投資徹底攻略

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメント
フィボナッチ61.8

フィボナッチリトレースメントはなぜトレードの根拠と成り得るのか

【 フィボナッチリトレースメントって知ってた? 】
知り合いの弁護士先生から言わせると 『 FXてそんなもんを使うんですか? 』 との事です。
勉強をする方ってのはその過程に出てくるもんなんですかね。
因みにA兄さんはFXを始めるまで知りませんでした。
勉強してきても出てきませんでしたよ?
勉強してきてないってことなのかもね。
要約するとフィボナッチ数列を用いて反発点や反落点を予測可能な範囲で見出そうとするものです。
フィボナッチ数列は算出するための数式がありますがそれは割愛。
だってむつかしいですもん。説明出来ません。
過程が知りたい方は調べると計算式出ます。
ネット社会は便利ですね。
数字で表すと 61.838.2 が代表とされます。
61.8 + 38.2 = 100です。

【 フィボナッチリトレースメントてどんな時に使うの? 】
フィボナッチリトレースメントはチャート上で値が山場( 谷間 )を迎えた時、 そこからどこまで返るのか を考える時に使います。
正直な話、初期の頃はフィボナッチという手法を怪しんでました。
だって、 61.8%で返る とか、 38.2%だから、ってそんなの根拠としてありえますか、って話。
でも、この数字が大きな意味を持つのではなく、 この数字が大きな意味を持つと 定義した と思うと一気に理解できる事象になることに気づきました。 フィボナッチリトレースメント

【 フィボナッチリトレースメントの数値って何かに使われているの? 】
この数値がすごく大事な意味を持って算出されているかには注目してないです。
注目はこの数値だから注目しよう、という目線の 『 側の転換 』 です。
【 だからこの数値ってなにかに使われているの? 】
フィボナッチの数字は『 黄金比 』です。
1:1.618。
この対比が目に美しく映るとされています。
ピラミッド、ピサの斜塔、モナリザの肖像画、はがきの縦横の構成比、かたつむりの殻、山菜であるぜんまいの巻き方、などがその構成だと言われています。

【 つまりどういうこと? 】
この構成比としての数字が大事だというのではなく、 この数字が大事なんだよ? という お約束が大事 なんだと思っています。
このトレードツールがメインツールとなることで市場の多くの目線はこの61.8%と38.2%に注目することになります。

【 具体的にどう使えばいいの? 】
繰り返しになりますが、そもそも61.フィボナッチリトレースメント 8やら38.2やら言われてもピンときません。
ケーキ38.2%ずつ分けよーぜー。
なんのこっちゃ分かりません。
でも、約約2/3ずつわけよーぜーと考えるとなんとなく分かる気がしますよね。
2/3も使っちゃったなーとか、1/3食べたからもうやめておこー。とか。
これならなんだか分かります。
つまり、値の動きを見て ここまできたから反転( 反落 )するんじゃないか。 という目安になります。
そして、その目線が多くなることでこのフィボナッチがより強固なトレードツールとなるわけです。

【 よーし! これで今日から勝ちだね! 】
まぁそんなに甘くもないんですね。
相場にはダマシ等もあります。
そこが着目ポイントなのであれば、仕掛けを用意することも可能です。
何よりもそこがフィボナッチを作るための始点で合ってるのか、という最大の問題もあります。
でも、始点として上手いところに引けた時、そのフィボナッチはとても機能していることに気づくと思います。
つまりそこは 市場が注目しているポイント だということ。
同じ目線で使用するツールとして ホリゾンタルライン もありますがこれは別機会に。

【 その他大勢目線が有効となる 】
これはなんでもそうですね。
トレードにおいては注目点であろうが仕掛け点であろうが大勢が『 そこ 』を見ていることが前提条件となります。
だからこそ素直に動き、仕掛けにはまる。
稼ぎやすく、そして騙される。
伸ばせるところは利を伸ばし、逆行したらなるべく早く損切をする。
全てを包括して考えられるスタイルで構えることが必要となります。

ゴールド(フィボナッチリトレースメント GOLD/XAUUSD)におけるフィボナッチ手法

フィボナッチ手法で反発狙い|FX/GOLD/XAUUSD” width=”1356″ height=”763″ src=”https://www.youtube.com/embed/pk-IbbaTlH4?feature=oembed” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen>

フィボナッチとは

数学者から生まれた手法

正式名称はフィボナッチリトレースメント、またはフィボナッチエクスパンジョンという名称です。
今回の記事では リトレースメント(戻り) の方を取り上げて説明をしていきます。

黄金比を相場の波形にあてはめる

フィボナッチ数列と呼ばれるものがあり、 この比率で構成されたものが美しく見える という考え方があります。

これらの値が トレーダーが見ているチャートにも適用できる というのがフィボナッチリトレースメントです。

相場の波形が形成されているとき、次はどのあたりで反発するかを予測する際に 「このあたりまで来そう」 という無意識的な判断をトレーダーはしています。その 「このあたり」が上記の比率の数値に当てはまる可能性が高い ということです。

チャート実践編

実際にチャートでフィボナッチを適用してみましょう

右端の数字を見ると、先ほどの代表的な数値が記載されていることがわかります。
青い丸で2つの目立つ波形先端を結んだ際に、 次に反発しそうなエリアがおおよそこれらの代表値に集中 してきます。

これはゴールドトレードの経験則ですが、 フィボナッチリトレースメント フィボナッチリトレースメント 「この値で反発しやすい」を順位付けするなら61.8>50.0>38.2 、となります。
私は上位2つのみを採用しているため、フィボナッチ利用時には23.6と38.2は表示させていません。
(設定の変更はチャート上のフィボナッチにて右クリック>プロパティで行えます)

また、反発が38.2あたりまでしか起こらないとき、その相場においては かなりトレンドが強いこと フィボナッチリトレースメント フィボナッチリトレースメント が予想できます。
このように黄金比を活用することで、このように反発しそうなエリアを、漠然とではなく、ある程度 目星をつけて狙いすます ことができます。

他のテクニカル指標との合流はねらい目

こちらの例は、フィボナッチ61.8にて反発が起こっているケースです。
青い丸の箇所に注目して頂きたく、61.8に位置するポイントで ちょうど期間200の移動平均線に触れています 。

このように、単に「フィボナッチで〇〇だから~」という根拠でエントリーをするというよりは、 ほかのテクニカル指標との合流がないか を確認することによってさらにエントリーの質が高まります。

水平線との相性が抜群

こちらは先ほどのフィボナッチリトレースメントの61.8の価格を水平線で延長させたものです。
一度フィボナッチの値にて反発した場合、 先の相場でも意識度が上がる傾向 があります。

「水平線は相場の波形を見てひくから当然」という意見もあると思います。
ですが、「単純に自分が相場波形を見て引いただけの水平線」と 「フィボナッチでも意識されたことを確認した水平線」 では、ダブルチェックが入った後者のほうが意識度が高くなりやすいことは事実です。

有名どころのテクニカル分析は水平線、トレンドライン、チャネルライン、移動平均線が多いですが、 フィボナッチもそれらに負けず劣らず機能します 。トレンド順張りの反発狙いにて、フィボナッチの考えを当てはめて勝率を高めましょう!

フィボナッチリトレースメントを使って未来を予測する方法を紹介

リアルトレード解説

北田式・フィボナッチ・アカデミー

近々、クロスリテイリングさんから 北田式・フィボナッチ・アカデミー というFX商材が販売されそうです。

  • フィボナッチを自動的に引くツール
  • エントリー事前サイン

などのツールがもらえるようです。事前サインって 不動式FX みたいですね。ただし、不動式FXみたいに事前サイン+エントリーサインでは無さそうです。

不動式・FX専業トレーダー・プロフェッショナルスクールを検証します 不動式・FX専業トレーダー・プロフェッショナルスクール(不動式FX) [star-list number=5]を検証レビューします。 ※アクセス過多のため、販売サイトへ[…]

未来を予測するネオ・ジーニアスFXの現在

ネオ・ジーニアスFXという、末永幸樹さんが開発したスイングトレード手法を検証しました。 フィボナッチリトレースメント ここではトレード手法内容や検証結果を随時更新していきます。(12月21日更新) ネオ・ジーニアスFXのサインツールを使ったネオ・ジーニアスF[…]

フィボナッチを使って未来を予測する方法?

MetaTrader4に 標準搭載されていることが多いのに 使いこなせていないトレーダーが多い フィボナッチ。 ここではフィボナッチの定義と フィボナッチファンの使用事例を 解説していきます。 フィボナッチ[…]

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントの引き方

  1. リトレースメントの引き方が合っているか?
  2. どのラインで反発するのか?
  3. 過去の値動きは解釈できるけど未来は?
  • リトレースメントの引き方が合っているか?
  • 過去の値動きは解釈できるけど未来は?

未来を予測するフィボナッチリトレースメントの引き方

  1. 0を起点として
  2. 「押し目」もしくは「戻り」のローソク足を23.6、38.2、50、61.8、78.6のいずれかに合わせる(どれが適切なのかはご自身で探してください)
  3. 100を到達点(決済ライン)とする

[contact-form-7 title="コンタクトフォーム 1_copy"] 先にもらえるインジケーター、バイナリー手法、バルサラの破産確率について説明します 1.Adaptive Cyber Cycle […]

FX情報商材トレーダー オリジナル特典

北田式・フィボナッチ・アカデミーの購入特典?

  • フィボナッチを自動的に引くツール
  • 未来のエントリーライン
  • 未来の決済ライン

[contact-form-7 title="コンタクトフォーム 1_copy"] 先にもらえるインジケーター、バイナリー手法、バルサラの破産確率について説明します 1.Adaptive Cyber Cycle フィボナッチリトレースメント […]

FX情報商材トレーダー オリジナル特典

評価: ●有料商材よりも勝ちやすいです
●こんなに多くの特典をもらうのは初めてで、お得感が半端じゃありません。
●無料の割に期待できそうです(笑)
●驚きと喜びにて、購入して本当に良かったと大満足しています。
●他のサイトで購入してしまったFX商材。。オリジナル購入特典だけ購入できませんか?

【億スキャFX】通貨強弱(mataf)とオリジナル特典(インステッド版)を使ったトレード事例を紹介します

【億スキャFX】通貨強弱(mataf)とオリジナル特典(インステッド版)を使ったトレード事例を紹介します

ドラゴンストラテジーFX そのまま使ってて良いんですか?

ドラゴンストラテジーFX そのまま使ってて良いんですか?

関連する記事

  • 2020年9月10日

【1撃100pips】フィボナッチソリューションver2の実践結果(9/10)

  • 2018年11月29日

モンスタートレンドゾーンFX チャート分析(その14)と、明日までの無料プレゼント

  • 2017年3月4日
  • 2017年3月4日

【あゆみ式FX】損切りと利確【弱点】

  • 2019年11月22日
  • 2019年12月21日

三尊無双FXのインジケーターを使ったユーロドルの最新トレード事例

  • 2020年5月4日

ギャラクシートレンドFX(Galaxy Trend FX)の最新トレード検証とEA化

  • 2017年9月16日
  • 2017年9月17日

FX極 オリジナル購入特典 配布開始

  • 2018年8月22日

K_SwingTradingでほったらかしトレード(8/22)⇒177.1pips

  • 2021年1月6日
  • 2021年1月7日

【+88.7pips】K_SwingTrading_Toolを使った自動トレード結果

コメントを書く コメントをキャンセル

1日で87.7%増加したトレード

【最新検証】FX商材

最新記事一覧

カテゴリー

外国為替証拠金取引は非常にリスクの高い金融商品であり、初期投資額の一部または全てを失う可能性があります。 当ブログは、FX取引の自動売買システム・取引ツールを検証・解説するものであり、 検証のためにWEBで一般公開されているデータを法律に基づいて引用することもあります。 当サイト上の情報が十分に信頼に足ると考えていますが、 当サイト上の情報を用いたことによる、 いかなる損害に対しても補償の責を負いません。 知識、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、自己責任の範囲での行動をお願い致します。

不思議とここで反発する!!フィボナッチ・リトレースメント!!

不思議とここで反発する!!フィボナッチ・リトレースメント!!

米ドル/円4時間足チャート フィボナッチリトレースメント 「Trading View」

どこまで調整するか難しい ですよね。

そんな時、フィボナッチなら 38.2%、50%、61.8%の押しの水準はどこかを計算してみます。

例えば 100pipsの上昇なら38.2pips、50pips、61.8pips 下げたところ(値幅)という意味です。

チャートを見ると 38.2%、50%押しの水準ではあっさりと下抜け、55%辺りの水準で下げ止まり、揉み合っていますね。

61.8%押し では 下ヒゲを付けて反発 し、ここから 上昇再開 となっています。

フィボナッチは、自分で計算しなくても最近ではFX会社のチャートにも描画できるものが多くなってきています。

次の例を見てみましょう。

今度は 米ドル/円の1時間足チャート です。

同じく 上昇トレンドが継続 している場面。

米ドル/円1時間足チャート 「Trading View」

今度は 61.8%押しの水準はあっさり下抜け し、 フィボナッチリトレースメント 78.6%まで押し てきました。

78.6%の水準では下ヒゲを付けて反発 し、ここから 上昇再開 になった場面です。 フィボナッチリトレースメント

次は 英ポンド/米ドルの日足チャート です。

こちらも 上昇トレンドが継続 している場面です。

英ポンド/米ドルの日足チャート 「Trading View」

上記のチャートでは 2箇所で61.8%押しの水準で下げ止まり、上昇再開 しているのがわかるでしょうか。

いずれの足も同じく 下ヒゲを付けて反発 していますね。

反発の足型も同時に学べますね(笑)

次は 英ポンド/米ドルの1時間足チャート です。

上昇トレンドから下降トレンドに転換 フィボナッチリトレースメント する場面です。 英ポンド/米ドルの1時間足チャート 「Trading View」

ヘッド&ショルダー 、日本で言うと 三尊天井 の形となり 下降トレンドに転換 しました 。

足型については、また別の機会にお話ししますね。

ここでも 61.フィボナッチリトレースメント 8%戻しから再下落開始 となっています。

最後にユーロ/米ドルの日足チャートを見てみましょう。

ユーロ/米ドルの日足チャート 「Trading View」 フィボナッチリトレースメント

トレンドの勢いが強い時は、50%(半値)、61.8%押しまでも行かず、38.2%押しで反発して上昇開始します。

実際のチャートを使った検証は以上となります。

フィボナッチ・リトレースメント の内容はいかがだったでしょうか。

フィボナッチで押しや戻しの目安をはかる。

是非エントリー前にあなたもチェックしてみてくださいね。

フィボナッチリトレースメント 今回は 米ドル/円4時間足、1時間足、英ポンド/米ドル日足、1時間足、ユーロ/米ドル日足チャート を使ってみました。

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3つのステップ

ゆん

この記事ではフィボナッチリトレースメントを使って利益を出す手法を紹介します。

FX初心者

今回は フィボナッチリトレースメントを使って3ステップで利益を出す手順を紹介します。

フィボナッチリトレースメントとは

①フィボナッチ数列
②リトレースメント

①フィボナッチ数列とは

建築やデザインの現場でも黄金比がよく使われていて、
Apple社のロゴはフィボナッチ数を直径とした円を使っています。

61.8と38.2がどの時間足でも意識される

フィボナッチ数列によって計算された黄金比は1:1.618という比です。

この61.8%と100%から61.8%を引いた38.2%の数値がFXにおいても意識される数値になります。

フィボナッチ38.2

フィボナッチ38.2

↑↑の画像のラインを見てもらうとわかりますが、上の画像のローソク足は、38.2で折り返しています。

フィボナッチ61.8

フィボナッチリトレースメント フィボナッチ61.8

2つ目の画像のチャートは、61.8のところで折り返しているのがわかりますね。

相場の世界なので、必ずその数値までの戻りが入るわけではないですが、61.8と38.2はかなり意識される数値と見ることができます。

②リトレースメントとは

押し目や戻り目を作るというように表現します。

その押し目や戻り目のだいたいの価格帯を測るのが、フィボナッチリトレースメントです。

押し目・戻り目で初心者さんがする失敗例

ローソク足は斜めの直線で上昇したり、下降したりするのではなく、ジグザグと波を作りながら上がったり、下がったりしています。

ローソク足は波を描く

ローソク足は波を描く

長期足だろうが短期足だろうが、ジグザグと波を作ります。

うまい具合に上昇していきましたが、5分足ではトレンド転換を繰り返すので、上がったと思ったら3分の1くらい押したり、半値押しをしたり、そしてまた上がるというようにジグザグしながら上昇していきます。

微益決済を回避するには、エリオット波動を少しでも理解すると、徐々に利益が伸ばせるようになります。

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3つのステップ

①エリオット波動の1波が出たら、フィボナッチリトレースメントを使って戻りを待つ

②戻りが61.8あたりまで来たら、切上げ、切り下げラインを引いて、ライン抜けエントリー

③フィボナッチリトレースメントを引いて150.0付近に差し値する。

①エリオット波動の1波が出たら、フィボナッチリトレースメントを使って戻りを待つ

フィボナッチリトレースメントの引き方

フィボ引き方

フィボあて方

小さな 赤枠 にカーソルを合わせると「フィボナッチリトレースメントを作成」と出ます。

fiboあて方説明

fiboあて方説明

黒の①から②に向けてフィボナッチリトレースメントを引きます。

フィボ38.2

フィボ38.2

黒①から黒②をエリオット波動の1波と見て、フィボナッチリトレースメントを引いてみると↑↑上の画像のようになります。

ネックライン

ネックライン

1波の下落をとるのは難しいので、 横ライン(赤) のネックラインや ☆印(赤) の安値を下に抜けたのを確認したら、戻りを待ちます。

②戻りが61.8あたりまで来たら、切上げ、切り下げラインを引いて、ライン抜けエントリー

戻りはなるべく61.8くらいまで待ちます。

そうすると早すぎのエントリーを防ぐことができます。

次の画像のように 切り上げライン(緑色) を引きます。

切り上げライン

切り上げライン

切り上げライン(緑色) を下に抜けたらエントリーです。

③フィボナッチリトレースメントを逆に引いて150.フィボナッチリトレースメント 0付近に差し値する。

そうするとローソク足の行き先がほぼわかります。

フィボ150.0

フィボ150.0

①から②にフィボナッチリトレースメントを引いた時は、チャートの下に数値は出てきませんが、 ②から①に引くと、下に数値が出てきます。

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3ステップ

フィボナッチリトレースメントを使った手法は、フィボナッチリトレースメントが勝手にラインを引いてくれるので、とってもラクです。

私も最初は「ダウ理論」「エリオット波動」「グランビルの法則」何のことやら?だったんですが、 ちょっとずつ学んでいくうちにだんだんと繋がっていきました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる