FX入門〜初心者におすすめ

レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算

レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算
1 流動性資産価値 = [有価証券:(現金合計 + 株式価値 + 有価証券オプション価値 レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算 + 債券価値 + ファンド価値) + コモディティ:(現金合計( 先物の損益を含める) + コモディティのオプション価値)]

ETFの概要

下図のように、原指標であるTOPIX(東証株価指数)が一方的に上昇する局面を考えます。このとき、「TOPIXレバレッジ(2倍)指数」の日々の変動率は、原指標の日々の変動率の2倍を達成しています。
しかしながら、2営業日以上離れた日(基準日→2日目)と比較してみると、TOPIX(東証株価指数)が15.5%上昇(100→115.5)したのに対し、「TOPIXレバレッジ(2倍)指数」は32%上昇(100→132)しており、その変動率は原指標の変動率の完全な2倍にはなりません。
このようにレバレッジ型指標は、相場の上昇局面においてより大きなリターンを狙うことが可能ですが、2営業日以上離れた日と比較した場合は、想定した変動率(原指標の2倍)とは異なる上昇率となってしまう点、そして、投資期間が長期になればなるほど、原指標の変動率とレバレッジ型指標の変動率の乖離が大きくなる可能性が高まる点に留意が必要となります。

原指標が上昇局面にある場合

<例2.原指標が下落局面にある場合>

次に、下図のように原指標であるTOPIX(東証株価指数)が一方的に下落する局面を考えます。このとき、「TOPIXレバレッジ(2倍)指数」の日々の変動率は、やはり原指標の日々の変動率の2倍を達成しています。
しかしながら例1と同様に、基準日から2日目にかけての変動率を見ると、TOPIX(東証株価指数)が14.5%下落(100→85.5)したのに対し、「TOPIXレバレッジ(2倍)指数」は28%下落(100→72.0)しており、その変動率は原指標の変動率の完全な2倍にはなりません。
このようにレバレッジ型指標は、相場の下落局面においては原指標よりも大きく下落していきますが、2営業日以上離れた日と比較した場合は、想定した変動率(原指標の2倍)とは異なる下落率となってしまう点、そして、投資期間が長期になればなるほど、原指標の変動率とレバレッジ型指標の変動率の乖離が大きくなる可能性が高まる点に留意が必要となります。

原指標が下落局面にある場合

<例3.原指標が上昇・下落を繰り返す場合>

次に、下図のように原指標であるTOPIX(東証株価指数)が上昇・下落を繰り返す局面を考えます。このときも、「TOPIXレバレッジ(2倍)指数」の日々の変動率は、原指標の日々の変動率の2倍を達成しています。
しかしながら、TOPIX(東証株価指数)は上昇・下落を繰り返しながらも3日目に基準日と同じ水準(100→100)に戻っているのに対し、「TOPIXレバレッジ(2倍)指数」は複利効果が働くため、100→98.6と基準日と同じ水準に回復していません。
このように、相場の方向感が定まらず、原指標が上昇や下落を相互に繰り返した場合、レバレッジ型指標は複利効果によって、原指標と比較してパフォーマンスが逓減して行くという特性がありますので留意が必要です。

原指標が上昇・下落を繰り返す場合

<例4.商品の市場価格がストップ高となった場合>

次に、下図のように「TOPIXレバレッジ(2倍)指数」が上昇し、その結果商品の市場価格が当日の呼値の制限値幅の上限値段(いわゆるストップ高)まで上昇する局面を考えます。同日の市場価格はそれ以上上昇しませんが、「TOPIXレバレッジ(2倍)指数」の値動きには呼値の制限値幅のような制限がないため、市場の制限値幅に関わらず上昇することがあります。そのような場合、商品の理論価格は、連動指標である「TOPIXレバレッジ(2倍)指数」に応じて上昇しますが、市場価格は呼値の制限値幅により上限値を超えては変動しませんので、商品を理論価格に近い価格で売買することが出来ない場合があります。
このような市場価格と理論価格との乖離は、レバレッジ型指標に連動する商品に限らず他のETFにも発生する可能性がありますが、原指標の変動率を増幅した指標であるレバレッジ型指標に連動する商品は、変動率を増幅していない指標に連動するETFに比べ市場価格及び理論価格の値動きが大きく、その結果市場価格がストップ高となり、理論価格と市場価格の乖離が発生する可能性がより高くなるため留意が必要です。
なお、このような市場価格と理論価格との乖離は、一般的には理論価格が商品の呼値の制限値幅内の値に戻った際には解消されると考えられます。

商品の市場価格がストップ高となった場合

<例5.商品の市場価格がストップ安となった場合>

最後に、下図のように「TOPIXレバレッジ(2倍)レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算 指数」が下落し、その結果商品の市場価格が当日の呼値の制限値幅の下限値段(いわゆるストップ安)まで下落する局面を考えます。同日の市場価格はそれ以上下落しませんが、「TOPIXレバレッジ(2倍)指数」の値動きには呼値の制限値幅のような制限がないため、市場の制限値幅に関わらず下落することがあります。そのような場合、商品の理論価格は、連動指標である「TOPIXレバレッジ(2倍)指数」に応じて下落しますが、市場価格は呼値の制限値幅により下限値を超えては変動しませんので、商品を理論価格に近い価格で売買することが出来ない場合があります。
このような市場価格と理論価格との乖離は、レバレッジ型指標に連動する商品に限らず他のETFにも発生する可能性がありますが、原指標の変動率を増幅した指標であるレバレッジ型指標に連動する商品は、変動率を増幅していない指標に連動するETFに比べ市場価格及び理論価格の値動きが大きく、その結果市場価格がストップ安となり、理論価格と市場価格の乖離が発生する可能性がより高くなるため留意が必要です。
なお、このような市場価格と理論価格との乖離は、一般的には理論価格が商品の呼値の制限値幅内の値に戻った際には解消されると考えられます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる