実体験

テクニカル指標でタイミングを見抜く

テクニカル指標でタイミングを見抜く
出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

三角持ち合いとは?

三角持ち合いとは?

日本FP協会認定 CFP®、合同会社clientsbenefit 代表、FP相談ねっと認定FP、SG中越代表
<プロフィール>
25歳でお金の知識・営業経験ゼロから保険営業の世界に飛び込み6年半従事。2年目に将来の資産形成のため金融知識が必要なことに気が付き、FPの勉強を始めて金融・経済の知識を学ぶ。その後、保険に限らずあらゆるお金の面でクライアントにとってベストな提案をしたいという想いで、商品販売ではなく相談業務を開始。2013年より資産形成の考え方に関するセミナーを自主開催。その他、大手金融機関からの委託により実施。現在は小規模事業者の年金や資産運用のサポートを中心に相談・経営支援の業務に携わり、確定拠出年金など起業家の将来の資産形成と経営のサポートを行っている。投資信託や資産形成の分野を得意としている。

iDeCoって何?

現物取引って何?

仕組債ってなに?

為替ヘッジとは?

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

FX で勝つための テクニカル指標でタイミングを見抜く 移動平均線 活用法

一般的にローソク足を用いて価格変動を確認しますが、ローソク足だけでは、特に初心者の場合、細かい上げ下げを繰り返す価格変動からトレンドを見抜くのは難しいものです。
今、相場は「上昇トレンド」なのか、それとも「下降トレンド」か、あるいはトレンドが出ていないのか。相場に出現するトレンドをしっかりと見抜くことが、相場で利益を出すための重要なポイントなのです。
では、「初心者でも価格変動からトレンドを上手に見抜くためにはどうすれば良いのか?」という疑問を感じると思いますが、そこで役立つのが、 移動平均線 なのです。

移動平均線 を使うメリットとは?

【1】 価格変動をなめらかにする
【2】 ある期間に売買した人がどれくらい稼いだのか、損をしたのか分かる

移動平均線 でのエントリーポイント

移動平均線 は、テクニカル分析の中でも「エントリーポイント」が比較的発見しやすいという特徴があります。
移動平均線 を使ったエントリーポイントとは、 移動平均線 と価格が交差した局面であり、その時、買いのエントリーポイント(買い場)を“ゴールデンクロス”、売りのエントリーポイント(売り場)を“デッドクロス”といいます。

どのように 移動平均線 と価格が交差すると、ゴールデンクロスなのか、あるいはデッドクロスなのか。
そして、なぜそれが買い場なのか、売り場なのか、というとこまで理解することが、 移動平均線 でエントリーポイントを探すうえで重要となります。
それでは、「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスは、価格が 移動平均線 を上抜いた時、または、短期 移動平均線 (5日や10日)が長期 移動平均線 (20日、25日、50日、100日、200日など)を下から上抜いた時です。


なぜ、ゴールデンクロスは買いエントリーのポイントなのか

デッドクロス

デッドクロスは、価格が 移動平均線 を下抜いた時、または、短期 移動平均線 が長期 移動平均線 を上から下抜いた時です。


なぜ、デッドクロスは売りエントリーのポイントなのか

移動平均線 を活用した具体的なトレード戦略

移動平均線 を活用することで、「ゴールデンクロス」「デッドクロス」から買い場、売り場を見抜きやすくなることを解説しました。
しかし、ゴールデンクロスとデッドクロスは必ずしも正しいエントリーポイントを示すわけではなく、しばしば“ダマシ”と言われる誤ったエントリーポイントを示す場合があります。

さらに、 移動平均線 を使ったエントリーポイントの見抜き方は、 移動平均線 を2本使ってゴールデンクロスとデッドクロスを探す方法だけではありません。
移動平均線 を3本使った『 移動平均線 大循環分析』という、究極の 移動平均線 分析法があります。何だかとても難しそうな手法に感じるかもしれませんが、キーポイントをしっかりと押さえれば使いこなせるようになります。
そして、そのキーポイントをあなたに分かりやすく伝えてくれるのは、投資の学校の専属講師を務める小次郎講師です。

勝てる投資家を育成する達人



移動平均線 の3本使い「 移動平均線 大循環分析」

テクニカル指標でタイミングを見抜く

移動平均線 大循環分析は、短期、中期、長期の3本の 移動平均線 を使って、「買い」が確率的に有利な局面、「売り」が確率的に有利な局面、つまりエッジ(優位性)のある局面を簡単に見抜くことができるテクニカル指標のことです。
短期、中期、長期、それぞれの 移動平均線 のパラメーターですが、小次郎講師は基本値として、

・短期=5日 移動平均線
・中期=20日 移動平均線
・長期=40日 移動平均線

としています。
このパラメーターの値は、大循環分析によって見つけたエッジのある局面と、実際の値動きのズレを観察して、 移動平均線 の日数を短くしたり長くしたりして、エッジが発生するタイミングを自分で調整していきます。

移動平均線 大循環分析の一番の特徴は、大相場を逃さずに利益を狙うことができる点です。
投資では、100%勝てる方法は無く、勝ったり負けたりを繰り返しながら、トータルで利益を上げることが大切です。そのために重要なことは、損失を最小限に抑えることと、大きなトレンドが出た時に、利益をしっかりと取ることです。

そんな 移動平均線 大循環分析で肝となるのが、3本の 移動平均線 (短期、中期、長期)の並び順です。3本の 移動平均線 の並び順は、次の6通りあります。

※上から並べた時の順番です。

①短期→中期→長期
②中期→短期→長期
③中期→長期→短期
④長期→中期→短期
⑤長期→短期→中期
⑥短期→長期→中期

移動平均線 大循環分析の6つのステージ

移動平均線 テクニカル指標でタイミングを見抜く 大循環分析のキーポイントである、①~⑥の 移動平均線 の並び順には、次の図の様な法則があります。

価格変動によって、3本の テクニカル指標でタイミングを見抜く 移動平均線 の並び順は変化していきますが、基本的に(7割くらいの確率で)上図の矢印の方向(正順)で循環していきます。
残り3割の確率は、逆方向(逆順)に動くことがありますが、それは一時的なものであり、最終的には正順に戻ります。また、ステージ変化の推移は、正順でも逆順でも必ず一段階ずつ変化していきます。
つまり、①~⑥の各ステージの 移動平均線 の並び順をすべて理解することで、次の展開を先読みできるようになります。

この6つのステージの中で、特に注意が必要なのが、ステージ①ステージ④です。それぞれ確認してみると、ステージ①は上から「短期→中期→長期」の並び順です。
ステージ①のとき、3本の線がすべて右肩上がりに推移しているとき、 買いのチャンスとなります。
また、ステージ④は上から「長期→中期→短期」の並び順であり、3本の線がすべて右肩下がりに推移しているとき、 売りのチャンスとなります。
なぜ、ステージ①が買いのチャンスで、ステージ④が売りのチャンスなのか。

上図から分かるように、パラメーターが短い 移動平均線 の方が動きが速いため、上昇トレンドが発生すると、ステージ①の並び順へと推移していきます。そのため、ステージ①が買いのチャンスのある局面となります。

また、こちらの図のように下降トレンドが発生するときは、短い 移動平均線 から速く下降していくため、ステージ④の並び順になります。そのため、ステージ④の局面が売りのチャンスとなるのです。
それ以外の4つのステージでは、上昇トレンドから下降トレンド、または下降トレンドから上昇トレンドへの転換する局面、あるいはもみ合いの局面にあたります。
では、それぞれのステージで一体どのような戦略を持ってトレードをすれば良いのか、または気を付けないといけないのか。そんな疑問を感じる人が多いかもしれませんが、小次郎講師は各ステージごとに適したトレード戦略を導き出しました。


早仕掛けと試し玉のタイミング

大循環分析における早仕掛けのポイント

●ステージ5、6のとき3本の 移動平均線 すべてが右肩上がりのとき
●ステージ1のとき短期線と中期線は上昇、かつ長期線が横ばいのとき
●ステージ6で短期線と中期線が上昇、かつ長期線が横ばいのとき

大循環分析における試し玉のポイント

●ステージ5で短期線と中期線が上昇、かつ長期線が横ばいのとき
●ステージ6、1のとき短期線が上昇、中期線が横ばい、長期線が下降しているとき

手仕舞いのポイント

まず、買いポジションにおける基本的な手仕舞いのポイントは、ステージ①から正順でステージ②に変化するとき、あるいは逆順でステージ⑥に戻るかのどちらかになったときです。
しかし、ステージ①で3本すべての 移動平均線 が上昇し、間隔が大きく開いた後に価格が下がり始めると、短期線が最も早く変化します。
そのため、短期線が中期線とクロスしてステージ②へ移行する可能性が高いため、買いポジションの手仕舞いとしては、ステージ①からステージ②へ移行したタイミングが簡単に判断できる手仕舞いポイントです。


移動平均線 の豆知識

最後に、 移動平均線 に関する豆知識を紹介します。

移動平均線 の公式

ここまで 移動平均線 テクニカル指標でタイミングを見抜く を使ったエントリーや決済のタイミングを見極めるための活用法を紹介してきましたが、投資の学校の専属講師である小次郎講師は、「本当に“勝てる投資”をしたいのなら、計算式を理解しなければならない。理解できなければ、テクニカル分析は使いこなせない。」といいます。
テクニカル分析の計算式は、複雑そうに考える人もいるようですが、実は簡単に理解できる計算式ですので、ここでしっかりと覚えてください。
移動平均線 の計算式は、

n日 移動平均線 =(本日の終値+昨日の終値+一昨日の終値+…+(n-1)日前の終値)÷n日

分かりやすいように、5日 移動平均線 を例にしてみます。

5日 移動平均線 =(基準日の終値+前日の終値+2日前の終値+3日前の終値+4日前の終値)÷5日

移動平均線 の種類

先程紹介した 移動平均線 の計算式は、単純 移動平均線 という最もシンプルかつ基本となるものです。それ以外にも 移動平均線 の種類がありますので、紹介していきます。

●加重 移動平均線
直近の価格ほど、より重視したものであり、下記計算式のように平均する期間の初日を1とすると、2本目は2倍、3本目は3倍…というように、最後はn倍の加重をかけて平均しています。

●指数平滑 移動平均線
直近の価格をより重視し、一定期間内の平均値でなく、保有データの数値をすべて計算します。特徴としては、単純 移動平均線 に比べると直近の値の影響が大きく敏感に反応しますが、加重 移動平均線 よりは反応は遅い感じになります。

今回は数あるテクニカル指標の中でも、人気のある「 移動平均線 」について解説しました。トレンドを見抜くために、 移動平均線 は有効なテクニカル指標でありますが、100%確実に見抜くことが出来るわけではありません。
あくまで、参考に活用できるツールであることを理解し、実践のトレードで活用してみてください。

僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、
大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

���i����
�X�C���O�g���[�h�>�X�^�[�N���u

���Ȃ��X�C���O�g���[�h�>�X�^�[�N���u�́A���ʂ�o�����Ƃ��ł���̂��H

���R1�j�ߋ�6000�N���̃`���[�g���͂��瓾��*�O�V���̃m�E�n�E���X�L����w�ׂ邩��

�O�V���̃m�E�n�E���X�L����w�ׂ�

���R2�j�����I����K�c�[���u�����n���_������v�̑���

�����I����K�c�[���u�����n���_������v

���R3�j���H�g���[�h���K�c�[���u�X�C���O�f���g���c�[���v�̑���

���H�g���[�h���K�c�[���u�X�C���O�f���g���c�[���v

���R4�j���X�i������g���[�h�Z�p����L��������>�l�[�A�J�f�~�[�̃X�N�[���‹��̍\�z

�></p>
<p>�l�[�A�J�f�~�[�̃X�N�[���‹��̍\�z

�J���L�������i�I�����C���Ř^�擮��̎����ɂĎ��
  • ✓ �X�C���O�g���[�h�̊� テクニカル指標でタイミングを見抜く
  • ✓ �ړ����ϐ��̊�
  • ✓ 3�‚̃g�����h�̕�����
  • ✓ �O�V���u�����I��̊�v
  • ✓ �ڕW�ݒ�⏟�ƒ����^���̒b����
  • ✓ �ړ����ϐ��̊�b�����p
  • ✓ 20��ނ𒴂���g���[�h�m�E�n�E���
  • ✓ ���Ă�`���[�g�p�^�[���������
  • ✓ ���m�Ƒ��؂�̖��m�ȏo���헪
  • ✓ ���S�҂ł�ȒP�Ƀg�����h����������@
  • ✓ �i���s���ŗ��v���悹���邽�߂̔閧
  • ✓ �`���[�g�������Ă���関���̌`
  • ✓ � <�����W���[�o���h�ŃG���g���[����^�C�~���O
  • ✓ �����c�邽�߂Ƀg���[�h��x�ނׂ��^�C�~���O�Ƃ́H
  • ✓ �R�c�R�c�h�J����h�����߂̃g���[�h�헪
  • ✓ �•ʖ����ł̐��������ꋓ���J
  • ✓ �ړ����ϐ���Ȃ����ăg�����h�������
  • ✓ �v���g���[�_�[�̗��K���@��S�Č��J
  • ✓ ���v��‚Ȃ����킹�錚�ʑ���Ƃ́H
  • ✓ �����^�C�~���O�𓦂��Ȃ����߂̃g���[�h
  • ✓ ���v��ςݏグ�邽�߂̃S�[���f�����[������J
  • ✓ ��΂ɂ���Ă͂����Ȃ��g���[�h�Ƃ́H
  • ✓ �󔄂��O�ꂵ���g���[�h�헪
  • ✓ ���o���ς�NY�_�E�Ń`���[�g��ǂ݉��
  • ✓ 5�
  • �ELEC�ɂĂ��\���݁A�����������������
    • ① ��ʎВc�@�l�>�l�[�A�J�f�~�[�i����̊w�Z�j��蓮�掋���‹��A�ݒ���@��ʓr���A���������܂��B
    • ② 7�c�Ɠ��ȍ~�Ń>�l�[�A�J�f�~�[����̔z�M��\�肵���掋���ƂȂ�܂��B

    ����z�M�X�P�W���[��

    • �E�>�l�[�A�J�f�~�[����T�C�g�őS�Ă̓���̂������𒸂����ƂƂȂ�܂��B
    • ���񐔐����͂���܂���
    • �E�������R�[�X�̓���u�`��D���Ȃ����ԂƏꏊ�ł��������������܂��B

    �T�C�`WEB�Z�~�i�[�ɂ‚���

    • �E����J�ÂŁAZOOM��g�����I�����C���ł̃Z�~�i�[�ƂȂ�܂��B
    • ���ڂ����X�P�W���[���ɂ‚��܂��Ă͕ʓr���A���������܂��B
    • �E�Z�~�i�[�����ɎQ���o���Ȃ������ꍇ�ł�A������^�����>�l�[�A�J�f�~�[����T�C�g�ɃA�b�v�������܂��̂ł��������������܂��B
    • �E�X�C���O�f���g���c�[���Ɩ����n���_���N�̂����p���Ԃ͎�u�J�n�㌴��3�����Ԃ݂̂ƂȂ�܂��B
    • �E�g�p����f�o�C�X�‹���PC�𐄏����Ă��܂��B
    • ���O�[�O���N���[����v���b�g�t�H�[���ɐ������Ă���܂�
    • テクニカル指標でタイミングを見抜く
    • �E�>�l�[�A�J�f�~�[����u�Ҍl�Ɍ•ʂɃ��O�C���p�X���[�h�𔭍s���܂��̂ŁA���������͂�������WEB��ł��g�����������܂��B

    �e�L�X�g�i���W�����j����

    • �����������[���T�|�[�g�i��u���Ԓ��̂݁j
    • ���X�N�[��������LINE�O���[�v�Q�������i��u���Ԓ��̂݁j
    • ���T1�� �T�C�`WEB�Z�~�i�[ �u�����I��:�׋���v�Q�������i��u���Ԓ��̂݁j
    • �����Ă�`���[�g�p�^�[�������\10�I

    �O�V�����̂� �u�t �������jinrikisha�̑�\�����
    ��ʎВc�@�l�>�l�[�A�J�f�~�[�F��u�t テクニカル指標でタイミングを見抜く
    2016�N����J�n�������������ŁA�킸��1�N��300���~��8,000���~�ɂ������������ƁB
    ��Ђ̌��Z����ٗp���v�Ȃǂ̓�������،��Ȃ��A�`���[�g����邾���̃V���v���ȃg���[�h�X�^�C������u�`���[�g�g�`���Ɓv�ƌĂ΂�Ă���B
    ���݂ł́uSwingTrade Master Club�v�Ƃ������������X�N�[��������グ�Ă��萸�͓I�Ɋ������B
    ���̖T��ŁA2019�N��8���ɗ����グ��YouTube�`�����l���u�Ȃ�قNJ���w�v�́A������4�������Ń`�����l���o�^�Ґ���10,000�l��˔j�B�i����42,900���j
    ���X�A���g�̃g���[�h�m�E�n�E�⑊�����X�V����AYouTube�̒��ł���w�̐l�C�̊����`�����l���ɐ������Ă���B
    �v���C�x�[�g�ł̓S���t�Ɩ��������Ȃ������A�����Ƃ�Ɂu���v�u�M�p�v�u��M�v��l�����O�Ƃ���B
    �u���̒�����o�ϓI�s����Ȃ����v��A�l���̖ړI�Ƃ��ē��X�A��M�����Ċ������B �D���Ȍ��t�́u���̒m�V�v

    「テクニカル分析が無意味」と言う人の4つの根拠|あなたはどっち派」

    テクニカル分析が無意味という人の根拠

    しかし、チャートパターンだけでは将来的な値動きを完璧に予測することは困難であり、自身が立てた仮説が裏切られるケースも多いことから、「テクニカル分析は無意味」という意見を持つ方も存在しているのです。
    そこで本記事では、無意味とする根拠やテクニカル分析のメリットについてを詳しく解説していきます。
    一方、最初に初心者の方に注意して頂きたいのは、「無意味としているトレーダーはテクニカル分析を知った上で結論付けている」ということです。
    そのため、100%勉強する必要がないという趣旨の記事ではないことを、あらかじめ押さえて読んで頂ければと思います。

    「テクニカル分析が無意味」と言う人の4つの根拠

    相場の動きはランダム

    テクニカル分析は無意味という人の根拠として、相場の「ランダムウォーク理論」があります。
    これは、どの時点であっても上昇と下降の可能性が1/2となっていて、過去のトレンドやデータで将来の値動きを予想することはできないという理論です。

    すなわち、過去のチャートに似ているパターンがあるからといって同様の動きを見せるとは限らず、相場は完全なランダムであり規則性は無いという考え方を持つ方も多くなっています。

    科学的な根拠がない

    実際のところ、全く経験のない初心者と相場に長けた専門家がテクニカル分析を用いて売買すると、収支結果に大きな差があると言われていますが、トレンドライン等は結果が出てから後付けで引かれているものです。
    したがって、テクニカル分析が有効なら「なぜ将来に対してトレンドラインを引かないのか」という懐疑的な意見が少なくありません。

    機能しない相場もある

    反対に、トレンド相場に強い移動平均線であってもレンジ相場には弱いことから、1つの指標であらゆる相場に適用できるテクニカル分析は存在しないのです。

    誰でも手間なく見ることができる

    テクニカル分析は同じ手法、ツールを用いれば誰でも同様の結果を参照することが可能であり、そういった手軽さが無意味という根拠に繋がっています。

    そして、日常的にテクニカル分析を行う投資家の絶対数が増加したことで、機関投資家が裏をかいた時のインパクトも大きくなってきているかもしれません。

    テクニカル分析にはメリットも

    水準が可視化できる

    そこでもし、チャートやローソク足が存在しなければ、直近で反発しやすいか、どこでいくらの指値を入れれば良いのかを自分自身で記録しておかななくてはなりません。
    すなわち、テクニカル分析やチャートがあるからこそ、いつでも株価等の水準を知ることができるのです。

    また、歴史的な株安から切り返した場合は、当面の最安値として機能してもおかしくありませんが、「その価格を割り込んで推移したら」別の戦略を取ることもできます
    したがって、そういった適材適所の売買水準を可視化できる点は、テクニカル分析の存在意義として大切な要素といえるでしょう。

    値動きの推移を明確にすることができる

    テクニカル分析は直近の値動きだけでなく、数年前、あるいは数十年前に遡って推移を把握することができます。

    それによって、自身が保有している銘柄がどんな理由で上昇トレンドを形成したかが分かるため、今後の投資家心理の予測にも役立つでしょう。
    そのため、先ほど触れたランダムウォーク理論ではメリットとして考えられていませんが、必ずしも将来的な相場の分析に役立たないわけではないのです。

    売買の再現性が高い

    参考までに、そういった機関投資家の手法を見抜くには「ローソク足」「移動平均線」「出来高」の3つに注目する必要があります。そして、それらはテクニカル分析の基礎でもあるのです。

    上手にチャートと付き合うためには

    ここまでは、テクニカル分析のメリットと無意味という人の根拠について解説してきましたが、結論としては必ずしも全てが無意味とは言えないでしょう。

    ただし、高すぎず安すぎない株価位置にある良好な企業に投資してくことが株式投資の基本でもあり、その際はテクニカル分析を行うのがおすすめです。

    初心者は「テクニカル分析を覚えなければいけない」と難しく考えてしまうケースも少なくありませんが、分析手法は場数をこなせば確実に身についていきます。

    このeBookは 直近22年分の株価データ を集計して、
    ・日本株がもっとも上がりやすかった月、下がりやすかった月
    ・時期折々の上がりやすかったセクター、下がりやすかったセクター

    など、実績が豊かな注目セクター・注目銘柄を 全98ページ にわたって細かく解説しています。

    西村剛(にしむらつよし)
    フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。
    著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

    株チャートの節目とは?着目すべき売買ポイントをわかりやすく解説

    【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 株チャートの節目の意味とは 株式の情報収集や取引を行う際、度々「節…

    • 2021年10月29日
    • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

    材料株の見つけ方|3つのポイントをチェックして効率的に探す方法

    【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 材料株の基本を押さえる 株式投資においては短期間でこまめに売買差益…

    • 2021年8月6日
    • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

    ディセトラのセオリー|ディセンディングトライアングルの活用法

    【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 ディセンディングトライアングルを知って相場を有利に立ち回ろう 株式投資…

    • 2022年4月22日
    • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

    アイランドリバーサルとは?知らないとヤバい!株価シグナル

    【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 アイランドリバーサルとは アイランドリバーサルとは、ローソク足等の…

      テクニカル指標でタイミングを見抜く
    • 2022年1月4日
    • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

    外国人持ち株比率の調べ方|サクッと簡単にチェックする方法

    【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 海外の売買動向が日本株に重要な理由 日経平均を始め、国内銘柄をメインに…

    FXのダウ理論とは100年以上支持される相場の6つの法則

    FXのダウ理論とは100年以上支持される相場の6つの法則

    ダウ理論6つの法則1

    出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

    トレンドは3種類ある

    短期:3週間未満
    中期:3週間から3ケ月 テクニカル指標でタイミングを見抜く
    長期:1年から数年

    ダウ理論6つの法則2(長期トレンド)

    出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

    テクニカル指標でタイミングを見抜く

    ダウ理論6つの法則2(中期トレンド)

    出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

    ダウ理論6つの法則2(短期トレンド)

    出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

    主要トレンドは3段階からなる

    第一段階:先行期
    第二段階:追随期
    第三段階:利食い期

    ダウ理論6つの法則3

    出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる