成功させるコツは

レバレッジのリスクを解説

レバレッジのリスクを解説
出典:DMM Bitcoin https://bitcoin.dmm.com/about/leverage_advantage

FXの基礎知識

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

レバレッジ型・インバース型投資信託とは?注意点や仕組みを解説

レバレッジ型・インバース型投資信託とは?注意点や仕組みを解説

ETFは上場株式と同様に取引できる商品であることから信用取引の利用も可能です。
しかしながら、仮に対象指数の上昇を目論んでレバレッジ2倍のETFを信用取引を用いて運用した場合、非常に大きな損失を被ることもあるでしょう。
その理由は、信用取引を行うことによって、ETFのレバレッジがさらに大きくなることもあり、かつ建玉(この場合信用取引で買ったETFをいいます)や担保証券の価格変動による信用取引の維持率にもマイナス影響を与えるケースがあるためです。

また、東京証券取引所によって、原資産に値幅制限のない資産を対象とするETF等について、短期的にETF等価格(取引値)が原資産の価格に連動しやすくするよう当該ETF等の値幅制限の見直しも行われました。
なお、当初レバレッジ・インバースの想定価格変動率は、レバレッジ型は2倍・インバース型はマイナス1倍の商品が一般的だったのですが、近年はその倍率が最大4倍以上に及ぶ商品もあるので 購入前に取引の仕組みや商品性をよく確認することが肝要 です。

レバレッジ型・インバース型投資信託の特徴と仕組み

レバレッジ型・インバース型投資信託の特徴

レバレッジ型・インバース型投資信託は、前日の基準価額を基に 指数・指標の値動きのレバレッジ倍率(またはマイナスのレバレッジ倍率)の値動きを当日1日で達成するように運用 されています。

レバレッジ型・インバース型投資信託の仕組み

レバレッジ型・インバース型投資信託の基準価額を日次ではなく2日以上の運用期間で見た場合には、これらの投資信託の基準額は、運用対象の指数や指標の価格のレバレッジ倍率(またはマイナスのレバレッジ倍率)にならない可能性があることを注意して見ておくことが必要があります。

レバレッジ型・インバース型投資信託の注意点

レバレッジ型・インバース型投資信託は上記で説明したとおり、指数・指標の値動きのレバレッジ倍率(またはマイナスのレバレッジ倍率)の値動きを日次で達成するように運用されています。
このことから、 レバレッジ型・インバース型の投資信託は主に短期的な取引(売買)によって利益を得ることを目的とした商品 ということができます。

そのため、投資に関する知識や経験が比較的少ない個人投資家の方が、積立投資を含めて中期・長期にわたる資産形成を目的としてレバレッジ型・インバース型投資信託を投資対象とする場合には商品特性についての十分な理解が求められます。

レバレッジ型・インバース型投資信託のリスクとコスト

レバレッジ型・インバース型 投資信託は、参照する対象指数や指標に連動させるために先物取引による運用を行っています。
そのため、一般的にレバレッジ型・インバース型 投資信託は先物取引のコストを負担しているほか、先物取引の期限(限月といいます)の乗り換えを繰り返すことで減価していく場合があることにも留意が必要です。
このようにレバレッジ型・インバース型の投資信託の取引をする場合には、 商品の特徴や取引の仕組みを事前に調べ、取引に伴うリスクや費用を理解したうえで、自己の財産や取引経験と取引の目的などを考慮して適切であると判断する場合にのみ、自己の責任で取引を行ってください。

仮想通貨/ビットコインFXとは|メリット・デメリットやおすすめの取引所を徹底解説!

仮想通貨FX

現物取引より大きなリターンを狙える

出典:DMM Bitcoin https://bitcoin.dmm.com/about/leverage_advantage

1つ目のメリットは、現物取引よりも大きなリターンを狙えることです。

仮想通貨FXでは、2倍のレバレッジをかけられますので、保有している資金の2倍の取引が可能です。

利益率20%

出典:DMM Bitcoin https://bitcoin.dmm.com/about/leverage_advantage

つまり、小さな資金でより大きな利益を得られるので、資金が少ない人にとってメリットが大きい取引形態だといえます。

下落相場でも利益を上げられる

下落相場でも利益を上げられる

出典:DMM Bitcoin https://bitcoin.dmm.com/about/leverage_advantage

2つ目のメリットは、下落相場でも利益を上げられることです。

相場が上昇しそうなら”買い”注文で、下落しそうなら”売り”レバレッジのリスクを解説 注文で、それぞれ利益を上げられるのが仮想通貨FXの魅力です。

24時間、365日取引できる

3つ目のメリットは、24時間365日取引できることです。

しかし、仮想通貨取引は曜日に関係なく土日でも相場が動いているため、自分の生活スタイルに合わせて取引することができます。

DMM スマホアプリ

出典:DMM Bitcoin レバレッジのリスクを解説 https://bitcoin.dmm.com/service#Point02

DMM Bitcoinのスマートフォンアプリは、シンプルでみやすいSTモードだけではなく、レバレッジ取引に対応したEXモードも搭載されて使い勝手が良いので詳しくは、公式サイトをご覧ください。

\もれなく2000円もらえる/

仮想通貨FXのデメリット・リスク

損失が大きくなる可能性がある

1つ目のデメリットは、損失が大きくなる可能性があることです。

仮想通貨FXは、預け入れた証拠金の2倍まで取引可能ですが、利益が2倍になるかわりに、損失も2倍になってしまいます。

長期保有に不向き

2つ目のデメリットは、長期保有に不向きなことです。

仮想通貨FXでは、日をまたいで”売り”または”買い”の注文(ポジション)を維持した場合、レバレッジ手数料が発生します。

ロスカットされる可能性がある

3つ目のデメリットは、ロスカットされる可能性があることです。

ロスカットとは

証拠金維持率が一定の割合を下回ると、強制的に決済が行われ損失が確定します。

DMM Bitcoinでは、厳格なロスカットルールを適用し、顧客の損失拡大を防ごうとしています。

詳しいロスカットルールについて知りたい方は、公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

仮想通貨FXを購入できるおすすめの取引所

DMM Bitcoin

dmmbitcoin-top
名称DMMビットコイン
取扱暗号資産数現物取引:11種類
レバレッジ取引:15種類
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinは、幅広く金融事業を営むDMMグループの一員です。

レバレッジのリスクを解説 売買手数料や入金手数料、出金手数料が無料なのでできるだけコストを抑えたいという人に向いている仮想通貨取引所です ので詳細をぜひ公式サイトをご覧ください。

\もれなく2000円もらえる/

bitFlyer

bitFlyer-top
取引所名bitFlyer
取扱暗号資産数販売所:14種類
取引所:5種類
レバレッジ×
最小発注数量(btc)0.00000001 BTC ( 1 satoshi)約0.011
取引手数料(btc)販売所:0円(スプレッドあり)
取引所: 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
取引ツールスマホ:アプリ ○
PC:WEBブラウザ ○
その他のサービスビットコインをもらう
Pay
Tポイントをビットコインに交換
bitFlyer Lightning
ステーキングリワードサービス
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerは、ビットコイン取扱量が6年連続ナンバー1を誇る仮想通貨取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

取扱通貨数が多く、現物取引なら1円から売買できるのが魅力ですが、レバレッジ取引であるLightning FXの場合は、0.01BTCからの取り扱いなので注意しましょう。

販売所や取引所のほかに、積立サービスやクレジットカードのサービスも展開していますので、興味がある方はbitFlyerの公式サイトをご覧ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

GMOコイン

GMOコイン-top
名称GMOコイン
取扱暗号資産数20種類
売買手数料販売所:無料
取引所:Maker:-0.01%,Taker:0.05%
入金手数料無料
出金手数料無料
大口出金:400円
提供サービス販売所
取引所(現物・レバレッジ)
暗号資産FX
貸暗号資産
つみたて暗号資産
公式サイトGMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判

GMOコインは、GMOグループに属する仮想通貨取引所です。

出典:GMOコイン https://coin.z.com/jp/corp/product/info/margin/

不動産の小口投資はなぜ人気?メリットやリスクを解説【FP監修】

写真:橋本 秋人

一般的に不動産投資と聞くと、アパート・マンション経営のような不動産賃貸事業をイメージする方が多いと思います。
現物の収益不動産を購入し、入居者からの賃料収入と将来の売却益を得ることを目的としています。また、手元資金が少額であっても借入れを利用して不動産という大きな資産を保有することができるというレバレッジ効果も期待できます。さらに、相続税の節税対策として不動産投資を行う方も少なくありません。
しかし、多額の資金を投資する一般的な不動産投資にはリスクもあります。入居率の低下や賃料下落による収益の変動、借入金利の上昇によるローン返済負担額の増加、予期せぬ自然災害などが賃貸事業の収支を圧迫し、ローンの返済が滞ってしまったり、保有不動産の価格低下により売却損が生じてしまうことも。また、一般的な不動産投資では、不動産取得税や固定資産税などの税金負担、保有不動産の経年劣化による修繕費など、思わぬところで高額な費用が発生する可能性もあります。

こちらも読まれています

2. 不動産の小口投資にはどんな種類がある?

2-1. REIT(不動産投資信託)

こちらも読まれています

こちらも読まれています

2-2. 不動産小口化商品

運用をプロに任せることができ、一口数万から1,000万円程度の少額の資金で不動産投資を始めることができるというというメリットはREITと同じですが、不動産小口化商品は投資する物件が特定されているため、投資したい物件を自分で選んで投資することが可能です。
また、不動産特定共同事業法(不特法)に基づき、国土交通大臣もしくは都道府県知事の認可を受けた事業者だけが行うことが可能なため、投資家にとっては事業者の信頼性に対しての安心感もあります。
また、不動産物件は分割が難しいことから、相続時にトラブルになりやすい資産だといわれています。小口化されている不動産小口化商品を複数所有することにより、複数の相続人に分けて相続しやすく、また不動産小口化商品は現物不動産と同様の扱いとなるため、相続対策を考えている方にとってもおすすめの投資商品といえるでしょう。

こちらも読まれています

こちらも読まれています

2-3. 融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングとは、クラウドファンディングの一種で、ソーシャルレンディングや貸付型クラウドファンディングとも呼ばれています。
投資家は、ファンド事業者が運営するプラットフォーム(投資家と資金需要者をマッチングするWeb上のサービス)を通じてファンド(事業案件)を選び、融資をします。融資したお金は一定期間経過後に利息が加算されて返済されるため、低リスクでの資産運用が可能です。多くは一口1万円から3万円程度の少額資金から始めることができ、融資に対する利息が利益になります。
融資型クラウドファンディングは、不動産だけでなくさまざまな事業のなかから融資先を選ぶことができるため、分散投資によるリスク軽減を図りたい人にも適しています。サラリーマンの副業としても人気が高まっています。

2-4. 投資型クラウドファンディング

こちらも読まれています

証券CFD(差金決済)取引の特徴やリスクとは?

CFD取引イメージ

取引例

  • 店頭CFD取引は、お客様と証券会社との相対取引になります。
    取引にあたっては、まず、お客様は証券会社に証拠金を差し入れ、CFD取引(注文するCFD銘柄、買建または売建の別、注文数量、価格等)の注文を指示します。その後、反対の取引を行うことにより一連の取引を決済致します。この間、証券会社は、お客様との間で生じたポジションリスクを回避するための取引を行っています。
    (注1)
    証券会社は通常、顧客の注文と同等程度の注文を取引所または提携金融機関等に発注することにより、顧客が利益を出し、証券会社がその分の損失を被るリスクを減少させています。こうした取引所または提携金融機関等との間で行う取引のことを「カバー取引」といいます。
  • 証券CFD取引では証拠金をもとに、レバレッジ(注2)を効かせた取引が可能であるため、多額の利益を得る可能性がある半面、証拠金を超える多額の損失を被るおそれがあります。また、ほかにも様々なリスクが想定されます。取引を行う前には証券会社からリスクの説明を受け、契約締結前交付書面や説明書等をよく読んで理解し、自己の資力、取引経験および取引目的等に照らして適切であると判断する場合にのみ、自己の責任において取引を行いましょう。
    (注2)
    レバレッジとはてこを意味し、CFD取引においては、預けた証拠金を担保にすることで、証拠金の額を超える取引が可能になることを意味します。
    (注3)
    ロスカット取引とは、お客様の証拠金が必要証拠金の一定額を下回った場合、損失の拡大を防ぐために、お客様の取引を強制的に終了させるための取引をいいます。

Contents


コンテンツ

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる