初心者向けFXトレード

バイナリーオプションの両建てとは

バイナリーオプションの両建てとは

そこでHIGHとLOWどちらかの取引を先に入れて、エントリータイミングをずらします。
例えば、HIGHで取引を開始したけど相場を見ていると明らかにレートが下がりそうだ、といった時にLOWで取引をして両建てを開始します。
すると、HIGHで発生する損失をLOWで補てんできるような状況が生まれるでしょう。
両建ては損失を防ぐだけでなく、利益を大幅に上げられる手法でもあります。
HIGHで取引を開始して、相場が思惑通り上昇した。
ただ、相場の転換点が発生してこのままいくと相場が下降しそうだといった時にLOWで取引を開始します。

みんなのバイナリーで両建て戦略攻略法

国内バイナリーオプション

みんなのバイナリーを利用して、両建てで稼いでいく戦略について。今回ご提供するのは、みんなのバイナリーでの両建て攻略法に関する情報です。
洗練された取引ツールや、iPhone・アンドロイド取引アプリの優秀さに定評のあるみんなのバイナリーですが、やはり人気が高くなってきて、利用者も増えているようです。
今回は、そんなみんなのバイナリーを利用した両建て戦略をご紹介します。
実際に、ネット上でも両建てでバイナリーオプション取引を攻略している方が増えているみたいですね。
「両建て」とは投資用語で、相反するポジションを同時に持つことを示します。有名なのは、株式の優待権利取り際にリスクヘッジとして使われる両建てがありますよね。これについては、株式投資をしている方はピンと来るのではないでしょうか?
みんなのバイナリーでのバイナリーオプション取引ではラダーオプションの「ハイ」方向と「ロー」方向の両方のチケットを持つことを示します。
単純に考えると、レートがどちらに動いても、片方が利益になっても片方が損失になるので、プラスマイナスゼロになるのでは?と思われる方もいるでしょう。その考えは間違いではないのですが、ある条件下で行う事で、利益を出す事ができるのです。
それは、チケット購入時のペイアウト率の関係で、状況によっては利益と損失を相殺しても利益が残るようになるのです。なので、両建てが攻略のための戦略として成り立つというわけです。中には、この両建て戦略を「必勝法」として紹介しているサイトもあるようですが、残念ながら、必ず利益になる訳ではありませんので、その点は注意してください。しかし、戦略としては利用価値がある方法なので、理解しておいて損はないと思います。
まず、この両建てで利益が出る条件というのは、相場が大きく動く時。具体例を挙げてみましょう。たとえば、ドル/円が110.0円の時に110.5円のハイ方向のポジションと、109.5円のロー方向へのポジションをとります。この時、みんなのバイナリーの様に、ペイアウト条件の良い業者を使っていると、両方のチケット購入価格の合計が1000円以下になる場合があります。
この後、判定時刻にどちらかに0.5円動けば、1000円から両方のチケットの購入代金を引いた金額が利益として稼げるということになります。
これが、両建て戦略で利益を出すための条件と結果です。しかし、もしも判定時刻に109.6~110.4円の位置にレートがあれば、両方のチケットの合計金額が損失になってしまいます。このため、「必勝法」という事はできません。
ただ、この両建ての勝率が高くなるタイミングというものがあり、その時だけを狙っていくようにすれば、高収益のトレードにすることができるようになります。
そのタイミングとは、重要指標発表時や各国政策金利発表時など、どちらに動くか分からないけれど、ほぼ大きな変動が予測されるイベント時です。
さて、以上が両建て戦略の概要ですが、バイナリーオプションの知識があって、勘の良い方は、「これはレンジアウトオプションと同じでは?」と思われるかもしれません。実はその通りなんです。実はこのみんなのバイナリーの両建て戦略は、突き詰めていくと、ラダーオプションを使ってレンジアウトオプションを組み立てていることとイコールになります。ですから、必勝法ではないことが良くご理解いただけると思います。
しかしながら、単なるレンジオプションと違うのは、みんなのバイナリーはラダーオプションに特化して、そのことでペイアウト率が良くなっていますし、取引ツールが使いやすいので、単純にレンジオプションと同一視できない部分もあります。また、レンジアウトオプションを取引するために、わざわざ別の業者に口座を開いたり、使いにくいプラットフォームを利用したりしたくない、という人にとっても、有効な手段だと思います。なにより、口座に資金を分散せず、集中して運用できるのが強みですね。
以上が、みんなのバイナリーでの両建て戦略の概要です。最初はポジション取り(チケットの買い方)にとまどうことがあるかもしれませんが、慣れてしまえば直感的に操作することも可能ですので、自分のトレードスタイルに合っているかも、と思った方は、是非一度挑戦してみていただきたいと思います。

バイナリーオプションにおける両建てのメリットとは?


両建ては上級者向けの取引方法ですが、上手くいけば損失を減らすだけでなく、大きな利益を上げられる方法にもなるでしょう。 バイナリーオプションの両建てとは
ただし、単純に両建てをしても、小さな損失が積み重なっていくだけであるため、両建てをする場合はある注意点を守らなくてはなりません。


今回はバイナリーオプション内で両建てをする際の注意点と、両建てに利用できるインジケーターをご紹介します。

・両建てをする際は配当の倍率とエントリータイミングに注意する
まず、バイナリーオプション内で両建てをする場合、最初に気を付けるべきポイントは、配当の倍率とエントリータイミングです。
バイナリーオプション内で最もメジャーな取引方法であるHIGH&LOWでは、配当の倍率が1.7倍とか1.8倍に設定されています。
そのため、単純に同じタイミングでHIGHとLOWに両建てをすると、少額ながらも確実に損をするようになるでしょう。


そこでHIGHとLOWどちらかの取引を先に入れて、エントリータイミングをずらします。
例えば、HIGHで取引を開始したけど相場を見ていると明らかにレートが下がりそうだ、といった時にLOWで取引をして両建てを開始します。
すると、HIGHで発生する損失をLOWで補てんできるような状況が生まれるでしょう。
両建ては損失を防ぐだけでなく、利益を大幅に上げられる手法でもあります。
HIGHで取引を開始して、相場が思惑通り上昇した。
ただ、相場の転換点が発生してこのままいくと相場が下降しそうだといった時にLOWで取引を開始します。


上手くいけば、HIGHとLOW両方の利益を獲得できるようになるでしょう。
もちろん、最悪の場合、両方の取引が失敗して大きな損失が発生する可能性もあります。
そのため、利益を倍増させるような両建てをする場合は、取引している相場に対して絶対の自信がある場合に限った方が良いでしょう。
また、両建てをする場合には、取引金額にも気を付ける必要が有ります。
むやみやたらに損失を取り返す目的で利益を得ようとすると、取引金額が天井知らずとなり、いつの間にかとんでもない金額で取引をしてしまうといった事態が考えられます。


そのような事態にならないために、両建てで取引をする場合は、最初に始めた取引と同じぐらいの金額で取引を開始するというようなルールを決めると良いでしょう。

・両建てに役立つインジケーター
両建てに有効的なインジケーターはズバリ、ボリンジャーバンドです。
ボリンジャーバンドは、確率の収束を表すインジケーターであり、相場が上がるか下がるかといった単純な予想をするバイナリーオプションに利用しやすいといった特長があります。
HIGHで取引を開始したが、ボリンジャーバンドでは上部のラインにレートが触れて、相場が転換する兆候が見られる、そこでLOWで取引を開始して両建てを実行するといった具合に戦略が立てられるでしょう。
また、ボリンジャーバンドは、相場の転換点だけではなく、相場のトレンドも読み取れるインジケーターとなっています。
ボリンジャーバンドは、両建て取引において大変有効なインジケーターです。


また、上手く両建てを利用すれば、損失を減らせるだけでなく、利益を大幅に増やせるようになるでしょう。
ただ、両建てを利用する場合は、相場の転換点やトレンドを把握しておく必要が有ります。
その場合は、今回ご紹介したボリンジャーバンドというようなインジケーターを使って、エントリータイミングを考えては如何でしょうか?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる