大学出身。
現在、株式ライター、ファイナンシャルアカデミー「株式投資の学校」の講師。
日興証券に勤めた後、投資顧問会社を数件経て、株式ライターとして15年ほど活動。
『ダイヤモンドZai』には創刊から記者として参加。Zai関連の本を数々執筆担当して、『たった7日で株とチャートの達人になる!改訂版』や『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』などそれぞれシリーズ累計数十万部の大ヒットに。
自身は株価チャートと決算ニュース・会社四季報を組み合わせた数週間~数か月程度のトレードが得意。

株価との関係までわかりやすく解説
タイトル 動画 時間
1日目 まずチャートは“基本ツール”をマスターしよう
―ローソク足、出来高、移動平均線、トレンドラインの実践的な見方・使い方
動画はこちら 約60分
2日目 本当に使える!「チャートパターン ベスト5」 動画はこちら 約60分
3日目 投資の成否を決定づける「売りタイミング」の考え方 動画はこちら 約60分
4日目 意外に簡単に役立つ「テクニカル指標 ベスト3」 動画はこちら 約60分
5日目 ファンダメンタル分析と合わせてゆったり楽しむ「ウィークリー・トレード」 動画はこちら 約60分
6日目 “分足チャート”と“板情報”で「デイトレ」にチャレンジ! 動画はこちら 約60分
7日目 「信用取引」を活用し、下げ相場でも儲けを目指す 動画はこちら 約60分

セミナー内容

1日目 まずチャートは“基本ツール”をマスターしよう
―ローソク足、出来高、移動平均線、トレンドラインの実践的な見方・使い方

  • 開催日:2016年1月28日(木)(約60分)

【ポイント】 株式のチャートをイチからわかりやすく解説します!

2日目 本当に使える!「チャートパターン ベスト5」

  • 開催日:2016年2月18日(木)(約60分)

【ポイント】 株の値動きでよく出現するパターンと、そのパターンで売買のタイミングを解説します!

3日目 投資の成否を決定づける「売りタイミング」の考え方

  • 開催日:2016年3月3日(木)(約60分)

【ポイント】 実は難しい売りのタイミング。売りの目標値の立て方や売りのテクニックを解説します!

4日目 意外に簡単に役立つ「テクニカル指標 ベスト3」

  • 開催日:2016年3月17日(木)(約60分)

【ポイント】 一見難しそうなテクニカル指標。そのテクニカル指標の上手な見方、使い方を解説します!

5日目 ファンダメンタル分析と合わせてゆったり楽しむ「ウィークリー・トレード」

  • 開催日:2016年4月14日(木)(約60分)

【ポイント】 「平日は仕事、週末は投資家」の「ウィークリー・トレード」を解説します!

6日目 “分足チャート”と“板情報”で「デイトレ」にチャレンジ!

  • 開催日:2016年4月28日(木)(約60分)

【ポイント】 デイトレには「デイトレって難しくない?」という疑問があります。その疑問をわかりやすく解決します!

7日目 「信用取引」を活用し、下げ相場でも儲けを目指す

  • 開催日:2016年5月12日(木)(約60分)

【ポイント】 少ない自己資金や相場が悪いときでも儲けを目指す「信用取引」をわかりやすく解説します!

たった7日で株とチャートの達人になる!改訂版

たった7日で株とチャートの達人になる!改訂版

楽天ブックスにてお申込み

おことわり

国内株式のリスクと費用について

■国内株式 国内ETF/ETN 上場新株予約権証券(ライツ)

【株式等のお取引にかかるリスク】

レバレッジ型、インバース型ETF及びETNのお取引にあたっての留意点

  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNの価額の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じたものとは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。
  • 上記の理由から、レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、中長期間的な投資の目的に適合しない場合があります。
  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、投資対象物や投資手法により銘柄固有のリスクが存在する場合があります。詳しくは別途銘柄ごとに作成された資料等でご確認いただく、またはコールセンターにてお尋ねください。

【信用取引にかかるリスク】

【株式等のお取引にかかる費用】

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,株価との関係までわかりやすく解説 013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 株価との関係までわかりやすく解説 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

PBR (株価純資産倍率)とは?計算式を分かりやすく解説!

ビジネスの世界に身を置いていると企業価値○億円とか時価総額○億円といったニュースをよく耳にします。また、将来の資産形成に向け株式投資などを検討したり、あるいはすでに投資を始めていらっしゃる方も多いかと思います。
株価が高いのか安いのか判断する指標のひとつとして、PBR(株価純資産倍率)があります。
PBRとは、株価と1株当たり純資産の額を比較して、株価の割安感や割高感を判断する投資尺度です。
本稿では、まず株価とは何か、企業価値との関係はなにかなどまず基本的なことを解説します。その上で、投資判断の指標のひとつであるPBR(株価純資産倍率)について具体的な計算式なども含めご紹介いたします。

PBR(株価純資産倍率)とは?PBRでなにがわかる?

PBR(株価純資産倍率)とは?

PBRとは、株価が1株当たり純資産の何倍まで買われているか、すなわち1株当たり純資産の何倍の値段が付けられているかを見る投資尺度です。現在の株価が企業の資産価値に対して割高か割安かを判断する目安として利用されます。
[su_box style=”default” title=”【PBRの計算式】” box_color=”#95ccff”]PBR=株価÷(純資産(簿価)÷株式数)[/su_box]

PBR(株価純資産倍率)の計算方法を【例題】で解説

株式数1,000株のA社、B社があります。それぞれの貸借対照表は下図の通りです。株価は両社ともに300円です。どちらの株を買った方が良いでしょうか?

まず、貸借対照表から一株当たりの純資産を計算します。A社は500円、B社は250円になります。株価は300円ですので、A社は割安感、B社は割高感があるといえます。
PBRを計算してみましょう。PBRの計算式を使って両社を計算すると、次の通り、A社のPBRは0.6、B社のPBRは1.2となります。PBRが低ければ低いほど割安感があると判断できます。

PBRで何がわかる?PBRが小さいほど割安!

PBRは経済状況など影響を受け日々変化する

株価は当然ながら刻々と変化しています。当然PBRの変化することになります。それでは、PBRは社会情勢や経済状況のどのような影響を受けてどのように変化するのでしょうか。PBRが小さくなるということは株価が下がることを意味します。
下記グラフは過去20年の市場第一部のPBRの推移を示しています。ITバブルの崩壊やリーマンショックなどで経済状況の悪化した局面では、当然株価は下がり、結果としてPBRも小さくなっていくことがわかります。

【出典】その他統計資料 | 日本取引所グループ – JPXを筆者にて編集

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる