フォレックス

バイナリーの定義

バイナリーの定義
(画像はTell Me Why: チャプター 1-3 を入手 | Xboxより)

[GA4] 自動的に収集されるイベント

このイベントは、Google Play Console によって報告される「1 日のアンインストール数(デバイス数) 」や「1 日のアンインストール数(ユーザー数) 」の指標とは異なります。app_remove イベントでは、インストール元に関係なく、アプリのパッケージが削除された回数がカウントされます。この回数はレポートで使用している期間によって変わります。「1 日のアンインストール数(デバイス数)」 指標と「1 日のアンインストール数(ユーザー数)」 指標では、Google Play からインストールされたアプリのパッケージについてのみ、削除された回数がカウントされ、日単位で報告されます。

アプリ内購入が Google Play により払い戻されたとき

このイベントは BigQuery にエクスポートされません。

Google Play で有料の定期購入が解約されたとき

初回の定期購入が 2019 年 7 月 1 日以降であることが要件です。

このイベントは BigQuery にエクスポートされません。

初回の定期購入が 2019 年 7 月 1 日以降であることが要件です。初回の無料試用の登録は、subscription バイナリーの定義 パラメータが true に設定された in_app_purchase として記録されます。

このイベントは BigQuery にエクスポートされません。

初回の定期購入が 2019 年 7 月 1 日以降であることが要件です。

このイベントは BigQuery にエクスポートされません。

更新前のアプリのバージョン ID バイナリーの定義 がパラメータとして渡されます。

このイベントは、Google Play Console で集計される「1 日のアップグレード数(デバイス数)」指標とは概念が異なります。アップグレードはアプリのバイナリの更新のことであり、app_update イベントはアップグレードされたアプリが起動されることによって発生するものです。

_err (firebase_error) パラメータ、_ev (firebase_error_value) パラメータ、_el (firebase_error_length) パラメータで追加情報を指定します。

  • ドキュメント
  • テキスト
  • 実行可能
  • プレゼンテーション
  • 圧縮ファイル
  • 動画
  • 音声

このイベントは、ユーザーがアプリをデバイスにダウンロードしたときではなく、初めて使用したときにトリガーされます。ダウンロード数は Google Play Console または バイナリーの定義 iTunesConnect で確認できます。

iTunes の App Store または Google Play で処理されるアプリ内購入(定期購入の初回申し込みを含む)をユーザーが完了したとき

Android アプリの in_app_purchase データを表示するには、アナリティクスを Google Play にリンクする必要があります。

アナリティクスは、Android と iOS での定期購入を自動的にトラッキングします。

このイベントは、Firebase 向け Google アナリティクス SDK を含むアプリ バージョンでのみトリガーされます。注: 有料アプリの販売収益と払い戻し(iOS のみ)は、自動的にトラッキングされることはありません。報告された収益と Google Play Console に表示される値は異なることがあります。無効またはサンドボックス(テスト)のフラグが付いているイベントは無視されます。サンドボックスのフラグが付くのは iOS イベントのみです。Google Play 請求サービスのテストに関する詳細をご覧ください。

バイナリーの定義

の最新記事が不定期に届きます

by Honoka Yamasaki

! New Topics

# How To

- Writer

ライター、ダンサー、purple millennium運営。
Twitter:@honoka_yamasaki

日本生まれ香港育ち。香港で高校を卒業したのち、単身渡米、University of California, Berkeley卒業。主な著書:「使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり」(時事通信社)。主な連載:「使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり」(cakes, 2018年~)

? Question

#パートナー #プロポーズ 高校生のころに付き合っていた元彼とヨリを戻して3年。私は結婚したいのですが、まったくそんな話になりません。まわりの友達が結婚していき、正直焦っています。でも、自分から「結婚どうする?」とはなかなかいい出せません。彼から結婚話を切り出させる方法があれば教えてください。

#オトナ磨き #ライフ 恋人がいない状況に耐えられず、好きでもない男性と関係を持ったり付き合ってしまう私。そんな自分が本当に嫌いです。どうしたらひとりでいられる自分、シングルの時間を楽しめる自分になれるでしょうか?

#オトナ磨き #ライフ 職場の飲み会で泥酔してしまいました。途中から記憶がなく、何をしゃべったか覚えていません。その後、周囲の目線が冷たいような、哀れむようなものに変わりました…。おそらく、表面上は仲良くしている同僚の女性(かわいくて人気がある)に対する嫉妬心丸出しの発言をしたのだと思います。仕事は好きなので辞めたくありません。どうすればよいでしょうか?

#パートナー #ライフ 彼氏に愛されていることはわかっているのに、どうにも自分に自信が持てなかったり、疑ってしまったりします。気持ちが安定しているときもありますが、その気持ちが長く続かず、占いの結果で自信をなくしたりしてしまいます。ポジティブな気持ちが持続する方法はありますか?また、本当に彼氏から愛されている確信を得るにはどういうところをみていけばよいでしょうか?

#HOW TO #モテ 私には社内に大好きな人がいるのですが、その人にアピールをしてもなかなか響かず、何とも思ってない数人からアプローチされます。気持ちは嬉しいのですが私が付き合いたいのは彼だけです。彼からアプローチされるにはどうしたらいいでしょう?ほかの人からのメールやアプローチを受けても虚しくなるので、無視してもいいでしょうか?

テレパシーを持つ双子が「トランス差別をする母」と過去の真相を巡るゲーム『Tell Me Why』が無料で配信。LGBTQの権利を啓発する「プライド月間」にちなんだキャンペーン

テレパシーを持つ双子が「トランス差別をする母」と過去の真相を巡るゲーム『Tell Me Why』が無料で配信_01

(画像はTell Me Why: チャプター 1-3 を入手 | Xboxより)

無料配信のきっかけとなる「プライド月間」は、LGBTQの権利獲得運動の転換点となった 「ストーン・ウォールの反乱」 が6月末の出来事であたことに因んで​​、毎年世界の各地でLGBTQの権利を啓発するイベントやキャンペーンがおこなわれている。

なお、性的少数者の総称として用いられる「LGBTQ」という言葉は、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィアまたは クエスチョニング の頭文字を取ったもの。性的少数者は従来のLGBTという属性の定義に必ずしも当てはまらず、それぞれで差異や同質性がある。

テレパシーを持つ双子が「トランス差別をする母」と過去の真相を巡るゲーム『Tell Me Why』が無料で配信_02

(画像はTell Me Why: チャプター 1-3 を入手 | Xboxより)

期間限定で無料配信される『Tell Me Why』は、双子である アリソン とトランス男性である タイラー バイナリーの定義 がテレパシー能力を駆使して過去を探求するアドベンチャーゲーム。

ゲームの監修を性的少数者に関わるメディア向けの支援団体GLAAが行い、タイラーの声優はトランス男性である August Aiden バイナリーの定義 Black氏 が務めている。また、優れたLGBTQコンテンツを選出する 「GLAAD Media Awards」、「Gayming Awards 2021」 バイナリーの定義 で受賞している。

「プライド月間」にあわせてゲーム『Tell Me Why』が無料で配信_001 「プライド月間」にあわせてゲーム『Tell Me Why』が無料で配信_002

まだ幼きアリソンとタイラーは、性的少数者を差別する 「トランスフォビック」な思想を抱えた母親 に殺されそうになり、自らの身を守るために母親を刺殺してしまった過去を持つ。

ゲーム本編では、事件後に別々に育てられたアリソンとタイラーが再会し、アラスカの小さな町でふたりの 「食い違いのある記憶」 の謎を解き明かしていく。

プライドマンスに際して投稿された 『Tell Me Why』の公式ブログ にて、DON’T NOD EntertainmentとXbox Publishingは、近年のアメリカで トランスフォビアな暴力 や バイナリーの定義 反LGBTQIA+法 がかつてないほど増加していることを挙げ、トランス男性、トランス女性、ノンバイナリー、ジェンダークィアの若者の不安が増加している現状を示している。

その状況を踏まえ、DON’T NOD EntertainmentとXbox Publishingは、トランスジェンダーコミュニティを支援する2つの非営利団体にそれぞれ2万5000ドルを寄付したと発表した。

くわえて、購入することでトランスジェンダーコミュニティを 支援できるビデオゲーム として 『Love Shore』 『Spirit Swap: Lofi Beats to Match-3 To』 『ノーロンガーホーム』 を挙げており、このほかにもトランスコミュニティを支援する際に持つべき方針なども紹介している。

ウクライナに大規模停電を発生させたマルウェア「Industroyer」の新バージョンを確認

ESET社は、産業用制御システムに最大級の脅威をもたらすマルウェア攻撃を分析。2016年にウクライナで大規模停電を引き起こした「Industroyer」の新バージョンマルウェア「Industroyer2」を確認しました。

ウクライナに大規模停電を発生させたマルウェア「Industroyer」の新バージョンを確認

エグゼクティブサマリー

重要なポイント:

  • ESETの研究者は、CERT-UA(ウクライナのコンピューター緊急対応チーム)と共同でウクライナのエネルギー企業に対する攻撃を分析した。
  • 破壊的な活動は2022年4月8日に予定されていたが、攻撃の痕跡(アーティファクト)から、少なくとも2週間前には攻撃が計画されていたことが判明。
  • 攻撃には、産業用制御システム(ICS: Industrial Control System) を攻撃する能力を保有するマルウェアと、ディスクを完全に消去するワイパー型マルウェアが使用された。ワイパー型マルウェアは、Windows、Linux、Solarisオペレーティングシステムにそれぞれ対応している。
  • この攻撃者は2016年にウクライナで大規模停電を引き起こしたマルウェアであるIndustroyerの新バージョンを使用したことを、ESETは確信している。
  • 新しい攻撃を実行したのはAPTグループであるSandwormであることを、ESETは確信している。

Industroyer2:Industroyerの再来

図1.攻撃に使用されたマルウェアの概要

図2.攻撃イベントのタイムライン

当時の攻撃の詳細については、ESETが公開したホワイトペーパー「Win32/Industroyer:産業用制御システムを標的とする新たな脅威」(英語のみ)を参照してください。Industroyerは、電力システムで主に使用されている産業用制御システムを攻撃する能力を保有しています。このマルウェアが攻撃できるのは、IEC-101、IEC-104、IEC バイナリーの定義 61850、OPC DA規格に対応しているデバイスです。

Industroyer2

図3.タイムスタンプとコンパイラの情報

図4-1. Industroyer2の検体では、ハードコードされた構成が見つかった

図4-2. Industroyer2の検体では、ハードコードされた構成が見つかった

図5. Industroyer2マルウェアによって生成される出力(IPアドレスはESETが編集)

CaddyWiper

CaddyWiperの新たなローダー

図6. CaddyWiperの最初の検体のメインルーチン

図7.エネルギー企業に展開されたCaddyWiperの検体のメインルーチン

Active Directoryの列挙

図8.GPOを列挙するPowerShellスクリプト(一部を編集済み)

LinuxおよびSolaris環境を破壊するマルウェア(ORCSHRED、SOLOSHRED、AWFULSHRED)

図9.17時58分にワイパーを起動するようにcronジョブが設定された。インストールされているOSに応じて、適切なワイパーが選択されている。

次に、このスクリプトは、ip routeまたはifconfig -aの結果を確認し、システムからアクセス可能なネットワークを繰り返し表示します。このスクリプトは、収集した各IPアドレスに対して、常にクラスCネットワーク(/24)がアクセス可能であると仮定しています。TCPポート22、2468、24687、522にSSHを使用して、これらのネットワークにあるすべてのホストへの接続を試みます。アクセス可能なSSHサーバーを見つけると、悪意のあるスクリプトから提供されるリストの認証情報を使用してアクセスを試行します。攻撃者は、ワイパーを拡散するために、攻撃前に認証情報を取得していたと考えられます。

Trellix(トレリックス)、2021年第4四半期 脅威レポートを発表

IMAGE

IMAGE

Trellix(トレリックス)、2021年第4四半期 脅威レポートを発表 地政学的な緊張の高まりから、重要インフラを標的としたサイバー攻撃が拡大
ウクライナを標的としたワイパー型マルウェアと、ロシアが支援したとみられる攻撃者によるサイバー脅威の急増が明らかに

ニュースハイライト:
· APT(高度持続的脅威)攻撃の最大の標的となったのは、運輸・海運セクター
· バイナリーの定義 最も活動が活発だった国家主導グループは、ロシア政府機関を支援していると考えられているAPT29
· REvilランサムウェアの犯罪者グループのメンバーが逮捕された後、2021年第4四半期に最も多く検出されたのはLockbitランサムウェア
· Microsoft Excelなどのネイティブツールを悪用する環境寄生型(Living off the Land、LotL)攻撃が、政府高官や経営幹部を標的とすることに成功
· 最も多く使われた手法はマルウェアで、サイバーインシデント全体の46%
· 最も攻撃対象となったのは個人で、インシデント検出数は73%増加

XDR(eXtended バイナリーの定義 バイナリーの定義 Detection and Response)の未来を提供するサイバーセキュリティ企業、Trellixは、「Threat Labs Report:2022年4月版」を発表しました。本レポートでは、過去6ヶ月間のサイバー犯罪者の行動を調査しました。その結果、個人消費者が最もサイバー犯罪者の標的となったこと、これに続いて医療産業が狙われたことがわかりました。さらに、運輸、海運、製造、情報技術などの業種で脅威が急増しました。

Trellix Threat Labsのリードサイエンティスト兼プリンシパルエンジニアであるクリスチャン・ビーク(Christiaan Beek)は、次のように述べています。「私たちはサイバーセキュリティの重要な岐路に立っており、拡大し続ける攻撃対象領域における敵対的な行動の増加を観察しています。私たちの世界は根本的に変わりました。第4四半期は、サイバー犯罪者がこの2年間のパンデミックを利用して利益を得てきたことからの転換を示しています。Log4Shellの脆弱性が数億台のデバイスに影響を及ぼしたことが判明しており、2022年もサイバーの勢いは衰えず、国際的なサイバー活動が深刻化しています。」

・運輸、海運業に対する攻撃は、敵対的でステルス性の高い攻撃者によるAPT(高度持続的脅威)が、攻撃の27%を占める
・医療は2番目に多く標的とされ、全体の12%を占める
・2021年第3四半期に対して、製造業への脅威が100%増加、また情報技術業界への脅威が36%増加
・Trellixの顧客では、2021年第4四半期に観察されたすべての検出の62%が運輸業を標的に


2022年4月、Trellixは、重要インフラ事業者がどのようにサイバー攻撃に備えているかを調査したグローバルな Cyber Readiness Report(サイバーレディネスレポート)を発表しました。その結果 、誰もが知るところとなった近年の侵害や情報漏洩等の攻撃被害にもかかわらず、多くの重要インフラ事業者が、サイバーセキュリティのベストプラクティスを実施していないことがわかりました。

ウクライナへの脅威
Trellix Threat Labsは、 ワイパー型マルウェア など、ウクライナを標的としたサイバー脅威を調査しました。ワイパー型は、標的とする組織内にあるデバイス操作用の重要なメモリを破壊することで、そのデバイスを使用不能にします。ウクライナ侵攻前および侵攻時に使用されたマルウェアWhispergateとHermeticWiperに関するTrellixの分析では、ウクライナ国内の通信を破壊してITシステムを不安定にするために使われたこの2つの系統の類似点と相違点を詳しく説明しています。

レポートでは、ウクライナを標的とする攻撃主体として、Actinium APT、Gamaredon APT、Nobelium APT(APT29とも呼ばれる)、UAC-0056、Shuckworm APTなどを列挙しています。2021年第4四半期にTrellixが観察したAPT活動のうち、APT29は検出数の30%を占めました。

また、これらの攻撃者が使用する戦術から積極的に自組織の環境を保護することを追求する 提言を詳述します。ウクライナを標的としたサイバー活動の背景については、Trellix Threat Center およびThreat Labs Blogをご覧ください。


攻撃手法(Tactics, Techniques & Procedures)
Trellixでは、環境寄生型(Living off the Land、LotL)方式が引き続き使用されていることを確認しました。これは、犯罪者が既存のソフトウェアや、デバイス制御を使用して攻撃を実行するものです。2021年第4四半期に最も頻繁に使用されたNativeOSバイナリは、Windows Command Shell(CMD)(53%)とPowerShell(44%)、最も使用された管理ツールはRemote Services(36%)でした。

・2021年第4四半期にAPTグループが使用したツールの中で、Cobalt Strikeは第3四半期から95%増でトップ
・同じく、最も観察された手法は、難読化されたファイルまたは情報で、次いでウェブブラウザからの認証情報、ファイルおよびディレクトリの発見
・2021年第4四半期に報告されたインシデントでは、マルウェアが最も多く使用され、全体の46%を占めて2021年第3四半期から15%増加

2021年第4四半期の脅威動向
ランサムウェアファミリー:2021年第4四半期に検出されたランサムウェアファミリーは、第3四半期から21%増加したLockbit(21%)が最も多く、次いでCuba(18%)、Conti(16%)でした。
ランサムウェアの検挙:2021年第3四半期に検出されたランサムウェアファミリーのトップであるREvil/Sodinokibiは、グローバルな警察の介入により、第4四半期では顕著な検出は見られず、ランク外でした。
ランサムウェアの増加:2021年第4四半期にランサムウェア活動の大幅な増加が確認されたのは、イタリア(793%)、オランダ(318%)、スイス(173%)でした。また、インド(70%)と英国(47%)も増加が顕著でした。
マルウェアファミリー:2021年第4四半期に観察されたマルウェアファミリーのうち、RedLine Stealer(20%)、Raccoon Stealer(17%)、Remcos RAT(12%)、LokiBot(12%)、Formbook(12%)が全体のほぼ75%に相当します。

調査方法 バイナリーの定義
Threat Labs Report:2022年4月版は、Trellixの10億以上のセンサーネットワークから得られた独自のデータと、ランサムウェアや国家主導の活動などの一般的な脅威に関するオープンソースの情報およびTrellix Threat Labsの調査結果を活用しています。本レポートの目的のために、脅威の検出に関連するテレメトリーを使用しています。検出とは、ファイル、URL、IPアドレス、その他の指標が検知され、Trellix XDRエコシステムを通して報告されることを指します。


Trellixについて
Trellixは、サイバーセキュリティの未来を再定義するグローバル企業です。オープンかつネイティブなTrellixのXDR(Extended Detection and Response)プラットフォームは、現在最も高度な脅威に直面するお客様が業務の保護や回復に確信を持って対応するための支えとなります。Trellixのセキュリティ専門家は、広範なパートナーエコシステムとともに、データサイエンスと自動化によりテクノロジーイノベーションを加速させ、4万を超える企業や政府機関のお客様の力となっています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる