初心者入門

レベルや使い方、違いを徹底解説

レベルや使い方、違いを徹底解説
上面に配された使用時がイメージできるイラストを含め、形状&サイズ&デザインはほぼ同じですね。蓋を起して内部に固形燃料を置く使用方法にくわえ、乗せる調理器具のサイズに合わせて蓋の開度を90°と45°の2パターンの角度で固定できるのも同一です。

最近の「インタプリタ」言語のインタプリタ事情 - コンパイラ言語・スクリプト言語との違い、JITコンパイラ、REPL、コンパイラ言語のスクリプト的実行サポートを徹底解説

最近の「インタプリタ」言語のインタプリタ事情 - コンパイラ言語・スクリプト言語との違い、JITコンパイラ、REPL、コンパイラ言語のスクリプト的実行サポートを徹底解説

などなど。今もその基本の所は変わっていないはずですが、
「インタプリタ言語なんだけど、実行速度を速くするため、実行を開始したら、その場でコンパイルを済ませてしまい、それを動かす言語」
「ソースコードから、別のプログラミング言語や、仮想的なアーキテクチャのための中間形式(バイトコード)にまで翻訳(コンパイル)しておき、実際に実行するためにはその中間言語や中間形式バイトコードを解釈して、それぞれのコンピュータに合わせて動かすインタプリタや仮想マシンを使う言語」
「コンパイラ言語なんだけど、コンパイルして実行する、というところをひとまとめにして使えるようにすることで、事前にコンパイルする手間を感じさせず、書いてすぐに実行したり、対話的環境を実現している言語」
などが出てきて、話がややこしくなっています。「対話的実行環境」については後ほど。REPLとかそういうやつです。

スクリプト言語・P言語・LL言語・動的言語 とは

  • 何かのプログラムを「役者」として操る「台本」「脚本」として使える。
  • さっと書いてさっと動かして、さっと捨てる。 ​​

このあたりの、汎用のスクリプト言語がLL言語という呼び名で呼ばれることもありました。
LLというのはLightweght Language(軽量言語)の略なので、LL言語を日本語にすると「軽量言語言語」になります。まあ、「言語」が重なるのは「ナイル川」みたいなものです。C++やJavaのような言語が、コンパイルが必要で型がはっきりしていて、ちょっとした処理を書くにも色々な決まり事を書かないといけないといったところで、「重量的」であるとされたのに対して、「軽やかに使える」といった意味合いで使われていました。最近はあまり聞かなくなったような気がします。

対話的実行環境とは

  • ファイルにスクリプトを書き、それをインタプリタで動かす
  • インタプリタに直接その言語のプログラムを渡し、即座に実行する(ワンライナー) ​​
  • プロンプトにプログラムの文を打ったら、その文を即座に動かしてくれて、結果を返してくれる。 ​

というやり方を用意してくれている場合があります。そういうものを対話的実行環境といいます。 レベルや使い方、違いを徹底解説
コンピューターとプログラマーが、プログラミング言語で対話するようにプログラムを実行する環境、という意味です。
プログラムを書きながら動かし、動かしながら書き、そういったことをよりやりやすくしたものです。
こういったものを作りやすいのはインタプリタ言語の特徴であるとされています。(が、最近はコンパイラ言語でも用意されてる場合がかなりあります)

主要スクリプト言語のコンパイル事情

現代では、何かしらの形で、「実行を開始したら、その場で(ある程度の)コンパイルを済ませてしまい、それを動かす言語」 が主流です。 この、「その場でコンパイラを動かしてしまう方式」をJIT(Just in Time)コンパイルと言います。

【ロジックツリー】作り方を徹底解説!4種類のツリーの実践例あり

【ロジックツリー】作り方を徹底解説!4種類のツリーの実践例あり

例えば、 購入する車 に悩んでいるとき、選択肢を洗い出す場合にも役に立ちます。

車 というざっくりとしたカテゴリーを、徐々に分類していくことで様々な車種が存在することがわかります。この中から、自分の目的や希望条件に合わせて車種を絞り込んでいくと良いでしょう。

3-2.Why:原因追求ツリー

原因追求ツリー とは、ある問題に対して原因を列挙し、 根本原因が何なのかを突き止めるという使い方 です。


ダイエットがうまくいかない!というだけでは単なる世間話に過ぎませんが、ロジックツリーによって夕食を食べる時間が遅いという原因が判明したなら、今後の改善が期待できそうです。

3-3.How:問題解決ツリー(イシューツリー)

問題解決ツリー は、 解決したい問題に対して改善策を挙げていく使い方 です。最初に問題を取り上げるという意味では、原因究明ツリーと似ていますが、こちらはより今後のアクションに直結している活用方法です。

例えば、インターネット広告についての個人ブログへの集客を加速させたいとき、以下のようにロジックツリーを作成すると良いでしょう。

取りうるアクションを比較した結果、 広告配信の検証について の記事が人気であったため検証系の記事作成に注力していく方針にしたようです。

3-4.KPIツリー

問題解決ツリーの派生として、 KPIツリー が使われることも多いです。

KGI(Key Goal Indicator/経営目標達成指標)を設定し、それを達成するための中間目標であるKPI(Key Performance Indicat/重要業績評価指標)を設定します。そのKPIを達成するためのより細かいKPIを設定し、日々のアクションに紐付けていきます。

KPIツリーの特徴は、 各要素に数値が関係していること です。この各KPIの数値に対しての進捗を定期的に確認することで、KGIの達成に向けてチームの動きを統率しやすくなります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる