元トレーダーが解説

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメント
最大 57,000円 キャッシュバック( +5,000円UP

株価はフィボナッチ・リトレースメントで予測できる…

2020年初め、好調だった株価がコロナ禍で一転し、大暴落し、今はその戻りを試している段階であることを我々投資家は知っています。チャート分析の定番であるフィボナッチ・リトレースメントでは、その株価の行方を予測することができます。
フィボナッチ・リトレースメントとは、株価や為替など、高値と安値の値幅にフィボナッチ比率をかけて、どこがサポートか、レジスタンスになるかを判断するものです。この「フィボナッチ比率」は「黄金比率」とも呼ばれています。
相場は一方的に進むことはなく、必ず「押し目」や「戻り」を作る特性があるため、あらかじめフィボナッチ・リトレースメントを計算することで、反転する可能性を予測できます。これによって、トレードの戦略・戦術が立てやすくなります。
株式相場では、トレンドが発生した時に「半値戻し」とか「3分の1戻し」とかいう言葉が用いられますが、それと同じように、フィボナッチでは「38.2%戻し」、「50.0%(半値戻し)」、「61.8%戻し」などの比率が重要視されることが多いです(上昇のあとの下落局面では、「戻り」ではなく「押し」という言葉で表現されます)。
何故、フィボナッチ・リトレースメントが重要視されているのか。それは、株価などの値動きは、世界中の投資家の思惑や考えが反映された結果であり、いわば集団心理を織り込んだ、ある種の芸術作品にたとえられるようなものであり、同時に、そのフィボナッチ数列が過去のチャート分析に於いて、当たっていることが多いことから、チャート分析の定番として多くの投資家に利用されています。
そうした観点で、チャート分析すると、日経平均株価の年初来高値は、2020年1月17日に付けた24,115円で、そこからコロナ禍で大暴落となり、2020年3月19日には最安値の16,358円を付けています。
左サイドバー上段(PCビュー)に設置しているフィボナッチ・リトレースメントの計算ツールをお試しください。株価のみならず、為替や原油相場にも使えます。数字は半角で入力してください。
フィボナッチ・リトレースメントで予測した結果は、推定値a:高めなら、61.8% 戻し値: 21,151円、推定値b: フィボナッチリトレースメント 半値戻しなら、50.0% 戻し値: フィボナッチリトレースメント 20,236円、推定値c:低めなら、38.2% 戻し値: 19,321円となります。3月20日の時点で、今のこの状況は可能性として、予測できていました。
今は、大暴落からのまさに反発局面となりますが、5月1日の終値が19,619円なので、戻りの弱い水準を少し超えた段階と言えます。4月30日には半値戻しに近い20,193円を付けています。まさに、ゴールデンウイーク明けが正念場となります。
仮に19,000円を割るようなことがあれば、再び下方向が意識されます。61.8%戻しの21,000円を目指してほしいと思います。

フィボナッチリトレースメントをマスターするためのガイド

フィボナッチリトレースメントをマスターするためのガイド

トレーダーが将来の価格行動を試して予測するために使用できる テクニカル分析(TA) ツールと指標 は幅広くあります 。 これらには、 ワイコフ法 、 エリオット波動理論 、または ダウ理論 などの完全な市場分析フレームワークが含まれる場合があります 。 また、 移動平均 、 相対力指数(RSI) 、 ストキャスティクスRSI 、 ボリンジャーバンド 、 一目の雲 、 放物線SAR 、 MACD などの指標にすることもでき ます。

フィボナッチリトレースメントとは何ですか?

フィボナッチリトレースメント(またはフィボナッチリトレースメント)は、テクニカルアナリストやトレーダーがチャート上の関心領域を予測するために使用するツールです。 彼らはパーセンテージとしてフィボナッチ比率を使用することによってそうします。 フィボナッチリトレースメントツールは、13世紀に数学者レオナルドフィボナッチによって識別された一連の数字から派生しています。 この文字列はフィボナッチ数列と呼ばれます。 このシーケンスの数値間の特定の数学的関係により比率が作成され、それがグラフにプロットされます。 これらの比率は次のとおりです。

トレーダーがこれらのパーセンテージをどのように使用できるかについてよく話し合いますが、重要な点は、トレーダーによって概説されたレベルが市場の重要なレベルと相関している可能性があるということです。 価格チャートにプロットすると、フィボナッチレベルを使用して、 サポート 、 レジスタンス 、リトレースメントエリア、エントリーポイント、出口ターゲット、 ストップロス レベル などの関心のあるエリアを特定でき ます。

フィボナッチリトレースメントの計算方法

これらのパーセンテージはすべてのフィボナッチリトレースメントツールで同じであるため、 手動で 何か 計算 する必要はありません 。 ただし、それらを取得する方法は、フィボナッチ数から始めることです。

最初のいくつかの数値を除いて、数値をそれに続く数値で割ると、常に0.618に近い比率が得られます。 たとえば、21を34で割ると、0.6176になります。 そして、数値を右側の2つの場所で見つかった数値で割ると、0.382に近い比率が得られます。 たとえば、21を55で割ると、0.3818になります。 フィボナッチリトレースメントツールのすべての比率(50%を除く)は、この方法を含むいくつかの計算に基づいています。

フィボナッチ数列と黄金比

前述のように、フィボナッチ数列は13世紀に数学者レオナルドフィボナッチによって識別されました。 黄金比(0.618%または1.618%)は、これらの数値から導き出される数学的比率です。 しかし、なぜそれがそれほど重要な数なのですか?

さらに、芸術家、エンジニア、デザイナーが何世紀にもわたって、見た目に美しい作品を作成するために使用していました。 ピラミッドからモナリザやツイッターのロゴまで、多くの有名な芸術作品やデザインは、何らかの形で黄金比を使用しています。 結局のところ、この比率は金融市場でも重要である可能性があります。

フィボナッチリトレースメントの使用方法

通常、ツールは、高値と安値など、2つの重要な価格ポイントの間に描画されます。 この範囲は、さらに分析するための基礎として使用されます。 通常、このツールは範囲内のレベルをマッピングするために使用されますが、範囲外の重要な価格レベルへの洞察を提供する場合もあります。

通常、この範囲は、基礎となる傾向に従って描画されます。 したがって、上昇トレンドでは、最低点は1(または100%)になり、最高点は0(0%)になります。 上昇 トレンドを超えてフィボナッチリトレースメントラインを描くことにより、トレーダーは 、市場が リトレースメントを 開始した場合にテストされる 可能性のある潜在的な サポート レベルの アイデアを得ることができます 。

フィボナッチリトレースメントをマスターするためのガイド

逆に、下降トレンドの間、最低点は0(0%)になり、最高点は1(100%)になります。 価格は下降傾向にあることに注意してください。 したがって、この場合のリトレースメントとは、下からの動き( バウンス )を 指し ます。 この文脈では、フィボナッチリトレースメントツールは 、市場が上昇し始めた場合の 潜在的な 抵抗 レベル への洞察を提供する可能 性があり ます。

フィボナッチリトレースメントをマスターするためのガイド

フィボナッチレベルがトレーダーに伝えること

いくつかの戦略は、2つの特定のフィボナッチレベルの間の範囲で利益を上げることを含みます。 たとえば、上昇トレンドとそれに続くリトレースメントについて考えてみます。 38.2%のリトレースメントレベルで購入し、次に23.6%レベルで販売することは、興味深い戦略になる可能性があります。 もちろん、これは個々の戦略や他の多くの技術的要因に大きく依存しています。

フィボナッチレベルは、 エリオット波動理論 と 組み合わせて、 波動構造と潜在的な関心領域との相関関係を見つける こともよくあり ます。 これは、特定の市場構造のさまざまな波におけるリトレースメントの範囲を予測するための強力な戦略になる可能性があります。

他の手法と同様に、フィボナッチリトレースメントツールは、他の テクニカル分析 指標 と組み合わせると最も強力になり ます。 それ自体では買いまたは売りのシグナルではないかもしれないものは、他の指標によって確認された場合、1つに変わる可能性があります。 そのため、価格が特定のフィボナッチレベルに達すると、逆転する場合と逆転しない場合があります。 したがって 、 市場環境 やその他の要因を考慮し ながら、 リスク を 管理することが 不可欠 フィボナッチリトレースメント です。

フィボナッチエクステンション

前述のように、フィボナッチレベルは、リトレースメントまたはバウンス領域の評価に使用できます(下のアニメーションの1番)。 しかし、それに加えて、フィボナッチ数列は、現在の範囲外の潜在的に重要なレベルを測定する方法としても使用できます。 これらは拡張レベルと呼ばれます(番号2を参照)。

フィボナッチリトレースメントをマスターするためのガイド

フィボナッチエクステンションレベルは、潜在的な取引ターゲットと見なされる可能性があります。 各トレーダーは、ターゲット(または複数のターゲット)として異なる拡張レベルを選択できます。 最初の拡張レベルは138.6%、150%、および161.8%であり、次に261.8%および423.6%です。 したがって、フィボナッチ拡張レベルは、次の価格変動が発生する可能性のある領域を示している可能性があります。

結びの考え

ただし、すべてのテクニカル指標と同様に、価格アクション、 チャートパターン 、および指標の 間の関係は 、科学的原理または物理法則に基づいていません。 そのため、フィボナッチリトレースメントツールの有用性は、それに注意を払っている市場参加者の数に関連している可能性があります。 したがって、フィボナッチリトレースメントレベルが必ずしも具体的なものと相関しているとは限らない場合でも、関心のある領域を予測するためのツールとして機能する可能性があります。

フィボナッチ・リトレースメント入門ガイド

フィボナッチ・リトレースメント (またはFibリトレースメント) は、テクニカルアナリストやトレーダーがチャート上の関心領域を予測するために使用するツールです。フィボナッチ比率をパーセンテージとして使用するのです。Fibリトレースメントツールは、13世紀に数学者レオナルド・フィボナッチ氏によって特定された数列に由来しています。この文字列はフィボナッチ数列と呼ばれています。この順番に並んだ数字の間にある数学的な関係から比率が生成され、それをチャートにプロットしていきます。これらの比率:

フィボナッチ・リトレースメントの計算方法

最初の数個を除いて、ある数字をその後に続く数字で割ると、必ず0.618に近い比率になるのです。例えば、21を34で割ると、0.6176となります。また、ある数字を2つ右にある数字で割ると、0.382に近い比率になります。例えば、21を55で割ると0.3818になります。フィボナッチ・リトレースメント・ツールのすべての比率 (50%を除く) は、この方法を含む何らかの計算に基づいています。

フィボナッチ数列と黄金比

前述の通り、フィボナッチ数列は13世紀に数学者レオナルド・フィボナッチ氏によって確認されたものです。黄金比 (0.618%、1.618%) は、これらの数字から導かれる数学的比率です。でも、なぜそんなに重要な数字なのでしょうか?

フィボナッチ・リトレースメントの使用方法

一般的に、この範囲は基本的なトレンドに従って描かれます。つまり、上昇トレンドの場合、下値は1 (100%)、上値は0 (0%) となります。上昇トレンドの上にフィボナッチ・リトレースメント・ラインを引くことで、トレーダーは、市場が後退し始めた場合にテストされる可能性のあるサポートレベルを認知することができます – したがって、リトレースメントという用語が存在します。

逆に、下降トレンド時は、下値が0 (0%)、上値が1 (100%) となります。価格は下降トレンドにあることに注意してください。つまり、この場合のリトレースメントとは、底値 (バウンス) からの変動を指しているのです。その中で、フィボナッチ・リトレースメント・ツールは、市場が上昇し始めた場合、潜在的な抵抗レベルについての洞察を提供することができるかもしれません。

フィボナッチを使った、相場の反転と転換点の求め方とは

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな フィボナッチリトレースメント く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (フィボナッチリトレースメント ※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

【FX過去検証】フィボナッチリトレースメント反発の検証結果!

フィボナッチリトレースメント,反発

最大 57,000円 キャッシュバック( +5,000円UP

当サイト限定!最大 53,000円 キャッシュバック( +3,000円UP

当サイト限定!最大 57,000円 キャッシュバック( +3,000円UP

当サイト限定!最大 505,000円 キャッシュバック( +5,000円UP

最大 30,000円 キャッシュバック

最大 30,000円 キャッシュバック

最大 30,000円 キャッシュバック

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる